毛深い原因と薄くする対策方法って?体毛に悩んでる女性必見です。

「女性なのに毛深い」と悩む女性は意外と多くいるようです。
中には、昔よりも毛深くなったと感じている女性もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、毛深くなる原因や薄くする方法はあるのか、対策方法についてご紹介いたします。

毛深い女性は意外と多い?

びっくりする女性

ふとしたときに気になった自分の体毛に対して「他の女性に比べると私って毛深いのかな」と不安になってしまうのは仕方のないこと……。
しかし、濃さや量があるだけで露出することも恥ずかしくなってしまいますよね。

腕や脚などであればファッションで一時的にカバーすることもできますが、こまめに脱毛して毛深さを隠しているという女性も多いのではないでしょうか。

そこで今回ご紹介するのは、毛深い体毛を薄くする対策方法です。
毛深さは生まれつきであることもありますが、昔よりも濃くなることもあるので、日々対策を取り入れて行くことは大切なこと!

まずは毛深くなる原因を知り、自分に合った対策方法を取り入れていきましょう。

対策方法の前に!毛深い原因をチェック①ホルモンバランスの乱れ

頭を抱える女性

毛深い体毛を薄くする対策方法の前に、原因を把握しておきましょう。
毛深い原因としてまず挙げられるのが、「ホルモンバランスの乱れ」です。
女性には“女性ホルモン”というホルモンがあるのですが、実は女性の身体でも男性ホルモンが作られているといわれています。

男性ホルモンは、普段は女性ホルモンの働きによって抑えられているのですが、生活習慣などの乱れによって女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、男性ホルモンの働きが抑えられなくなってしまうんだとか!

そのため、男性ホルモンの影響を受け“毛が濃くなる”というのが毛深い原因に繋がってしまうそうです。

《ホルモンバランスが乱れやすくなる要因》
・ストレスの蓄積
・生活習慣の乱れ
・加齢
・コレステロール

対策方法の前に!毛深い原因をチェック②外部からの刺激

脚を組む女性

毛深い原因は、ホルモンバランスの乱れだけでなく、「外部からの刺激」であることも考えられています。

《外部からの刺激による要因》
・強い日差しや紫外線によるダメージ
・衣類によるスレ
・入浴中のゴシゴシ洗い
・カミソリなどによる間違ったムダ毛の自己処理

肌や血管にダメージを与えてしまうと、毛が濃くなるだけでなく、肌トラブルの原因になってしまうこともあるそうです。
毛深いからといって毎日剃っていた女性は、この自己処理によって毛を濃くしてしまっていた可能性もあるそうなので、対策方法を見直していきましょう。

対策方法の前に!毛深い原因をチェック③遺伝である

考える女性

小さいころから毛深かったのであれば、毛深い原因として「遺伝」であることも考えられます。

体毛の濃さは、優勢遺伝することを科学的にも実証されているそうです。
両親が毛深い場合は、自分も毛深くなりますし、両親が毛深くなくても両親の祖父母に毛深い方がいれば遺伝するといわれています。

大体、幼少期を過ぎたあたりから遺伝として身体に現れだすそうなので、小さいころはどうだったのか写真を確認したり、両親に聞いたりしてみてください。

反対に、幼少期を過ぎても変わらない場合は、優勢遺伝とは関係ないそうで、毛深い体質ではないことが判断できるそうですよ。

原因がわかったところで、ここからは対策方法をチェックしていきましょう。

毛深い原因から見る対策方法①食生活を見直す

お肉メインの食事

毛深い原因には3つあることが分かりましたね。
そのうちの遺伝であれば、薄くすることは難しいといわれていますが、その他の原因であれば日ごろの生活を改善することで薄くすることが期待できるといわれています。

まずは女性ホルモンのバランスを整えることから意識してみましょう!

一番は食生活です。
規則正しく、バランスのとれた食事をとることが基本ですが、それに加えてタンパク質、大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE、鉄分も積極的に摂ってみてください。

バランスのいい食事が難しそうであれば、サプリメントを上手に活用することも一つの対策!
ですが、サプリメントへの頼りすぎには注意してくださいね。
また、食事のときはしっかり噛むことも意識しましょう。

毛深い原因から見る対策方法②過度なダイエットはしない

汗を流す女性

続いてご紹介する、毛深い原因から見る対策方法は、過度なダイエットはしないこと!
女性にとってダイエットは永遠のテーマとも言われていますが、早く痩せたいからといって過度なダイエットをすることは禁物です。

脂肪は女性ホルモンの原料になるといわれています。
その脂肪を急激に減らしてしまうと、体内ホルモンを作る量が少なくなってしまうので、結果的に男性ホルモンが活発になって毛深くなってしまうことがあるそうですよ。

無理なダイエットは毛深い体質を招くだけでなく、体調を崩しやすくしたり肌荒れなどを招いたりすることもあるので、無理はせずに規則正しい生活習慣と運動で健康的なダイエットをするように心がけてみてください。

毛深い原因から見る対策方法③ストレスと上手に付き合う

目を閉じる女性

ストレスは女性ホルモンの敵です。
ストレスは、女性ホルモンの正常な分泌を妨げるだけでなく、自律神経を乱す原因にもなり、毛深い体質にしやすくしてしまうといわれています。

しかしストレス社会と言われているほどの現代では、ストレスを溜め込まないようにするのは少し難しいですよね。
ですので、ストレスを0にするのではなく、少しずつ解消していくことがポイントです。

オンオフをしかっり分けたり、休みの日は趣味に没頭したり、泣ける映画などを見て思いっきり泣くこともおすすめ♪

ストレスには「次はもっとできそうだから頑張ろう!」というような、いいストレスもあるので「もうダメだ」という悪いストレスから前向きなストレスに変えることも、上手に付き合うための対策ですよ。

毛深い原因から見る対策方法④良質な睡眠をとる

うつ伏せになる女性

睡眠不足や夜行性であることもホルモンバランスを乱し、毛深い体質にさせる原因になるといわれています。

就寝中に分泌される成長ホルモンは、健康な身体を維持するために欠かせないので、多く分泌させるために良質な睡眠をとるように対策しましょう。

《良質な睡眠をとるポイント》
・就寝一時間前に入浴を済ませ、スマートフォンやパソコンなどの強い光を見ないようにする
・寝室は間接照明に、音楽を流したりストレッチをしたりしてリラックスする
・7時間ほど寝るようにする
・起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる
・16時以降は、仮眠、カフェインの摂取を控える

仮眠をとる場合は15分ほどにして、30分以上眠らないようにしましょう。
1日のサイクルを整えることで、夜になると自然に眠くなり、リラックスした状態で就寝することができるようになります。

毛深い原因から見る対策方法⑤身体を冷やさないようにする

ニットを着た女性

身体を冷やさないようにするというのも、毛深い原因から見る対策方法の一つ!
身体が冷えると、身体の本来ある機能として体毛で寒さから身を守ろうとするといわれています。
そのため、身体が冷えることで毛深い原因に繋がってしまうともいわれています。

冷えは女性にとって大敵となるので、身体を常に温めることも意識してみてください。

冬場はもちろん、夏場も冷房や冷たい飲み物によって身体は冷えやすくなっているので、ブランケットなどを常備したり、温かい飲み物を飲むようにしたりするといいですよ。
また、夏場でも湯船に浸かって身体を芯から温めることもおすすめです。

毛深い原因から見る対策方法⑥脱毛方法を変える

カミソリを使う女性

最後にご紹介する、毛深い原因から見る対策方法は、脱毛方法を変えるという方法!
ムダ毛の自己処理をするとき、皆さんはどのように行っていますか?
自己処理にはさまざまな方法があるかと思いますが、“抜く”といった方法は肌に直接ダメージを与えることになるのでNGです。

剃る場合も刃を強く押しつけていたり、切れ味が落ちたものを使ったりしていれば、自然と肌を傷つけることになります。

自己処理をする場合は、シェービングジェルを使うようにし、清潔なカミソリなどを優しく滑らせるようなイメージで行ってみてください。
また、毛の流れに沿って剃ることも大切ですよ。

自己処理をした後は、いつも以上に乾燥しやすい状態になっているので、保湿をたっぷりしてくださいね。
毛深い原因と薄くする対策方法についてご紹介いたしました。
すぐに薄くしたい場合は、サロンやクリニックで相談するのもおすすめですが、半年以上コツコツ続けることができれば自分でも体質を改善することが期待できます。
無理のない範囲でできることから始めてみてくださいね。

【関連記事】気になる産毛をなくしたい!「背中のムダ毛」はどう自己処理すべき?

ムダ毛の処理は、女性の大きな悩みのひとつですね。ワキ毛やVIOゾーンなど、気になるところは...

ボディケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる