30代で差がつく「間違った生活習慣」とは

LIFESTYLE

誰もが常に健康で、美形でいたいものですよね。
同じ年齢でも、見た目や体力に大きな差が出てくる理由は「生活習慣」!
気をつけたい生活習慣のポイントは、【食・睡眠・入浴・運動】です。
今回は、この4つのキーワードに注目して間違っている生活習慣をご紹介♪

間違っている生活習慣①▶︎【食】糖質OFFでヘルシー気分

「糖質OFFのものを食べることで、痩せるような気がする〜♪」と、考えている方。この生活習慣は間違っていますよ!

消化しきれない分の糖質が太る原因だと考え、控えめにする方も多いですよね。最近では糖質OFFの食品が多くあるため、「糖質は控えめにすることが健康」だと勘違いしてしまっているよう。

ですが、実は糖質を避けることは栄養バランスを崩してしまう原因にもなってしまうのです。
なので、バランスよく摂取することがポイント♪おすすめのバランスは『主食1:主菜1:副菜2』です。

間違っている生活習慣②▶︎【睡眠】休日の寝だめで睡眠不足を解消

仕事や夜遊び、スマホやPCをいじるのが癖になり、ついつい寝るのが遅くなってしまう方が増えています!結局、寝不足になりがちで休日を利用して寝だめしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

寝だめをするのも、実は間違った生活習慣です!寝だめは、逆に疲れが取れないと言われています。

毎朝、同じ時間に起きて体のリズムを整えるのがポイント♪これだけで、体内時計が整って体調アップに繋がるんですよ♡

間違っている生活習慣③▶︎【入浴】シャワーのみ

忙しさや面倒くささから、シャワーのみ。もしくは湯船につかっても一瞬だけ!という方はいませんか?

正しい入浴の仕方は、38〜40℃の湯船にゆっくり浸かること◎
半身浴を20分〜30分するだけでも、体の芯からポカポカしてきます♡血流アップにもつながりますよ!

湯船で汗をかくことも大切で、カロリー消費ができるんだとか……♪正しい生活習慣を身につけるだけで、ダイエット効果にも繋がるなんて嬉しいですよね。

間違っている生活習慣④▶︎【運動】ハイヒールで筋力アップ

女性の中には、“ハイヒールを履くことが足を引き締めてくれる”と考えている方もいるようです。

しかし、ハイヒールは足先を締め付けるために血流が低下し、余計なバランスををとりがち。長時間履き続けることで、腰痛の引き金になるとも言われています。

ヒールは、3センチ程度のローヒールタイプが最もおすすめ♡
ヒールを選ぶときは歩きやすく姿勢良く歩けるものをチョイスし、時間をできるだけ長時間履かないように気をつけましょう。

間違った生活習慣をおくっている人と、正しい生活習慣を身につけている人では、30代の健康状態に大きく差がつきます。
生活習慣は美にも関係してくるので、できることから日常スタイルを改善していきたいものです♪