《大学生》頼れる先輩になろう♥新入生に教えてあげたい4つのこと

LIFESTYLE

4月から新生活が始まり、大学に新入生が入ってきますね。そんな時に新入生にとって頼りになるのは先輩。
自分が新入生の頃、先輩にいろいろ助けてもらった人も多いでしょう。
今度は自分が先輩として後輩にいろいろ教えてあげましょう♪
だいたい聞かれる質問は決まっています。頼れる先輩になっちゃいましょう♪

後輩に教えてあげるべき4つのこと① サークル活動・部活の話

新入生が一番悩むのがサークル・部活選び。
サークル選びで付き合う友達や大学生活が決まってしまうといってもいいほど重要ですよね。
まずは後輩が何をやりたいのか聞いてみましょう。決まっていないなら、自分のサークルをすすめたり、自分のわかる範囲で教えてあげましょう♪

スポーツ、音楽、ダンス、ファッション、ボランティア、オールラウンド、真面目系など
さまざまなジャンルがあるので、自分の入っているサークルについてはもちろん、
他のサークルについても友達から話をきいて情報収集しておくのがいいです。

自分の入っているサークルについては、人数、男女比、活動内容、活動場所、雰囲気、イベントなどは最低限言えるようにしておきましょう!
イメージが湧きやすいように、合宿やシーズンごとのイベントの写真をまとめておきましょう♪

後輩たちはどういう基準で選べばいいのかわからないかもしれないので、参考に、自分が今のサークルを選んだきっかけを振り返ってみるのもいいと思います。

後輩に教えてあげるべき4つのこと② バイトの話

新生活が始まって何かとお金がかかる大学生はバイトをしますよね。
大学に入ってから初めてバイトを始める子も多いようです。

自分のしたことのあるバイト、周りの友だちがやっているバイトについていろいろ教えてあげましょう。
飲食店、塾講、アパレル、イベントスタッフなど自分のバイトあるあるがあれば教えてあげましょう。
また、このバイトは失敗だったなどの失敗談や、大変だったこと、得られたものなど本人の実体験が一番参考になります。

後輩に教えてあげるべき4つのこと③ 大学生活の話

なんといっても大学生活の体験談が一番気になりますよね。

どういう風に過ごしてどんなことを学べるのか、
学内でのイベントや勉強についての話などなど、知りたいことはたくさんあるでしょう。

学食や近くのおいしいお店、学生の溜まり場、穴場スポットなど在校生しかしらないことも教えてあげましょう♪

学内を案内してあげたり、実際にお店に連れてってあげるのもいいかもしれません。

後輩に教えてあげるべき4つのこと④ おすすめの履修や過去問

私自身、先輩がいて助かったと感じたのは勉強面でお世話になった時です。
授業の履修は大学生にとっては、ある意味で情報収集がカギ。

成績の評価が甘い教授、単位が取るのが楽な、通称「ラクタン」と呼ばれる授業、オススメの授業を教えてあげたり、過去問をあげたり、教科書をあげたり。
頭が特別良くなくても、勉強面で後輩にしてあげられることはあるんです。

特に新入生にとって履修を組むのは大変。手伝えることがあれば手伝ってあげましょう。

後輩と仲良くなりたいなら親身になって相談に乗ること。
また、後輩の方からはなかなか質問しづらいので自分から話したり、質問してあげること。
これらを実践してみれば、気づいたら仲良しの後輩ができているかも?