ヒールによる足の痛みを軽減する方法とは?快適なパンプスライフへ!

女性は必然的にヒールを履く機会が多いですよね。
ですので、ヒールを履くと足が痛くなる経験をしたことがある女性も多いはず。
「ヒールだから足が痛くなっても仕方ない」と思っている女性もいるかもしれませんが、ヒールによる足の痛みを軽減する方法もあるので、ぜひ試してみてください。

目次

ヒールによる足の痛みは放置厳禁!

パンプスを履く女性

女性は、きちんとした身だしなみが必要になる職場はもちろん、足が細く長く見えることから普段もヒールのある靴を履く機会が多いですよね。
正装やおしゃれのために欠かせないアイテムですが、同時に足に痛みを伴うことも。

ヒールを履くと必然的に足の指の付け根に全ての体重がかかるので、長時間歩いていると足が痛くなってしまいますよね。
これが続くと少しの時間でもヒールを履くと足が痛くなってしまいます。
そして我慢して履き続ければ、外反母趾になって足の形がどんどん変形していくことに。

ヒールを履くことは足の痛みだけではなく、下半身太りまで引き起こすこともあるそう。
ヒールを履いているとき、無意識に重心がずれてしまい、その重心を支えようと骨盤や背骨のバランスが崩れて、下半身に脂肪が付きやすくなることが原因だといわれています。

さらに足の指が浮いてしまう浮足にもなりやすくなるそうですよ。
浮足は足の臭いがくさくなりやすいので、女性にとって天敵ですよね。
そこで今回は、今すぐにでも取り入れたいヒールによる足の痛みを軽減する方法をご紹介いたします。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法①パンプス用のグッズを使う

ピンクのパンプス

足の指の付け根だけに体重がかかると様々な被害が出てしまうことを紹介しましたが、この対処法は意外と簡単なんです。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法は、足の指の付け根と土踏まずの間あたりに、足が靴の中で滑るのを防止するような小さめの中敷を敷くこと!

このとき足の指がしっかりと下についた状態で歩くことがポイントです。
こうするだけで自然と足の裏にアーチ状の隙間ができて、キレイな歩き方にすることができます。

他にも、ヒールを履いたときにつま先が痛くなるようであれば、つま先部分にクッションを入れることができるものなど、女性のためにさまざまな痛み軽減グッズが出ているので、どんどん使っていきましょう。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法②歩き方に気を付ける

パンプスを履いた女性

ヒールによる足の痛みを軽減するなら、歩き方にも注意してみてください。
忙しくて大股で歩いたり、足の指の付け根だけで歩いたり、足を擦ったように歩くのはダメです。

歩き方ひとつで体の重心がズレてきてしまいます。
そこで正しいヒールでの歩き方を紹介します!

<ヒールを履いたときの正しい歩き方>
まず歩くときには足と足の間に1足分自分の足が入る程度の歩幅で歩きます。
急ぎたい気持ちも分かりますが、速く歩くとこの幅が崩れやすいので注意しましょう。
そして、重心の移動をかかと→土踏まず→指の付け根と意識して、右足が地面から離れたら左のかかとからまた土踏まずそして指の付け根へと流れるように歩くことが大事です。

これが自然にできるようになれば、ヒールを長時間履いても足の痛みが気にならなくなるそうですよ♡

ヒールによる足の痛みを軽減する方法③テーピングをする

つま先立ちをする女性の足元

ヒールによる足の痛みを簡単に軽減する方法として有名なのが、パンプスを履く前にテーピングをすることです。

その方法はとっても簡単で、足の中指と薬指をくっつけるようにぐるっとテーピングする
だけ!

「本当にこれだけで痛みが軽減できるの?」と思う女性もいるかと思いますが、どうやら足の中指と薬指の間に通っている神経にストレスを与えると、ヒールによる痛みを軽減できるそうです。

この方法なら、応急処置としても使えそうですよね。
ただ、長時間の使用は良くないので、短時間のときに取り入れるなどしてみてください。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法④かかとがパカパカするならストラップ

パンプスを履いた女性

サイズの合わないパンプスを買ってしまったとき、そのサイズが大きいとかかとがパカパカしてしまうことってありますよね。

足に合わないままその靴を履いてしまうと、脱げないように意識した歩き方になってしまうので、変に力が入り、ヒールによる疲れと合わさって足の痛みに繋がってしまうことがあります。

足元が気になっていれば、スムーズに歩けなくなってしまうので、長時間のお出かけも大変になってしまいますよね。

「でも今はこの靴しかない……」というときは、応急処置としてとりあえず取り外しができるストラップを使いましょう。
パンプスと足の甲を外側から包むようにピタッとさせてくれるので、ぐっと歩きやすさが増しますよ。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑤靴下やストッキングを着用する

素足の女性

夏になれば、素足でヒールのある靴を履く女性も増えるかと思いますが、その状態で間違った歩き方をしたり、自分の足に合っていない靴を履いたりしてしまえば、痛みがダイレクトにやってきます。

足が靴と擦れて、靴擦れを招き、歩けなくなってしまうほどの痛みに繋がってしまうことも。

そうならないようにするために、必ず靴下やストッキングを着用するようにしてみましょう。
足と靴の間に少しでもクッション変わりになるものがあれば、足への負担を軽減することが期待できます。

靴のサイズに余裕があるなら、厚手の靴下などを履くのも◎

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑥ヒール部分が太いものを選ぶ

パンプスとストッキングを履いた脚

ハイヒールやピンヒールといったパンプス系は、普通のヒールよりも足への負担が大きく、重心がずれてしまいがち。

歩きにくく、足の痛みもすぐに感じやすいので、長時間履くことができないという女性も多いのではないでしょうか。

ハイヒールやピンヒールによる痛みを軽減するなら、ヒール部分が太く、安定したパンプスを選ぶようにするのが一番です。
太くしっかりしていれば、その分足を地面につけたときの安定感が違い、バランスも取りやすくなります。

仕事などで長時間履かなければならないという女性は特に、太めのヒールを重視して選びましょう。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑦素材が柔らかいものを選ぶ

パンプスを持つ女性

ヒールによる足の痛みを軽減するなら、素材が柔らかいパンプスを選ぶこともポイントです。

新しい靴を新調したときは、新品なだけあって素材が硬いということもあるのですが、このようなタイプは歩いているときにどんどん足と擦れ、皮が剥けるなどの靴擦れを引き起こし、足の痛みに繋がります。

ヒールによる足の痛みを軽減するためには、自分の足にフィットするものを選ぶことが重要になるので、素材が柔らかく、足の形にフィットしてくれるようなものを見つけましょう。

そのためには、必ずお店で見て試着することが重要です。
実際に履いてみて、その場を少し歩きまわることでフィットしているか確認することができますよ。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑧靴の前後の高低差が低いものにする

パンプスを履く女性

ヒールのあるパンプスなどを履くと、足の親指の付け根部分にあるボコッとした母趾球に痛みがあったり、つま先が痛くなったりしてしまう女性は、靴の前後の高低差が低いものを選ぶようにしましょう。

母趾球やつま先が痛くなるのは、体重が前に行き過ぎているサインです。
そのままでは足の前部分に負担がかかってしまうので、足に負担をかけないヒール選びが重要ですよ。

おすすめは、高低差が5〜7cm以内のものにすることです。
それ以上高いと、つま先の方に全体重がかかってしまうので、注意してみてください。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑨つま先が細いパンプスは選ばない

パンプスを持つ女性

パンプスには、ヒールの高さだけでなく形もさまざまなありますよね。
実はパンプスの形によっても、足に痛みが出るかどうかが変わってくるのです。

足が痛くなりやすいのは、つま先部分が尖っているようなポインテッドトゥパンプス。
スタイリッシュな足元を叶えてくれますが、つま先がキュッとなるので窮屈さを感じやすく、痛みを感じやすいようです。

特に、つま先が広めの足の女性は気を付けたいですよね。

スクエアトゥパンプスのような四角くなったつま先なら、足への負担も軽減できるでしょう。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑩靴擦れした部分に絆創膏やハンカチを入れる

絆創膏を貼った足

ヒールによる足の痛みを感じたときの応急処置になるのが、絆創膏を貼ったりハンカチを挟んでクッション変わりにしたりすることです。

こうすることで、足へのダメージを軽減することができ、摩擦なども防ぐことが期待できますよ。
痛みを感じやすいパンプスだと分かっていれば、履く前から絆創膏を貼るなどして予防するのもおすすめです。

最近ではクッション性の高い絆創膏などもあるので、女性は常備しておくといいかもしれません。

ヒールによる足の痛みを軽減する方法⑩マッサージやストレッチを行う

本を読む女性

ヒールによって痛みを感じた足は、次の日まで痛みを伴うこともありますよね。
擦れてしまった場合は、絆創膏などで治るのを待つしかありませんが、「つま先部分が窮屈で痛い」「足の甲が圧迫されて痛い」「足全体がだるい」というようなときは、マッサージやストレッチをしてあげましょう。

体重を支えつつ、不安定なヒールで歩いていたのですから、足も肩や首と同じように凝っているはず。
血流も悪くなっている可能性があるので、ボディオイルなどで滑りをよくしながら、足全体を揉みほぐしていってください。

仕事中であれば、休憩時間にパンプスを脱ぎ、足首を回したり、つま先を上に向けて伸ばしたり、簡単なストレッチを取り入れるといいですよ。

ヒールだけじゃない!スニーカーによる足の痛みにも注意して

スニーカーを履く女性

足の痛みはヒールを履くことで招くイメージがありますが、実は楽な靴である定番のスニーカーも、歩き方に注意しないと外反母趾や下半身太りしやすい体型になってしまいます。

スニーカーも同じく流れるように歩くことを意識しましょう。

靴ヒモは毎回結んだままで脱ぎ履きするのはNG。
下からきちんと縛り上げて足と靴がぴったりと一体化するように固定させてください。

足と靴が一体になることで靴が軽く感じて歩きやすさも増しますよ!
ヒールによる足の痛みを軽減する方法をご紹介させていただきました。
ヒールを履いているときの歩き方だけで、骨盤の歪みや姿勢の悪さに繋がり、放っておくと下半身太りしやすい体型になるなど、負のスパイラルから抜け出せなくなります。
痛みを軽減することは、これらの改善や予防にも繋がるので、ぜひできる方法や気になった方法を取り入れてみてくださいね。

【関連記事】新品でも痛くならない。靴ズレを予防するための対策法5つ

夏はヒールの高いサンダルを履く機会が多くなりますよね。可愛いヒールを買ったけれど、いざ...

ヒール

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

>もっとみる