彼氏に依存してしまうのはなぜ?まずはカレを信じることから始めよう

LOVE

彼氏が大好きすぎて、ちょっとしたことが不安に感じて寂しくなる。
もしかしたらそれは彼氏依存症かもしれません!
ここでは彼氏に依存してしまう理由や彼氏依存症になる人の特徴、彼氏に対する依存を改善する方法を紹介しています。

もしかしたら彼氏に依存してしまっているかも……。

「彼氏と連絡が取れないだけでどうしようもなく不安になったり、少し会わないだけで寂しくなったりする……。」それはもしかしたら“彼氏依存症”かもしれません!
「彼氏のことが大好きすぎていつも彼氏のことばかりを考えてしまう」「彼氏のことばかり考えてしまって他のことを考える余裕がない」という女性はとても多いようです。
ここでは彼氏に依存してしまう理由と特徴、彼氏に依存しない方法を紹介していきます。

彼氏に依存してしまう理由

依存というのは自分でも気づかないうちに進んでしまっていることが多いといわれています。


なぜ彼氏に依存してしまうのか……。
それには様々な原因がありますが、ここでは特に多い理由を紹介します。
当てはまる理由がないかチェックしてみましょう!

「彼氏が隣にいないことに不安や寂しさを感じているから」

隣に彼氏がいないと不安や寂しさでいっぱいになり、他のことが手につかなくなってしまいます。
彼氏が隣にいない時、彼氏からの返事を待たずに何度もLINE(ライン)をしてしまうのは不安と寂しさが原因かもしれません。
また、彼氏が隣にいないことで不安な気持ちや寂しさが込み上げてくるのは、依存の症状であるとも考えられます。

「彼氏のことを心から信用できていない」

彼氏のことをまだ心から信用できていないと、どんなに小さなことでも不安になります。
いつもの時間に連絡が取れなかったり、彼氏の仕事が忙しくてなかなか会えなくなったりした時に、浮気をしているのではないかという疑いの気持ちが出てきてしまう場合は、彼氏を心の底から信用できていない可能性があります。
些細なことをいちいち疑ったり、勘ぐったりするのは依存している可能性も!

「何よりも彼氏のことが大切だと思っている」

とにかく彼氏のことが大切という気持ちが強くなりすぎると、気づかない間に依存に変わってしまっている可能性があります。
友達と遊ぶ約束をしている日でも、彼氏から連絡が来たら友達との約束をキャンセルして彼氏を優先にしてしまう人は要注意!

「彼氏を失うことに恐怖心を感じている」

彼氏を失うことが怖いと思っている人は、彼氏をあまりにも大切にしすぎてしまい、そのまま依存してしまう傾向があるようです。
「大好きな彼氏に嫌われたくなくて、いつも彼氏の顔色を伺って行動してしまう」「彼氏に嫌われたくないから自分の意見は言わないようにしよう」などという理由から自分の気持ちを我慢して彼に全部合わせるので、“彼氏がいないと何もできない状態”になってしまいます。
それがきっかけとなり、依存症を引き起こしてしまう原因に……。

彼氏に依存してしまう人の特徴

彼氏に依存してしまう人には、どうやら共通する特徴があるようです。
では、一体どのような人が彼氏に依存しやすいのでしょうか?
ここでは彼氏に依存してしまう人に見られる特徴の中でも、特に多い物をご紹介します。
心当たりのある人は要注意です!

「自分に自信が持てない」

自分に自信がなく、自分のことがあまり好きではないと感じている人は彼氏に依存しやすいです。
心のどこかで「今付き合っているカレは私のことを認めてくれている!」と思っているので、自分の自信を保つために彼氏に対して依存してしまいます。
彼氏がいることでしか自分の価値が見い出せず、彼氏がいない自分を想像するだけでも嫌になってしまうことがあります。

「何でも彼氏の好みに合わせてしまい自分の意見が言えない」

服装や髪型など、何でもカレの好みに合わせようとしていませんか?
また、デートをする時、スケジュールや場所などを全て彼に任せっきりにしていませんか?
自分の意見を言わずに彼氏に頼り切ってしまっていると、気づいた時には彼氏がいないと何も決められない、何もできない自分になってしまいます!

「彼氏のために予定がない日を残している」

特に彼氏とデートをする約束をした訳でもないのに、彼氏のためにスケジュール帳を空けるようにしている人は依存の傾向にあります。
これは、特に遠距離恋愛のカップルによく見られるようです
遠距離恋愛は次いつ会えるか分からない中での恋愛なので、できるだけ彼氏のための時間を作っておきたいと考える人は少なくありません。
1、2ヶ月に数日くらいなら仕方ないことかもしれませんが、彼氏依存症の人はいつ彼氏に誘われても良いように毎週末を彼氏のために取ってしまいます。

「1日中スマホを手放すことができない」

彼氏に依存してしまう人は、とにかくスマートフォンを肌身離さず持っていることが多いようです。
四六時中彼氏からの連絡を気にして、連絡が来ると直ぐに返してしまいます。
また、彼氏からの連絡がないだけで気分が落ちたり、他の女性といるのではないか?と悪い妄想をしてしまったりします。
不安のあまりスマホの画面から目を離すことができなくなってしまうことも……。

彼氏への依存を改善する方法

「一度彼氏依存症になってしまったら改善することはできないの……?」そんなことはありません!
彼氏依存症はちょっとした努力と工夫で改善することができます。
彼氏への依存を改善するためにできることを少しずつ始めてみましょう。
彼氏依存症を克服することができれば、彼との恋愛関係は今よりも良好になるはずです♡

「自分を大切にして自分に自信を持つ」

何よりも彼氏を優先するのではなく、自分自身を大切にするように心掛けましょう!
例えば自分の気持ちを大切にして、時には「自分はこう思っている」ということを主張してみるのも◎
自分の気持ちを大切にすることで、自分自身の価値が少しずつ分かるようになってきます。


また、自分のことにしっかりと自信を持つことができるように自分磨きを始めるのもおすすめです。
「私なんか……」と思っているあなたよりも、自分に自信を持っているあなたの方がずっとずっと素敵です♪

「彼氏のことを心から信じてみる」

付き合っていると色んな不安があるのは当然のこと。
でも、不安な気持ちになった時こそ大好きな彼を信じるように努力してみましょう!
あなたが選んだ大好きな彼だからきっと大丈夫!
彼のことを信じることができたなら、これからの恋愛がもっともっと楽しくなっていくでしょう♡

「習い事を始めたり新しい趣味を作ったりする」

彼氏と連絡を取っていないと他にすることがないと感じる場合は、新しく習い事を始めたり、新しい趣味を見つけたりしてみると良いです。
彼氏のことをほんの少し忘れて没頭できる趣味ができたなら、きっと彼氏依存症克服に繋がるはず!
最近は手芸教室や写真教室など、大人のための習い事教室やセミナーの種類も増えてきています。
体験レッスンを開催している所もあるので、興味のある所に足を運んでみましょう!

「1日だけ彼氏に連絡をするのを我慢する」

まずは1日だけ、彼氏と連絡を取るのを我慢してみましょう。
連絡を取らない期間が長くなってしまうと今後の関係に影響が出てしまう可能性があるので、たった一日だけで大丈夫です!
煙草やアルコールの依存症を改善させたい時にも、まずは1日だけ辞めることが推奨されているようですよ。
少しずつ連絡を取らなくても大丈夫な自分を目指しましょう。
たった1日連絡しなくても、彼はあなたのことを嫌いにはなりません!
1日連絡しないことで、もしかしたら彼の方から連絡が来るかもしれませんよ♪

「今何をすべきかを考えてそれに集中する癖をつける」

今やるべきことをしっかりとやる癖をつけましょう!
彼氏依存症の人は彼氏優先で行動してしまうので、今本当にするべきことが疎かになってしまいます。
彼氏の連絡を待っている時間で何かをするのではなく、その時その時に大切なことは何かをしっかりと考えるようにしましょう。
今やるべきことを大切に頑張っている姿は、彼氏から見てもきっと素敵に見えるはず♡

まずは自分自身を大切にすることから始めよう

彼氏依存症を改善するためには、自分自身を大切にすることから始めましょう。
自分自身を大切にできる人は、彼氏を大切にするのも上手です。
自分も相手も大切にできる恋愛関係は、とても良好な関係だと言えます。
このまま依存を続けて彼氏に“重い女”と思われてしまう前に、依存を克服してしまいましょう!


二人にとって心地の良い距離感を保つことで恋愛は良い方向に進んでいくといわれています。
依存したり、依存されたりする関係を心地の良い距離感だということはとても難しいです。
彼氏に依存するのではなく、お互いに信頼し合える関係を作れるようになると良いですね♪