賢い女性を目指して♡若者言葉をやめることのメリットとは

LIFESTYLE

「ヤバイ」「マジ」といった、定番言葉〜流行り言葉まで。
『若者言葉』を聞かない日はありません。
若者言葉が悪いとは言いませんが、キツい印象を持たれる言葉も多く、軽そうだと思われてしまうことも……。
私は以前、言葉遣いを見直そうと、若者言葉をやめました。若者言葉をやめて感じたこと、メリットをご紹介します☆

【若者言葉をやめるメリット①】言葉遣いを直すきっかけになる

「言葉遣いをキレイにしたいな〜」と思った時。
昨日まで使っていた言葉を、今日からガラリと変えるのは難しいですが、とりあえず若者言葉だけ、やめることを心がけると◎!
私も、言葉遣いの改善は苦戦し、一部の若者言葉をやめることだけを心がけました。

若者言葉をやめることを心がけると、知らぬ間に自分が、若者言葉、流行り言葉を多用していたことに気付くと思います。

個人差はあるかと思いますが、若者言葉をやめるだけで、言葉遣いの印象は大きく変わってきます☆

若者言葉をやめただけで、言葉遣いを褒められたりもして、さらにやる気アップ!
言葉遣いを直す、大きなきっかけに繋がるはず♪

【若者言葉をやめるメリット②】年上の人から好印象

年齢にもよるかと思いますが、若者言葉をやめると同い年、年下の人から、“真面目な人”だと思われることも……。
もちろん、これがメリットかデメリットかは、人それぞれの捉え方だと思います。

一方、年上の人には好印象を与えるようです♪
30代以降の方は、キレイな言葉遣いに敏感な人が多い印象があります。

また、年配の方は、若者言葉を「怖い」「わからない」と感じる人が多いのも事実。
相手を不快にさせない言葉の選び方をするのも大切☆

【若者言葉をやめるメリット③】品が良くなる

幼稚園の頃、「マジ」「キモい」なんて言葉を使っていましたか?そもそも、若者言葉を使い始めたきっかけってなんでしょう?

私の場合は、小学生の時。当時は“コギャルブーム”だったので、テレビをつけても、街に出ても、若者言葉をたくさん聞きました。

それを「かっこいい!」と思ったのが、きっかけだと思います。
若者言葉は、かっこいいかもしれませんが、“下品”と思われがちな言葉もたくさん。

上品レディになりたいなら、純白なワンピースを着るだけではなく、若者言葉をやめた方が良いですよ◎

【若者言葉をやめるメリット④】失敗をカバーしてくれる

社会人の方は特に、敬語を勉強している人も多いと思います。

私も最近、敬語、ビジネスマナーを勉強していますが、敬語って難しい!
メールなどでも、うっかりおかしな敬語、失礼な言い回しになってしまい、反省することも多いです。

そんな話を仕事、プライベートでもお世話になっている方に、話してみました。
すると、その時に「いつも言葉遣いが綺麗だなと思ってるから、不快に感じたことがない!」と、言っていただいたことがあります。

若者言葉をやめたことが、失敗のカバーに繋がりました!

【若者言葉をやめるメリット⑤】柔らかい印象になる

若者言葉は、言葉によってはキツく聞こえるものが多くあります。
なので、若者言葉をやめると、柔らかい印象を持たれることも増えてきますよ。

柔らかい印象の人って、親しみやすくて、居心地が良くて……たくさんの時間を、共に過ごしたくなりますよね。
そういう女性に憧れませんか?♪

上記を振り返ると

①言葉遣いを直すのって難しい!
②年上の人に好かれない、悪い印象を持たれるんだよな。
③「私って下品なのかな……」男性ウケが悪い
④失敗続きで、仕事に支障が出ないか不安!
⑤キツい、怖いって思われるのはなんでだろう

と、こんな悩みを持っている人ってたくさん居ると思いますが、若者言葉をやめるだけで、これらの悩みが解消するかもしれません!

メリット尽くしじゃありませんか?♪

若者言葉をやめるメリットをご紹介しました。
若者言葉をやめると、自分の耳に入ってくる言葉も、キツくない優しい言葉が増えました。
自分の発した言葉は、相手だけでなく自分にも聞こえます。優しい言葉を聞きたくありませんか?♡
キツく聞こえる若者言葉だけでも、やめてみると生活が少し変わるかもしれません♪