仕事のやる気が出ない日が続く。「無快楽症」に当てはまる共通点とは

Cover image: weheartit.com

いくら仕事が好きだとしても、やる気がない日は絶対にあります。
やる気がないことは割と自然なことだけれど、あまりにも度が過ぎていると「無快楽症」かもしれません!
聞き慣れない言葉「無快楽症」についてご紹介していきます。

仕事にやる気が出ない!無快楽症ってなに?

weheartit.com

無快楽症とは仕事に魅力を感じなくなったり、新しいアイデアが全然出なくなることをいいます。
集中力に欠け、常に疲労感に苛まれている状態です。

無快楽症の原因は忙しすぎること。
働けば働いた分だけ成果が出ると思っている人は多いですし、間違ってはいません。

しかしワークライフバランスの見直しや、上手に休息を取ることで改善するようになります♪

仕事が忙しい=成果になる?

weheartit.com

労働時間を増やせばその分だけ仕事が進み、成果が得られるかもしれません。
しかし1週間のうち仕事の日が多かったり、残業が増えるのは頑張っているというよりも、生産性が下がっている可能性があります。

仕事を増やすのではなく、減らすことでエネルギーを充電し、画期的で斬新なアイデアが生まれたらどうでしょう。

仕事時間を増やすことにより比例した、安定的な成果も大切ですが、それ以上に結果が得られる可能性があるアイデアも重要なのではないでしょうか♪

仕事にやる気が出ない!無快楽症から抜け出すには、無心の時間を作る

weheartit.com

上手な休息の取り方とはなんでしょうか。
趣味に没頭したり、友達と会ったりと方法は様々あると思います。

無快楽症の人に効果的なのは、無心になること。
禅やヨガなどあなたが無になれる時間を意識的に作りましょう。

可能ならば、丸1日何もしない日を作るのも◎
無快楽症の原因が忙しさなのですから、その対極を体感する時間を持ちましょう。

仕事にやる気が出ない!無快楽症の時はワークライフバランスを見直す

weheartit.com

無快楽症になってしまったらワークライフバランスを見直しましょう。
放っておくと働くこと自体に意義を見出せなくなります。
そうなる前に現状打破を試みましょう!

忙しいと感じている原因は嫌いな仕事なのか、長すぎる通勤時間なのか、自分の時間を作れていないのか。

原因がわかったら改善できる方法を考えます。
今の仕事を辞めたり引っ越したり、思い切って会社に掛け合うなど、勇気のいる行動をしなくちゃいけない場合もあります。

仕事にやる気が出ない!無快楽症だと思ったら、自分に合うやり方を見つける

weheartit.com

いくらやる気が出ないからといって今の生活を変える勇気もない。そういう時だってあるでしょう。

無快楽症にならず仕事を楽しんだり、いつも発言が冴えてる人は、自分に合うやり方を常に模索して実践しているのです♪

ライフステージやポジションによって働き方は変わってきます。
その都度見直しが必要ですし、変わろうという意識でやる気がふつふつと湧いてくるはずです!
やる気がなくなるのは、仕事に対して働く目的を見失っているようなもの。
目的を思い出すいい機会にしていきましょう♪

【関連記事】成功者への一歩♪2017年は「とりあえず◯◯」してみよう

なにかを始めるとき、強い意志を持って全力で取り組めばいいとは限らないです。「とりあえず...

仕事 やる気 無快楽症 共通点

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

藤田かおり

>もっとみる