崩れにくいベースメイクはこう作る!マル秘テクニック6つ♪

BEAUTY

汗をかく季節になると、もちろん顔周りもベタついてしまいますよね。
そんなときに気になるのがベースメイクの崩れ。
きれいに仕上げていても、毛穴にファンデが落ちてしまったり、テカってしまったり悩みはつきません……。
そこで今回は、崩れにくいベースメイクを仕上げるテクニックを紹介します♪

崩れにくいベースメイク①メイク前はさっぱりタイプの化粧水をコットンでつける

ベースメイク前のスキンケア、夜と同じようにしっとりタイプの化粧水を使っていませんか?

乾燥肌だから、とこってりした化粧水をベースメイク前にもたっぷり使うのは、メイク崩れの原因になってしまいます。

崩れにくいベースメイクのためには、朝だけでもさっぱりタイプの化粧水に変えてみるのがおすすめです!

また、コットンでつけることによって、適切な水分を肌に与えることができますよ♪

崩れにくいベースメイク②余分な肌の水分はティッシュでオフしてからベースメイク開始!

スキンケアをしたあと、すぐにベースメイクを始めるのはNGなんです!
少し時間を置いて、肌と化粧水がなじんでから余分な水分をティッシュでオフしてくださいね♪

内側は潤ってふっくらしているけど、表面はさらっとしている肌が理想!

このひと手間だけで、崩れにくいベースメイクに仕上がるので試してみてくださいね。

崩れにくいベースメイク③ファンデは手だけで塗るより筆とスポンジを使って♪

普段リキッドファンデを使っているという方は、筆とスポンジを使って塗ってみてほしいです!

手でリキッドファンデーションを塗ると、ムラができてしまったり均一に塗れないことが多いんです。
なるべくファンデーションを薄づきにすることによって、崩れにくいベースメイクにできますよ♪

筆を使うときには、顔の中心から外側に向かって伸ばすのが◎
また、スポンジを使うときには伸ばすイメージではなく、軽くポンポン押さえるようにしてなじませてくださいね!

パウダーファンデーションを使っているという方は、下地をスポンジで丁寧になじませると、崩れにくいベースメイクが完成しますよ!

崩れにくいベースメイク④UVカットのお粉を使って紫外線対策も!

夏は特にベースメイクの終わりに、お粉をつけるのがおすすめなんです!
大きめのブラシや、柔らかいパフでふわっと全体に乗せてくださいね♡

こうすることによって、顔から皮脂が出てもお粉が吸着してくれて崩れにくいんです。

また、最近のお粉にはUVカット機能がついているものが多く、紫外線対策にもなるんですよ♪

軽いメイクに仕上げたい日には、お粉だけでもOKなのでゲットしてみてほしいです!

崩れにくいベースメイク⑤メイク直しはティッシュで押さえてから♪

ベースメイクを直すときに、どんどん上からファンデーションを塗っていませんか?
それだと崩れたファンデーションの上に、さらに重ねることになってしまうので逆効果なんです!

メイク直しをするときには、まずティッシュで余分なファンデーションと油分をオフしてからにしてくださいね♪

あぶらとり紙を使ってもいいですが、実はティッシュもファンデーションや油分をオフするのに適しているんですよ!

崩れにくいベースメイク⑥気になっても肌をあまりベタベタさわらないのが◎

ベースメイクの崩れが気になってしまって、顔をベタベタ触ってしまうという方、多いと思います。

でもそのせいで余計ベースメイクが崩れているかもしれません。

先ほど紹介したように、崩れたファンデーションをオフするときはティッシュやあぶらとり紙を使ってくださいね!

今回は、崩れにくいベースメイクについてご紹介しました。
メイク前のひと手間と、こまめに余分なファンデーションや油分をオフするだけで、かなり効果があるので試してみてくださいね♪
最近では、テカリにくい下地なども発売されているので、使ってみるのもいいかもしれません♡
メイクが薄くてもいい日は、なるべくファンデーションを薄めに仕上げるとGOOD!