元コンビニ店員が警鐘!コンビニはわたしたちの美容と健康を脅かす?

LIFESTYLE

前回のミスド記事(http://4meee.com/articles/view/485190) に続き、今回も筆者のアルバイト経験に基づいた記事シリーズの第二弾です。
みなさんはよく「コンビニ」を使用すると思いますが、実はコンビニには様々な落とし穴が!
今回は筆者のコンビニバイトの経験を通して気づいた危険性を紹介します。

コンビニ食は美容と健康を脅かす?① 想像を超える添加物の量

コンビニで売っている弁当、おにぎり、サンドイッチ…。
配送する間に腐らせないために、これらにはかなりの量の食品添加物が含まれています。
もちろんダイエッターがよく買うサラダパスタなどにも><
ただ文章を読んだり、パッケージの後ろの栄養成分を見てもあまりピンと来ないかもしれません。

しかしコンビニバイト時代によく廃棄のおにぎりを食べていた筆者は、久しぶりに家のおにぎりを食べた時に味の違いに驚きました。
「コンビニのおにぎりってこんなに余計なものが入っているんだ!」と驚いたことをよく覚えています。

調べてみると、コンビニのおにぎりは炊飯油やpH調整剤と一緒にお米が炊かれていることが判明しました。
たまに食べる分には全く気づかないと思いますが、その"たまに"が続くと私たちの健康を脅かすかも…!

コンビニ食は美容と健康を脅かす?② コンビニスイーツは一番の太る元

最近はハイクオリティなコンビニスイーツも続々と登場しており、最新コンビニスイーツには目がない女子も多いと思います。
しかし、コンビニスイーツは自分で作ったスイーツやカフェで食べるスイーツに比べ、かなりの糖分や添加物が含まれているのです…。

実は筆者のコンビニバイト時代、よくコンビニスイーツを食べていました。
最初は美味しく食べられていたのですが、日に日にくどい甘さと①で述べた添加物の量が気になってくるように…。
量も少なく、しかも連日食べてたわけではなかったので大丈夫だと思っていましたが、見事に体重は増加してしまいました‼︎

自分へのご褒美♡と言ってコンビニスイーツを手に取るあなた!
もっとほかのご褒美を探してみてはいかがですか?

コンビニ食は美容と健康を脅かす?③ 気軽に買えちゃう怖さ

コンビニってどこにでもあるから、気軽に買えちゃいますよね。
家にごはんがないからコンビニ行こう、授業前に小腹がすいたからコンビニ行こう、夜中に喉が渇いたからコンビニ行こう、など時間と場所を問わずコンビニに足を運ぶことができます!

しかし、その気軽さが落とし穴。
小腹がすくたびに①や②で挙げたおにぎりやスイーツを買っていたら、不健康になることも納得できます。
毎日の「少しならいいや」という思いがあなたの美容と健康を脅かします。

気軽で便利ですが、なるべく自分で作ったものを持ち歩きましょう♡

コンビニ食は美容と健康を脅かす?④ お財布に優しくない価格設定

コンビニは気軽なのに、お財布に厳しいです。
同じ商品でも、ドラッグストアやディスカウントストアでもっと安く売っていることは多々あります。

飲み物、昼ごはん、その他ちょこちょこした買い物などで一日500円ほどをコンビニに費やしていたら、気づいたらかなりの出費になっていた!なんてことはよくあります。
節約のためにもコンビニは避けたほうが良いですね…

筆者がレジをやっていた時、コンビニで1000円以上使うお客さんに「同じ金額でもっと美味しいランチができるはずなのに…」と何度も思ったことを覚えています。
お金の使い道、今一度見直してみて!

いかがでしたか?
誰でも毎日のように使うコンビニには様々な落とし穴があったのです。
これからはコンビニを使用する頻度を減らしてみてはいかがでしょうか?