彼に尽くしすぎて疲れてしまった時の考え方と対処法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第148弾】

彼に尽くしても尽くしても報われないとか不満がある時ってありませんか??そんな時は、女性自身の今いる場所が間違っているのかもしれません...。

斎藤美海
斎藤美海
2018.08.15

彼に尽くしても報われない理由って?

彼に尽くしても報われていない時ってさらに尽くそうとしてしまいがちですが、やり続けると、疲れ果ててしまいますよね。ここで一歩引いて、冷静な目で、尽くしても報われない理由を考えてみるといいと思います。パッと考えつくのはこの2つのパターンです。


1.あなたに興味がない相手に尽くしている場合

2.他人の貢献を評価できない相手に尽くしている場合


1番目の場合、きっと心のどこかで女性は気付いているはずです。「彼はわたしのことを人間としてみてない。わたしのカラダだけが彼は欲しいんだ....」というように、内心では思っているけれど、現実をみるのが怖くて、希望を抱いてしまっているような状態...。いくら他人が不毛な恋をやめろと口出ししたところでやめられないのが女性なので、もしもあなたの周りに、このような状況に陥っている女友達がいるとするならば「いけるとこまでやりきれ!」と言って背中を押してあげるのがオススメです。「納得するまでとことんやれ!」と言われたほうが女性は吹っ切れるのが早いです。

2番目の場合、これが厄介なのです。2人は愛し合っているけど苦しいパターンだからです。これから書いていくのは、他人の貢献を評価できない彼に尽くしてしんどくなってしまった時の考え方と対処法についてです。

「彼にこれだけ一生懸命尽くしてるのに報われない....」

と、あなたがもし感じているとしたら、自分ではなく、尽くしている彼側に問題があると考えていいです。

単刀直入にいうと、彼はまだ、他人の貢献を評価できる精神的なレベルに至っていません。もしも、彼から「いつもありがとう」という言葉があったとしたら、だいぶ気持ちがラクになるのではないでしょうか?

言ってほしいタイミングで「好き」と言ってくれるような男性だとしたら女性を苦しませるような関係にはなりません。ちなみにこういった事が出来る男性は、他者に対する想像力がきちんと備わっています。出来ない男性は利己的な部分がどうしても強いです。だからといって悪いといっているわけではありませんが、彼は、他人の貢献に気づく感度が高くはありません。ですから、自分のことを全力で愛してくれる女性を苦しませてしまうのです。

こういう時に女性が思い出したほうがいいのは、自分自身に対する「誇り」です。他人のために動いて愛を与えられる人は自分の存在を後回しにしやすいです。そして、どんな場面でも彼に愛を注げる能力は、世の中のすべての人が持っているわけではありません。あなたが彼に尽くせる人だとしたら実は「才能」なんですね。

このまま、尽くしても報われないゲームをやりたいのなら、もちろん止めることは出来ませんが、あなたが持っているスキル、「人を愛する才能」はどの環境で発揮したとしてもきっとあまり変わりはありません。報われない相手に対して注いでも評価されないどころか気付かれもしませんが、今の彼よりもっと高くあなたの「才能と貢献」を評価してくれる男性を、探せば出会えるということを知っておくだけでも、視野を広くもてると思います。

ここからは少し辛辣な意見を書いていきます。

恋愛を通して彼をみていると見方が偏ってしまうのですが、ビジネスマンとしての彼を見たとき、彼は本当に仕事ができてイケてる人なのか?と、見る目を持っていると、パートナー選びには役立ちます。

恋愛は感情で結びつく関係ですがパートナーとなれば一緒に生活を運営する相方ですので、相手の仕事力は高いほうが、有難いですよね!お金もたくさん稼いできてくれたほうがそれはいいでしょう。

他人の貢献を評価できるビジネスマンと、他人の貢献を評価できないビジネスマン。この2種類の男性を比較すると、ビジネスマンとしてのレベルにやはり差があります。ということは、収入や将来的に形成する資産の額にも影響は少なからずあると思っていてもいいです。

私は、年収でいうと1億円を超えるようなお金持ちがどのように働いているのか、すごく間近で見てきているので、お金持ちの人たちが普段からどのようなことに気を遣いながら生活しているのか、振る舞いを観察しているのですが、特にここ2~3年ぐらいでお金持ちの人が大切にして、意識しているポイントが変わってきているんですよ。

今の時代のお金持ちが大切にしてるのは『他人に対するマネジメント』です。

それでも一昔前はちょっと違っていて「オレについてこい系」の俺様でカリスマ系の人がお金持ちになっていた印象があったんです。天才にみえる自分を演出することがお金を稼ぐために重要だった時代もありました。でも今って、時代が変わったんですよね。「オレについてこい系」だともう、人はついてこないんだなと感じます。

もっと自分の頑張りが認められる、素敵な上司や社長がいる会社に行きたいなって思う人が増え始めて、時代の需要を敏感に察知したお金持ちの人たちは、これまでの自分のスタイルを変えて「他人の才能と貢献を高く評価する」という風に性格を変えてきてるんですよね~。

これが、先ほどの話につながります!!

今の時代、ビジネスマンとして上を目指そうとしたら「他人の才能と貢献を高く評価できること」は必須スキルじゃないかなと感じます。これを仕事で意識しているビジネスマンは、日頃から他人に対するケアを心がけているので、身体に染みついているんですよ。他人をよく観察しているし褒め方もとても上手。女性の前でも洗練された振る舞いがクセで出ちゃうって人もきっといると思いますね〜!

尽くしても尽くしても報われないって時は、尽くす相手と今いる場所を、間違えている可能性もありますよ。世界はもっと広いです。外に目をむけて、あなたの才能と貢献を認めてくれる男性を、選ぶのはいかがでしょうか?

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】 好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか?? 心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/ 実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。 「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^ 「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか?? 今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】 世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。 しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。 カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。 では、どうしたらいいのでしょうか?? それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。 少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。 今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】 私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。 「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。 それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。 今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。 はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。