空気だけじゃない、肌もジメジメ!梅雨に肌荒れしてしまう原因と対策

BEAUTY

春から夏になるまでの季節の変わり目である梅雨時期は、肌の調子が不安定になりがち。
できれば肌荒れを回避したいものですが、どういった対策をすればいいのかが分からないという方も少なくないことでしょう。
そこで今回、梅雨時期に起こる肌荒れの原因や対策をご紹介していきます。

梅雨に肌荒れするのはなぜ?対策は?

梅雨の時期は湿度が高くなり、肌がべた付きがちですよね。
しかし、室内はエアコンなどで乾燥しているため、肌の内側は乾燥気味になってしまうので、皮脂が分泌されます。

必要以上に皮脂が分泌される上に、高い湿度のせいで汗があまり蒸発できないので、その皮脂と汗が混じり合い、べたべたしてしまうんだとか。
肌がべた付くと、ニキビや湿疹などが出やすくなってしまうので、しっかりとケアしたいところですよね。

また、湿度が高い環境というのは、ダニやカビが繁殖しやすい環境なので、ダニやカビによって肌が荒れたり、痒くなったりしてしまう方もいます。

そういった時は、小まめに部屋の換気や掃除をすることで、ダニやカビの繁殖を軽減できますよ♪

梅雨の肌荒れ対策①ダブル洗顔・保湿をしっかりと

梅雨の肌荒れ対策として、まずは洗顔と保湿をしっかりと行うことが大切!
毛穴に詰まった汚れなどをちゃんと落とすことで、ニキビなどの吹き出物ができにくくなりますよね。

洗顔だけではなく、その後に十分に保湿することも大切です!
肌に潤いを持たせることで、冷房などによる乾燥に対抗することができ、余計な皮脂の分泌を抑えることができます。

また、毛穴を引き締めるような基礎化粧品を取り入れると効果的なようですよ。
保湿をしっかりと行うと、紫外線や花粉、雑菌などの外的な刺激に対しての抵抗力が、保湿を行わない場合よりも高くなるんだとか♪

梅雨の肌荒れ対策②ちゃんと紫外線対策をする

梅雨時期は紫外線量がとても多い時期なので、日焼けすることで肌が荒れてしまうことも。

紫外線は肌荒れだけではなく、シミの原因にもなるので、肌のためを思うなら日焼け対策が必須です!
日焼け止めはもちろんのこと、日傘やサングラスなどの使用も効果的ですよ♪

たくさん日に焼けてしまった場合は、パックなどでしっかりと保湿をしたり、アイシングをしたりすると良いでしょう。

梅雨の肌荒れ対策③食べ物で内側から対策する

食事やサプリメントなどで、肌荒れの対策ができます♪

糖質を多く摂取すると、酸化や老化が進みやすくなるので、ジュースやお菓子など、糖質が多いものはできるだけ避けると良いでしょう。

また、ビタミンを含んだ食材を積極的に摂取することをおすすめします。
主にビタミンB群は、肌や髪などに栄養を送る働きがあるようで、肌のターンオーバーを手助けする役割も担っているんだとか♡

おすすめの食材は、納豆、卵、レバー、ほうれん草、モロヘイヤ、ナッツ、バナナ、柑橘類などです。
グリーンスムージーなどにして摂取しても良さそうですね♪

梅雨時期の肌荒れの原因と、それに対する対策をご紹介しました。
若い内からしっかりとしたケアをし始めるかどうかが、10年後、20年後の肌に影響してきますよね。
年を重ねるにつれて、美容面が気になってくる方がたくさんいると思いますが、気になっているだけでは意味がないので、ちゃんと行動に移すことをおすすめします♪