大胆な演出にくぎ付け!海外で話題の「ガータートス」まとめ

Cover image: item.rakuten.co.jp

結婚披露宴を開催する際、新郎新婦にとっても参列してくれるゲストにとっても、思い出に残る演出を取り入れたい……♡と思っていませんか?
おしゃれな新郎新婦におすすめしたいのは、海外では定番のイベントとされている「ガータートス」です。
ちょっぴりセクシーなイベントで日本ではまだあまり馴染みがありませんが、“幸せのおすそ分け”との意味のある演出なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ガータートスって?

今回ご紹介するのは、披露宴の際に海外で定番とされている演出の1つである、「ガータートス」です。

ガータートスとは、花嫁が左足の太ももにつけているガーターリング(靴下留め)を外して、未婚の男性へ投げるという演出!

日本でもおなじみのブーケトスは、花嫁が背を向けて未婚の女性ゲストに向かってブーケを投げますが、ブーケトスはキャッチする相手が未婚の男性というのが最大の違いです。

ガータートスは、花嫁が投げたガーターを手にした男性が、次は花婿になるという言い伝えの、“幸せのおすそ分け”を意味するイベントです。

ガータートスの始まりは、ヨーロッパと言われています。
ヨーロッパでは、昔から“花嫁が身につけているものは縁起が良い”と言われていて、花嫁は身に付けているものを手に入れようとするゲストから逃れるため、自分の身につけているものを投げたという出来事が由来なのだそう。

その名残が、こうしてユニークなガータートスという演出になっているなんて、面白いですよね♡

ガータートスの演出の方法

「私たちの結婚式でも、ガータートスを取り入れてみよう!」と思ったプレ花嫁さんにご紹介したいのは、ガータートスの演出の方法です。

ヨーロッパなどの海外でのガータートスでは、ガーターリングを花婿が外すのが主流とされています。

しかし元の由来は花嫁が身に付けているものをゲストへ渡すというものだったので、花嫁が自らはずして投げてもOK♡

花嫁が自分でガーターリングを外しても良いのですが……

実際にはコルセットやパニエなどのインナーとウェディングドレスを身に付けている花嫁が、しゃがんでスカートの中からガーターリングを外すのは、至難の業。

無理な姿勢をするのはちょっと……というプレ花嫁さんは、彼にお願いしてガーターリングを外してもらいましょう♡

海外でのガータートスの演出は大胆!

花婿がガーターリングを外すのが主流という海外でのガータートスの演出は、日本ではちょっとびっくりしてしまうような大胆な演出になっています。

なんと、花婿が花嫁のスカートの中に潜り込んだり、ドレスの裾をまくりあげたりして、口でガーターロングを外す演出が主流なんです!

花婿の大胆な行動に歓声が上がって盛り上がるのが海外でのガータートスのお決まりですが、馴染みのない日本では、驚いてしまうゲストもいるかもしれませんね。

家族や親族、年配のゲストの方からすると、見慣れないうえに花嫁が露出をする演出に対して、「下品」と不快感を抱いてしまうゲストがいる可能性もあります。

目上のゲストの方を配慮するのであれば、ガータートスは結婚披露宴で行うのではなく、結婚パーティーや二次会などの友達が中心に集まる際に行うほうが良いかもしれません。

馴染みがない可能性があるので、事前に説明が必要!

それでも“幸せのおすそ分け”の演出であるガータートスを結婚披露宴で行いたい場合には、その意味をあらかじめ両親やゲストの皆さんに説明しておくことが大切です。

ガータートスの意味を知らずに突然行うと、それを見たゲストの方に誤解を招いてしまう可能性があります。

ただ盛り上がるからやっているのではなく、演出にこめられた意味を説明した上で行えば、ゲストの方の見方も変わってくるのではないでしょうか。

参列してくれるゲストの皆さんに、ガータートスの演出の意味を知って楽しんでもらいたいのであれば、披露宴開始時に司会の方から一言ガータートスの意味を説明してもらうことで、すんなりと受け入れることができるのではないでしょうか。

当日の説明では心配……という場合には、招待状の中に一言添えておく方法がおすすめ。

「当日は、“幸せのおすそ分け”の意味を込めたガータートスのイベントを開催予定ですので、未婚の男性はふるってご参加ください」
などの文面を記載しておけば、当日目にしても驚きませんよね。

ガータートスの演出の注意点▶事前に両親に相談しよう

セクシーな印象の演出であることから、「両親が見たらどう思うかな……」と、不安に感じるプレ花嫁さんも多いのではないでしょうか。

確かに、花婿が花嫁のスカートの中からガーターを外すという演出は、厳粛な雰囲気の披露宴であれば向かないと考えるご両親もいらっしゃるかもしれません。

結婚式は新郎新婦2人だけのためのものではなく、これまで育てて来てくれたご両親への感謝の気持ちを伝える場でもあります。

それを考えると、ご両親の意に背くのは、せっかくの門出の機会に水を差すことになってしまいかねません。

まずはご両親に、ガータートスの意味とどんな演出であるかという説明、そしてやりたいという意思を伝えてみましょう♡

ガータートスの演出の注意点▶誰がどう外すのか決めておく

ご両親への確認やゲストの皆さんへの伝達を済ませたら、どのようにガータートスの演出を行うかを考えましょう。

ガータートスの際のガーターリングの外し方によって、見え方やイメージは大きく変わってきます。重要なのは、誰がどのように外すかということ!

ガーターリングを外す際に、花嫁は座るのか立っているか、そして外す際に花嫁の足が見えるか否かという点をしっかり決めておきましょう。

そうすることで参列してくれるゲストの方に与える印象を、前もって確認しておくことができます。

ガーターリングを花婿が外すと決めたのであれば、なるべく花嫁の足の露出を少なくすることで、セクシーすぎる印象になりません。

ガータートスの演出におすすめ①フラワーモチーフ

item.rakuten.co.jp

ガータートスを演出に取り入れることに決めたのであれば、飛び切り可愛く、ゲストの印象にも残るおしゃれなガーターリングを使いたいですよね♡

清楚なイメージの花嫁姿にぴったりなのは、純白のフラワーモチーフがあしらわれたガーターリングです。

2本セットになっているので、着用するだけでおしゃれなアクセサリーのようなイメージに仕上がります。

ガータートスには欠かせないキャットガーター

¥6,336

販売サイトをチェック

ガータートスの演出におすすめ②手作りキット♡

item.rakuten.co.jp

幸せをおすそ分けするガータートスですから、新郎新婦にとって思い出に残る演出にしたいですよね♡

ガーターをキャッチするゲストの方に、少しでも多くの幸せを届けたい!というプレ花嫁さんにおすすめしたいのが、手作りのガーターキットです。

意外と簡単に、可愛いガーターリングが出来上がるのでおすすめですよ。

サムシングブルーリボンのレースのガーターベルト 【手作りキット 結婚式】

¥1,850

販売サイトをチェック

ガータートスの演出におすすめ③老舗ブランドの定番アイテム

item.rakuten.co.jp

最後にご紹介するのは、老舗下着メーカーであるWACOAL(ワコール)のブライダルラインから発売されているガーターリングです。

幸せを呼ぶといわれているサムシングブルーを取り入れたデザインのガーターリングは、ボリュームがあってゴージャスな印象♡

とっておきの日にぴったりなアイテムです。

WACOAL キャットガーターリング サムシングブルー

¥3,230

販売サイトをチェック
いかがでしたか?
これまで参列してきた結婚式でも、あまり目にしなかったガータートスのイベントは、男性ゲストにスポットが当たるイベントいう面でも、最近注目を集めています。
印象に残る演出を取り入れたいと考えているプレ花嫁さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】リゾート婚なら忘れないで!当日持っていきたいアイテム特集

憧れの結婚式として、多くその名が上がるのが「リゾート婚」!暖かい地で挙げる結婚式は、一...

ガータートス 演出 結婚式 ウェディングドレス 海外

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる