男性が別れ際に放つ言葉の中に秘められた真実

LOVE

男性が別れ際に発する言葉を聞いて、「え!?どういうこと?!」と思うことってありませんか?
実はその言葉の中には、男性の秘められた想いが隠されているんです。
その隠された想いの真意とは、何なのかをご紹介したいと思います♡

別れ際に放つ言葉①「お前にはもっといい人がいるよ」

男性に「お前にはもっといい人がいるよ」と別れ際に言われてしまったら、彼との修復は難しいでしょう。

「お前にはもっといい人がいるよ」=「あなたを幸せにすることはできない」という意味なんです。

きっと男性の中で、女性との関係に限界を感じてしまったのでしょう。

円満に縁を切りたいときに、相手を思いやる男性の最後のやさしさが込められたフレーズなんです。
なのでもし、この言葉を言われてしまったら、男性の想いを汲み取り、潔く関係を終わらせるのが良いのかもしれませんね。

別れ際に放つ言葉②「円満に別れたい」「もめたくない」

別れ際に、「円満に別れたい」「揉めたくない」と言われてしまった場合、その言葉にはどういう心理があるのでしょう。

それはきっと「恋人関係」は終わってしまうけれどこのまま一生関わらないのではなく、「友達」として関わっていきたいという意味が込められています。

もしこの言葉を言われたら、自分の本当の気持ちを伝え、納得するまで話し合ってみてください♡

別れ際に放つ言葉③「修羅場になりたくない」

この言葉を言われてしまったら、関係を修復するのは難しいかもしれません。

「修羅場になりたくない」=「円満に別れたい」ということです。

この言葉は、女性が別れることを納得してくれないだろうということを踏まえて、苦し紛れに出る言葉です。

男性の気持ちを汲んであげましょう!

別れ際に放つ言葉④「友達に戻りたい」

この言葉を別れ際に言われたら、もしかしたらまだ別れないで済むかもしれませんよ!

一度男性と話し合ってみてください。

きっと「恋人関係」になってしまったことで、お互いに色々と知り過ぎてしまい、「友達」のころの方が気楽で楽しかったと思ってしまったのかもしれません。

「友達に戻りたい」ということは「関係を絶ちたくない」ということです。
きちんと話し合うことが大切ですよ♡

男性は女性のことを想い、傷つけないように優しい言葉で別れを告げます。
その男性の「やさしさ」「思いやり」に気づいてあげてくださいね♡