スマホ依存で心も体も不調気味?デジタルデトックスを始めよう♪

みなさんは「デジタルデトックス」という言葉をご存知ですか?
今回はデジタルデトックスで得られる効果と、その方法について解説します♪

スマホの依存になっていない?デメリットとは

スマホは現代では無しに生きていけないほど便利で、常に持ち歩きますよね。

でもスマホはデメリットも多いのです。
スマホをいじっていて、気がついたらあっという間に1時間経っていたという経験はありませんか?

時間を有効に使えなくなること以外にも、スマホを使う姿勢は猫背で頭を前に倒すので、首が短くなる原因にもなるのだそう……。

スマホ依存を改善!デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは、要するに電子機器をできるだけ使わないように心がけること。

PCなどは仕事や課題のせいでどうしても使わなければならない場合も多いですよね。
ほとんどの人々は、どちらかといえばスマホをだらだらと使ってしまっているので、スマホを使う時間をコントロールしてみてください。

スマホデトックスに成功すると、頭痛や肩こりの改善など身体的な効果も期待できます。

その他心に余裕ができる、時間に余裕ができる、長時間集中できるようになる、読書が捗るなどの効果を実感する人も多いようです♪

スマホ依存から卒業!デジタルデトックスの方法①就寝前はスマホ禁止

スマホデトックスの一番の方法は、意識的にスマホを使わない時間を作ること。

例えば就寝前はスマホを使うと睡眠障害をきたすこともあるので、就寝1時間前からスマホを禁止するなどが、1番取り入れやすい方法です。

他にも食事中は一緒に食事している人に失礼ですし、スマホを触らないようにする、危険も伴うので歩きスマホはしない……なども実行しやすいのでオススメです!

スマホ依存から卒業!デジタルデトックスの方法②スマホ依存防止アプリ

皮肉なことに今はスマホ依存を防止・改善するためのアプリも開発されているのです。

スマホを使わないでいられた時間を計測してグラフにしたり、スマホの使いすぎを通知してくれたりする機能もあるのだそう♪

アプリのレビューには「勉強に集中できるようになった」「試験前にとても役立つ」という声も多いので、スマホに気が散ってなかなか勉強に集中できないという方も、ぜひ使ってみてくださいね!

スマホ依存から卒業!デジタルデトックスの方法③細かいスケジュールを立てる

3つ目の方法は、細かい1日のスケジュールを立てるという方法。

その日のやるべきタスクとやりたいこと(例えばウォーキング、読書、映画鑑賞など)を書き出し、24時間のタイムスケジュールに組み込んでいきます。

時間を細かく区切って、それぞれの時間にやることを予め決めていれば、無駄な時間も自ずと減ります。

慣れていない方は最初は窮屈、面倒に感じるかもしれません。
けれどもやり終わったタスクを消していき達成度を書き込むと、1日の終わりに充実感があるので、ぜひやってみてくださいね♪
いかがでしたか?
スマホなしで生活することはできないと思いますが、スマホを使う時間をコントロールできると、より生活が豊かに充実しそうですね!
みなさんもぜひ、デジタルデトックスにトライしてみてくださいね。

【関連記事】アラサー女子に増加中?「SNSをやめた・放置している」4つの理由

Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)といったSNSが、生活の一部になってい...

デジタルデトックス スマホ 依存 メソッド

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋山れい

KOKA49期♡Tsuda College♡SNSD♡Ariana♡Victorias'Secret♡美容とファッションだいすきな女子大生キュレータ…

>もっとみる