わざわざ書き込む必要ある?Facebookの更新が多い人の特徴4つ

Facebook(フェイスブック)でなぜか一言をつぶやき続けている人。何が言いたかったのか分からない人。
Twitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)と比べると、リアルタイムで更新する必要がないSNSのはずなのに、なぜか頻繁に更新している人はいませんか?
今回は、更新が多すぎる女性のFacebookでの特徴をご紹介いたします。

Facebookの更新が多い人の特徴①他のSNSと連動になっている

Facebook(フェイスブック)を通して更新していなくても、他のSNSと連動になっていると、必然的にFacebookも同時に更新されます。

特にInstagram(インスタグラム)を頻繁に更新したいという方も多くいらっしゃると思いますが、連動している場合は、Facebookの更新までもが上がってしまいます。

いいね!をたくさんもらうことが目的ではなかったとしても、あまりにも更新をしすぎると、他のSNSと同様に反感を買います。
もしかしたら人によっては「自己顕示欲のかたまり」と思う・言ってくる人もいるかも……。

Facebookの更新が多い人の特徴②Twitter並みにテキストが短い

Facebook(フェイスブック)を使用するうえで、正式なルールはありません。
たとえ、FacebookがTwitter(ツイッター)化していようと本人さえ満足していれば、それでいいのです。

ただし、暗黙のルールというか「使い分け」は必要です。たとえば、すべてのSNSをみていて分かるように、Facebookはどちらかというとビジネス要素が強く、なにか訴えたい内容がある人がよく使うもの。

Twitterはリアルタイムで更新する印象が強く、Instagram(インスタグラム)は画像や動画でセルフブランディングをするためのSNS、といった印象がありませんか?

FacebookをTwitter並みに更新し、しかもTwitterはリアルタイムに更新しすぎていると、なんだかかっこ悪くみえてしまいます。

どんなに寂しい気持ちだったとしても、常に更新していないと気が済まないのは、ちょっと重症……。これからはSNSを使い分ける必要がありそうですね♡

Facebookの更新が多い人の特徴③わざわざ書く必要があった?とツッコみたくなる内容

Facebook(フェイスブック)を更新するからといって必ず意義のあるものを更新しなさい、という理由はありません。

ただ中には、彼からもらったもの、親友からもらったものを写真撮影し、Facebookを通して「ありがとう」と伝える人もいます。

この場合は、本当にありがとうの気持ちが伝えたくて言っているというよりも、それをみせびらかすことで「私は幸せなんです」と言い聞かせている可能性が高いのかもしれません。

おそらく、周りにいる人のなかには「わざわざ書き込む必要があったのか?」とイラっとしている人もいるはずです。更新しすぎても、みせびらかしすぎても敵をつくることになるかも……。

Facebookの更新が多い人の特徴④彼氏へのアピールも多い

Facebook(フェイスブック)の更新が多いと思って、彼女のタイムラインを遡ると、そのほとんどが彼氏に向けてのアピール。

友人の結婚式に行っては、その様子をアップしたり、友人や親せきの子どもたちと遊んだことを報告したり、水着の写真をのせたり、その他にもいろいろと……。

本人は「さりげなく」を意識しているつもりでも、さすがに周りは彼氏に向けてのアピールだということに気がつくでしょう。
更新が多いだけではなく、そこに意図的な策略が見え隠れすると、敵が増えてしまうかもしれません。
いかがでしたか?
Facebook(フェイスブック)の更新が多いとはいえ、本人さえ満足していれば基本的に問題はありません。
いいね!も一定数獲得できているなら、ますます気にしなくてもいいのかもしれません。
ただし、あまりにも独りよがりな投稿を続けていても、みる人がみたら、本当は心のどこかで満足できていないことを見抜きます。何事も「ほどほどに」が一番なのかも!?

【関連記事】「この人は暇なの?」Twitterの更新が多すぎる女性の特徴4つ

Twitter(ツイッター)をみていると、イラッとする……。いくら他のSNSに比べてリアルタイムに更...


【関連記事】公共マナー守れている?Instagramの更新が多い人の特徴4つ

SNSの中でも画像要素の強いSNSがInstagram(インスタグラム)。最近ではインスタグラマーやイン...

Facebook 更新 特徴

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる