ペルーに行きたい!おすすめの観光スポット4選

LIFESTYLE

ペルーがどんな国で、どこにあるかご存知ですか?
ペルーは南アフリカの西部に位置し、インカ帝国の中心地でもありました。
そんなペルーの中心地クスコには、どんな観光スポットがあるのかをご紹介します。

ペルー・クスコのおすすめ観光スポット1.アルマス広場

出典:www.saiyu.co.jp

アルマスとは、スペイン語で武器という意味があります。
クスコの街の中心にあり、クスコ大聖堂と、ラ・コンパニア・デ・ヘスス教会が広場に面して建っているのが特徴です。

そして、アルマス広場で必ず訪れて欲しい場所は、ハトゥン・ルミヨック通りを進むと見えてくる、精密に組み合わされた石造りの壁です。

ここは、インカ時代の貴重な石造技術を間近で見ることの出来る観光スポットです。

ペルーのおすすめ観光スポット2.タンボマチャイ

ペルーのクスコ近郊にあるこのタンボマチャイは、遺跡群の1つで聖なる泉と呼ばれています。

乾季・雨季に関係なく、一年を通して常に一定の水が石組みから流れ落ちてくる様子が、この聖なる泉の名前の由来と言えるでしょう。

インカ時代の王族が、沐浴場として利用していたという歴史も持っています。
そんなタンボマチャイは、標高が高く、そこから見えるクスコの街並みはとても美しい観光スポットです♡

ペルーのおすすめ観光スポット3.中央市場

ペルークスコの中央市場は食材や生活雑貨だけではなく、お土産も取り揃えられているとても大きな市場です。

日本では見ることが出来ないような食材もたくさん並び、何かを買わなくても見ているだけで楽しめます。

クスコの中央市場はフレッシュジュースの店や大規模な食堂もあるので、地元の味を楽しむことも出来る観光スポットです。
夕方には閉まってしまう店もあるので、訪れるなら早めの時間をおすすめします♪

ペルーのおすすめ観光スポット4.コリカンチャ博物館

ペルーのクスコにあるコリカンチャ博物館はサント・ドミンゴ教会に隣接している博物館で、インカ時代の出土品を数多く展示しています。

コリカンチャはインカ時代の呼び方で、コリは黄金、カンチャは場所という意味があります。
なので、太陽の神殿と呼ぶこともあるようです。

コリカンチャ博物館の中には、生贄のリャマを捧げていた部屋や、中庭を取り囲むように作られた回廊などがあります。
英語でガイドしてくれる方もいるようなので、ガイドして頂くと普通に見て回るよりも、よりインカ時代のことが理解出来るかもしれません。

ペルーのクスコには、インカ時代に作られた歴史深い建造物がたくさん残されています。
まだまだ謎となっている部分が多いですが、そんな謎の部分に直接触れる機会もあまりないので、おすすめの観光スポットです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。