汗ばむ季節、ニオイと香りのコントロールしてる?程よく香るいい女に!

気温が上がるにつれて、電車などの密室で気になるのが汗のニオイ。
日中、暖かくなってきた春は、夜冷えすることもあるので服装の調節が難しく、意外にも汗をかきやすい季節。
そんな季節に気をつけたいのが、汗とニオイ、香水などの香りのコントロール!
今回は、汗のニオイ対策と、相手を不快にさせない香りのコントロール方法についてご紹介します♪

香りを付け足す前に、汗のニオイをブロックして!

汗ばむ季節、まず大切なのは汗のニオイをブロックすること!
どれだけいい香りをふりまいていても、汗臭いのでは意味がありませんよね。

制汗剤を使うときは、無香料のものを使うのがおすすめです。
香りがついているものは、汗のニオイがまぎれて安心しますが、香水やシャンプーの香りと混ざってしまう可能性も……。

最近の制汗剤は、無香料でもしっかり汗のニオイをブロックしてくれるので安心です♡

汗のニオイ対策はロールオンタイプで密着させるのが◎

制汗剤はスプレータイプやロールオンタイプ、シートタイプのものなどがありますが、イチオシなのはロールオンタイプ!
特に汗をかく前が効果的なんです。

肌とより密着するロールオンタイプの制汗剤を、朝出かける前につけておけば通勤電車でもニオイが気にならないはず!

汗をかいた後なら清涼感のあるスプレータイプや、しっかり汗をふきとれるシートタイプでニオイ対策してくださいね♪
用途に合わせて使い分けることで、効果的に汗のニオイをブロックできますよ。

こんな食べ物は汗のニオイを悪化させるかも……?

体臭が強くなってしまう食べ物は、控えるのがベター。
たとえば、ニンニクやニラなどは体臭が強くなることで有名ですよね。

また、カレーなどの香辛料をたっぷり使った料理も要注意です。
肉やアルコールも、体臭が強くなってしまうので汗のニオイが気になる方は控えておきましょう。

肉を毎日のように食べているという方は、たまに魚を食べるのもいいかもしれませんね。

逆に、玄米や生野菜、フルーツなどは体臭を抑えてくれる食べ物もあるので、積極的に取ってみましょう♪

また、腸内環境が悪いと体臭悪化につながってしまうこともあるので、お通じを良くするために、食物繊維や発酵食品などを積極的に摂取するのもGOOD。

汗のニオイが気になる季節は、香りをチェンジするのもおすすめ!

汗をかく季節のみ、香りをチェンジするというのもアリです。

いつもは甘めの香りをつけていたという方も、シトラス系やミント系の香りにかえてみてはいかがですか?
香りも優しく香るものにすると、よりいいかもしれません。
せっけんの香りのコロンにかえるのも◎

清涼感のある香りにチェンジすれば自分自身も、さっぱりした気分になること間違いなしです♪

香りをつけるパーツに気をつければ、汗のニオイと喧嘩しない!

汗をかく季節に、特に気をつけてほしいのが香りをつける位置!
汗をかきやすい首周辺につけてしまうと、汗のニオイと混ざってしまいますよね。

汗ばむ季節は、比較的汗をかきにくい足首にシュッとひと吹きするだけでもOK!
香りは上に上がってくるので、ふんわりほどよく香ってくれること間違いなしですよ♡

また、身体につけずにハンカチなど持ち物に香りをつけるというのも◎
香水によってはシミになってしまうこともあるので、目立たない部分で試してみてくださいね!
他人のニオイは気になるのに、自分のニオイってわかりにくいですよね。
だからこそ、しっかりケアをして相手を不快にさせないようにするのが、ニオイが気になる季節のマナー。

いい香りの香水でも、つけすぎと不快に感じてしまう人もいるため、やや控えめにしておくことが大切です!
春から夏にかけての季節は、汗のニオイもケアしつつ程よくいい香りのする女性を目指しましょう♪

【関連記事】肌がどんよりしてきたら……スキンケアは「落とすケア」を重視して!

肌が荒れてるわけじゃないけど、なんだか調子がよくない、顔色が悪くみえる、というときって...

ニオイ 香り

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる