カラダからはじまった彼に大切に愛されるテクニック4つ♡

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第65弾】
付き合う前にカラダの関係を持ってしまった彼に、「大切にされたい。」「好きになって欲しい。」「また求められたい。」と思ったら、どうしたらいいでしょうか?
彼に大切にされる関係の作り方をご紹介します♡

彼氏だと思って接する

「付き合おう」と言わずに成り行きで男女関係になってしまうことは、割とあると思います。特別気にすることでも悩むことでもありません。
女性が形式にとらわれてしまっていると、「私は彼女じゃないから……」と一歩引きがちになるのですが、こういう時に図々しさって大事なんですよね。

こういう時は、関係性を女性側から決めてしまえばいいのです。
今後、彼を自分の彼氏にしたければ彼氏っぽく接するし、「なんか違ったな」と思えばもう連絡しない。
たまに会う男友達みたいな関係になりたければ、付かず離れずの距離感をとっていたらいいと思います♡

「付き合おう」と言い合うことに価値があると思い込んでいる人が多いのですが、それが全てではありません。
言わなかったから彼に愛されていないかというと、そうとは限りません。
付き合ってもうまくいかない関係だって沢山ありますしね。

つまり、「付き合うことと付き合おう」とすると空回りしちゃうんです。
もっと大事にすべきなのは、お互いが好きで求め合っている事実です。
そこに注目して敏感になっていれば、「気付いたら一緒にいたね」「気付いたら付き合ってたね」と、お互いが認識するような関係性を作ることは可能です。

そうなるためにはまず、「付き合う至上主義」から解き放たれることですね!

「付き合おう」と言われてない彼に大切にされる方法

「彼に大切にされたい」と女性は考えがちですが、本当に男性から大切にされている女性がどうしているのかというと、彼に大切にされるされないを考えずに、自分がいかに彼を大切に出来たのか?をいつも考えているのです。
要するに、大切にされたかったら大切にすることが近道なんです。
見返りを求めずにただ大切にするってことですね♡

具体的にどうしたらいいのか?というと、「相手の立場で考える」癖をつけるといいと思います。
これは一例ですが、自分が彼に話を聞いて欲しい日があったとしても、彼が疲れて帰ってきた日は「疲れてるんだな」と察して、自分の話をしないでおくのも優しさです。

どんな時に彼は愛情を感じるのか?自分のどんなところを女性に理解して欲しいのか?、それらを知る必要があるのです。
そして、自分自身が誰よりも彼に詳しくなってしまえば、彼はアナタを離そうとはしません。

それが「相手の立場で考える」ということです。
「相手のために考える」と言葉は近いですが、「相手のために考える」は価値観の押し付けになりがちです。
嫌がられたりウザいと言われてしまうこともあるかと思います。

「相手の立場で考える」は奥が深いですよ。
相手のことを詳しく研究するつもりでいたらいいですね♪

「一緒にいて楽しい人」になる

カラダからはじまった彼にまた求められたかったら、彼に合わせて自分を変化させることがポイントです。
「彼の立場で考える」というお話を先ほどお伝えしましたが、彼の立場で考えて一緒にいて楽しい人に自分がなってしまえばいいわけです。
自分自身で勝負しようなんて、しないほうがいいのです。

今までの自分のアイデンティティは忘れて、彼が気に入るような自分に作り変えていくほうが確実に彼とのいい関係は手に入ります。
なぜなら「一緒にいて楽しい」と感じる角度は、人によってバラバラだからです。

「一緒にいて楽しいよね」「君とは話が合うよね」と彼に言わせるための戦略的な方法が、実はあります。

それが、彼が興味のあるものや好きなものを同じように好きになって、勉強することです。
プロレスが好きとか音楽が好きとか野球が好きとか、人によって趣味がありますよね。
仕事が出来る男性の場合は、四六時中ビジネスのことをずっと考えています。
彼が最も関心を持っている分野を「私にも教えて〜」って言いながら、学んでいけばいいのです。

「癒されたい」といって男の人に求められる女性は素敵ですが、「癒されたいし話したい」といって男の人に求められる女性はさらに素敵でいいですよ♡

会話を共有したいと彼に思われていると、女性にとって満足度の高い恋愛ができます。
女性自身に引き出しがないと会話力は上がらないのでいつも引き出しを増やしていく努力をしていると、女性としてだけではなく人間としての「幅」が広がっていきます!

「また会いたい」の伝え方

彼にまた会いたい時にはどうやって伝えたらいいのか?について、最後にご紹介します。
ポイントは、彼を褒めながら「会いたい」を伝えることです。成功率が高まります。

①「〇〇君がかっこいいから、私また、会いたくなっちゃったの〜♡」
②「〇〇君がかっこよくて、好きすぎて困る〜♡」
③「〇〇君のこと、本当に魅力的だと思ってるし、また会いたいんだ。ダメ?♡」
④「おはよ〜!今日も〇〇君、かっこいいね!頑張ってね。お仕事落ち着いたらまた私とデートしてね♡」

女性のみなさんぜひコピペしてくださいね!

「好き」「かっこいい」を繰り返しながら、たまに「会いたい」を挟むと彼の気分が良くなるので、だいたい、会えると思いますよ!
仲が悪くなってしまったカップルが仲直りする際にも、こちらは使えますね。

男の子は「かっこいい」と言われたい願望があります。
言われて機嫌が悪くなる人はいません。ですから、好きな彼には毎日レベルで「かっこいい」と言っていたらいいと思いますよ!

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!