恋愛依存の可能性が考えられる条件とは?彼との関係を見つめ直して!

LOVE

大好きな彼がいるのは良いことですが、気が付いたら“彼だけ”があなたにとって心の支えになっていませんか?
他のことに目を向けられないほど彼にハマってしまうのは「恋愛依存」といえそうです。
一番怖いのは、気が付かないうちに「恋愛依存」に落ちってしまうこと!
今回は、恋愛依存の可能性が考えられる条件をご紹介します。

恋愛依存の可能性が考えられる条件①彼といる時だけいきいきしている

見つめ合うカップル

あなたにとってだけではなく、誰にとっても“彼”の存在って大きいもの!
一緒にいたら笑顔になれるし、喜びだけでなく悲しみも共有できる存在ですよね。

もちろん彼と過ごす時間を楽しむのは良いことです。
しかし、彼と一緒にいる時“だけ”いきいきとするというのは、「恋愛依存」の可能性が考えられる条件の一つなので要注意!

他にも、“一緒にいないと、ハッピーな気持ちになれない”というタイプの人も、恋愛依存の可能性が考えられます。

彼といる時だけが楽しいのではなく、彼といる時間もあるからこそ、他の時間も楽しいと思えるようになりたいですよね。

恋愛依存の可能性が考えられる条件②彼が出張に行くと、鬱のように気がめいってしまう

落ち込む女性

続いてご紹介する、恋愛依存の可能性が考えられる条件は、彼が出張に行くと、鬱のように気がめいってしまうこと!
お互いに仕事をしている関係であれば、彼が出張へ行く機会もあるでしょう。

彼が仕事で出張へ行き、数日帰ってこない……。
このタイミングで、本気で気がめいってしまい、鬱のような状態になってしまうのであれば、それは恋愛に依存しているといえるでしょう。

確かに、毎日のように顔を合わせている彼に数日会えないは、悲しいことですよね。

しかし、あなただって仕事をしたり家事をしたり、友達と遊んだり……と、毎日やることはたくさんあるはず!

彼はいない日に鬱状態になってしまうことがある人は、他のことに目を向ける工夫が必要です。

恋愛依存の可能性が考えられる条件③一人になるのが怖い 

落ち込む女性

どうして彼との恋愛に依存しているのか……。
それは、“一人になるのが怖い”から!

この“一人になるのが怖い”というのも、恋愛依存の可能性が考えられる条件の一つです。

彼のことが好きで、お互いを高め合うために一緒にいるはずなのに、いつしか一人になるのが怖いという理由で、彼と一緒にいませんか?

“一人になるのが怖い”と感じてしまっている人は、少しずつ彼のいない場所にも足を踏み込んでみる練習をし、“一人の時間も楽しい♡”と思えるようにしましょう。

恋愛依存の可能性が考えられる条件④彼を失うのが怖い

微笑み合うカップル

他にも、“彼を失うのが怖い”という気持ちがあるというのも、恋愛依存の可能性が考えられる条件の一つ!

たしかに、お互い好きな気持ちがあってお付き合いをしているのですから、彼がいなくなってしまうことを考えたら、誰だって悲しい気持ちになってしまいます。

しかしその彼を失うことが怖いという気持ちが先行し、そのことに対して恐怖心を感じてしまうのであれば、それは「恋愛依存」の可能性が考えられます。

恋愛依存の可能性が考えられる条件⑤気を引きたくてケンカを仕掛ける

喧嘩するカップル

彼にかまってもらいたい、私に対して「好き」という言葉をかけてほしい!

そんな気持ちが強いばかりに、彼の気を引きたくてケンカを仕掛けてしまっていませんか?
この気を引きたくてケンカを仕掛けるというのも、恋愛依存の可能性が考えられる条件の一つです。

それでは恋愛依存なだけではなく、ただの“構ってちゃん”だと思われてしまう可能性が高いので要注意!

初めは可愛いケンカのつもりが、どんどん度を越して大きなケンカになってしまうので、このクセは早いうちに直しましょう。

恋愛依存の可能性が考えられる条件⑥シーンを選ばずに彼を呼ぶ

喧嘩するカップル

あなたにとって彼の存在が大きすぎて、どこでもかしこでも彼を呼び寄せてしまっていませんか?

仕事が終わるとすぐに「彼に迎えに来てもらうんだ」という女子も、恋愛依存の可能性が潜んでいそうです。
このクセは恋愛依存の可能性が考えられる条件の一つなので、どんどんシーンを選ばなくなってきたら要注意!

中には女子会にまで彼を呼んでしまう人もいますが、これは重度の恋愛依存といえそう。

彼がいなくたって、お互いに気持ちが通じていれば、それでいいんです♡

恋愛依存の可能性が考えられる条件⑦貢いでしまう

ご飯中のカップル

誰が考えても恋愛依存の可能性が考えられる条件だと判断できるのが“貢ぐ”こと!

これも、「プレゼントしたい」という気持ちは良いのですが、財布が空っぽになるまで、彼の「支払い」をしたいという考えになってしまうのがいけないのです。

もしそうなってしまったら……それは本物の「恋愛依存」といえるでしょう。

気が付かないうちに、恋愛依存になっていた……。
なんていうことにならないために、まず自分に当てはまる条件がないか確認しておきましょう。
もし心当たりのある節があれば、冷静に今の彼との関係を見つめなおし、あなたにできる方法で、自分の時間を作って気持ちを落ち着かせることが大切です♡