GWは「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」を満喫しよう♪

LIFESTYLE

2018年のGWは横浜の赤レンガ倉庫でドイツを楽しみませんか?
ドイツのビールや郷土料理を楽しめる「ヨコハマフリューリングスフェスト」は2018年で6回目の開催となる大人気イベント♪
今回は「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」の魅力をご紹介します。

小林 亜樹
小林 亜樹
2018.05.03

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」ってどんなイベント?

出典:twitter.com

毎回多くの人が訪れるとても人気のイベント「ヨコハマフリューリングスフェスト」は、2018年は4月27日から5月6日までのGW期間、横浜赤レンガ倉庫で開催しています♪

ドイツでは各地で春の訪れをお祝いする祭り「フリューリングスフェスト」が行われ、ビールと移動遊園地で家族や友人たちと春の1日を満喫します。
日本ではビールのイベントに移動遊園地があるのは珍しいと感じるかもしれませんが、ヨコハマフリューリングスフェスト2018でもドイツと同じように移動遊園地が横浜赤レンガ倉庫にやって来るんですよ。

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」ではドイツ楽団の演奏を聴こう!

出典:twitter.com

開催初日には、会場内の特設テントにてオープニングセレモニーが行われました。
オープニングセレモニーでは、ドイツ楽団の演奏に合わせて乾杯をして、ヨコハマフリューリングスフェストが開幕したことを祝福するのが毎年の恒例となっているんですよ。

オープニングセレモニーだけでなく、ヨコハマフリューリングスフェスト2018にとって陽気な音楽は欠かせません!
ドイツ楽団による演奏は、GW期間中毎日大型テントのステージでも行われています。
本場ドイツの雰囲気を感じながら、音楽に合わせて歌って踊って陽気にビールを楽しみましょう♪

ヨコハマフリューリングスフェスト2018に行く前に、ドイツ本場のフリューリングスフェストでも歌われている“乾杯の歌”をチェックして、歌えるようにしておくのがおすすめです!

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」でビールを飲もう!

出典:twitter.com

ヨコハマフリューリングスフェスト2018では、幅30メートルの巨大なビールカウンターが登場し、そこには生ビールを取り扱う12店舗が集結します。
このヨコハマフリューリングスフェスト2018のための限定ビールや神奈川の地ビールが勢ぞろいする中、日本初上陸の南ドイツのヘレスと呼ばれる最もポピュラーなビール「ヴェルテンブルガー ウルティプ・ヘル」もお目見えしますよ。

モルトの風味を生かしていて、ホップの苦みが控えめ。
さらりとしたのど越しの良い飲み口が特徴なので、ビールが苦手な人もにも飲みやすくておすすめですよ。
初登場のビールやドイツビールは、テント横の巨大ビールカウンターで購入できます!
GWはぜひ飲んだことのないビールに挑戦してみてください♪

また、ドイツは環境先進国ということもあり、ビールは全てリユースカップでの販売です。
石川樹脂工業のplakira(プラキラ)とコラボしたカップが用意されていて、飲み終わったら回収・洗浄所へ返却しましょう。
ヨコハマフリューリングスフェスト2018は、環境にもやさしいイベントなんですよ。

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」はビールだけじゃない♡

出典:twitter.com

次にご紹介するGWに行きたいヨコハマフリューリングスフェスト2018の魅力は、種類豊富に販売されているビールに合うフード類!
どれも本当に美味しそうなので迷ってしまいますよ。

2018年のコンセプトは横浜港の姉妹港であるハンブルク港にある市場フィッシュマルクトです。
そのため「ハンブルガーパンフィッシュ」や「ハンブルガーガーリックシュリンプ」など、シーフード料理が多いのが2018年の特徴です。
シーフード料理のほかには、ペースト状の肉に野菜を混ぜて目玉焼きをトッピングした「ラプスカウス」という郷土料理もありますよ。

実は横浜港のドイツとのつながりは、姉妹港であるということだけではありません。
会場の横浜赤レンガ倉庫はドイツ建築が取り入れられていて、ドイツをより身近に感じることができる場所なんです♪

購入した料理やドリンクは、テーブルやベンチで食べなければいけないという決まりはありません!
横浜港を一望できる赤レンガパークの芝生の上で、のんびりと過ごしながら味わうのもおすすめですよ。

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」では移動遊園地で遊ぶ♪

出典:www.yokohama-akarenga.jp

ヨコハマフリューリングスフェスト2018にとって欠かせないものの一つが、移動遊園地です。
ヨコハマフリューリングスフェスト2018では、ドイツ製のメリーゴーランドなど8種類のアトラクションが用意されていますよ。
2017年よりパワーアップした2018年GW期間中は、新たに「コーヒーカップ」が加わりました。
行ったことあるよという方は、コーヒーカップをチェックしにまたぜひ遊びに行ってみてください!

また、アンティークが好きな人が注目すべきは「メリーゴーランド」♪
これは世界で一人しかいないといわれている回転木馬職人が手作りしたもので、芸術品ともいえる貴重なものなんです!
メリーゴーランドは、アンティークなので不定期にメンテナンスが入るため、臨時休業になる場合もあるので注意してください。

GWに行きたい「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」は夜も楽しめる♪

出典:www.yokohama-akarenga.jp

横浜みなとみらい地区の海辺にある赤レンガパークでは、GW期間中の5月2日から5月6日の5日間限定で入場無料の横浜赤レンガ倉庫“THEATER RED BRICK(シアター赤レンガ)”シアターがオープンしますよ。
みなとみらいの夜空の下で夜風に揺られながら、最高のロケーションで楽しめる野外シアターでデートにおすすめですよ♡

また、映画の上映にだけでなく、赤レンガパークには「RED BRICK」をテーマにした美術セットが登場しますよ。
映画の撮影現場にいるような臨場感たっぷりの雰囲気の中、登場人物になりきって撮影できる体験型のフォトスポットです。
ヨコハマフリューリングスフェスト2018を楽しんだ記念にぜひ写真を撮ってみてくださいね。

さらに、少し離れますが海と音楽をテーマにしたマリン&ウォーク ヨコハマ“THEATER MARINE & WALK(シアター マリン&ウォーク)”シアターもあります。
テーマも雰囲気も異なるので、好みに合わせて選んだり、両方のシアターを楽しんだり、
みなとみらいの夜を満喫してくださいね♡

どちらも野外シアターなので、アウトドア用のシートやチェアを持参してくださいね。
有料ですが(300円)リクライニングチェアの貸し出しもありますよ。

◆ヨコハマフリューリングスフェスト2018
期間:2018年4月27日(金)~5月6日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場・赤レンガパーク 
住所:〒231-0001 横浜市中区新港1-1
電話:045-227-2002
営業時間:11:00~21:30(アトラクション・物販店舗は11:00~21:00)
定休日:なし

ヨコハマフリューリングスフェスト2018

横浜ではGW恒例のイベントとして親しまれている「ヨコハマフリューリングスフェスト2018」の魅力をご紹介しましたが、いかがでしたか?
2018年のGWは、横浜でドイツを楽しみましょう。
ぜひ、赤レンガ倉庫に足を運んでみてくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。