知っておくと得!生理中の自己管理を大切にして*

BEAUTY

生理中って自己管理って大変ですよね?イライラしたり太ったり。
でもそれは仕方がないこと!
なぜそうなるのか、どう対処すればいいのかを知っておくとかなり得ですよ!

生理中はなぜ太る!?

生理中は太りやすいって、よく聞きますよね。
むくみが多かったり、普段より体が重い…と感じることはありませんか?これは都市伝説ではなく本当のこと。

生理一週間前くらいから太りやすく体質になるのは、ホルモンの調整はうまくできないからなんです。月経前は卵巣から出る黄体ホルモンというのが分泌され、この量が多ければ、体に脂肪をため込もうとしたりエネルギーを消費しないようにと自然に反応するのです。

出血による栄養不足を防ぐためにホルモンがそのように働き食欲が多くなったりするので1〜3キロは増えると言われています。

生理前に、体が痛む理由って?

生理前って体の至るところに何か痛みを感じませんか?
脚がブルブルする、関節が痛む、筋肉痛、吐き気など…

では、なぜこういった症状が起こるのでしょうか?
排卵から生理が始まるまでに、体は水をため込もうとします。
上記にあるように、ホルモンバランスの乱れから「色々なものを体に残しておこう!」という働きがあるので、どんどん蓄積してしまうのです。

そうすると、リンパの流れが悪くなり、流れなければならない成分が体に残ります。その結果どんどんむくんでしまうんですね。これが筋肉を固まらせたりして筋肉痛を引き起こしたりするのです。

このような症状は全て月経前症候群の一つです。

生理中の食欲コントロールをする方法!

ダイエット中の人は生理が来ると急な体重増加で驚くかもしれませんね。今まで痩せていたのにどうして…!と思うかもしれません。
でもこれは仕方がないこと。生理前から生理中は食欲が多くなってしまうのでしょうがないのです。

しかしここで生理だから大丈夫!と思っていてはNG。調子にのって食べしまうと、生理後大変なことに…。そのため食欲を抑えることが大事です♪

食欲を抑える方法はいくつかあります。

水を事前に飲んだり、香りから食欲を抑える方法。
でも一番効果があるのはよく噛むことです。

よく噛み満腹中枢を刺激して、満腹と脳に思わせることが一番聞効果的。

生理中もっともやってはいけないこととは?

生理は子宮の中を一旦キレイにする作業とも言われています。
そのため、その期間は食べものにも気を使い、なるべく添加物を含むものを食べないようにしなければなりません。

特にアルコールの摂取は控えましょう。アルコール分解という作業が子宮の方にまで負担がかかってしまうと大変です。せっかくキレイにしている最中なのに体に負担がかかってしまので絶対に避けましょう。

また激しい運動もNG。かえってホルモンバランスを乱してしまうので避けましょうね。

生理前から生理中ってイライラしたり自分をコントロールするのが大変。
ちょっとのことでもブルーになりやすいですよね。
でもそれで人に当たってしまってはいけません。常に落ち着いて行動することが大事ですね♪