どこを切り取ってもおしゃれ♡フォトジェニックな都内のレトロ建物

LIFESTYLE

年中公開になったことでも話題になった、迎賓館 赤坂離宮。
そのゴージャスでフォトジェニックなシチュエーションは、デートにもピッタリなんです♡

そんな赤坂離宮を始め、都内には歴史を感じるモダンな建物がたくさんあることをご存知でしたか?
年配の方だけではなく、実はおしゃれカップルのデートスポットとしても人気なんですよ♡
まるで映画のセットのようで、どこを切り取ってもフォトジェニック!
そんなオシャレでレトロな建物をご紹介します。

秋間 恵璃
秋間 恵璃
2016.09.27

フォトジェニックな都内のレトロ建物① 迎賓館 赤坂離宮(四谷)

出典:www8.cao.go.jp

まるで「ベルサイユ宮殿」のようないでたちですよね。
このゴージャスな洋館は、つい最近年中一般公開されることが決まった、迎賓館 赤坂離宮です。

迎賓館 赤坂離宮の魅力は、なんと言っても洋館の中に見える隠れする、日本の魅力とこだわり♡

2016年2月の試験公開後、日本だけでなく、世界各国から迎賓館 赤坂離宮を見るためにたくさんの人が集まってきていることに、思わず納得してしまうほど見ごたえのある空間です。

◆迎賓館 赤坂離宮
住所:〒107-0051 東京都港区元赤坂2−1−1
電話:03-3478-1111
営業時間:10時~17時

迎賓館 赤坂離宮(四谷)

フォトジェニックな都内のレトロ建物② 旧岩崎邸(湯島)

出典:teien.tokyo-park.or.jp

湯島にある旧岩崎邸は、壁紙が美しいことで有名な洋館と、和式邸宅の両方を楽しめることが魅力的♡

1896年に完成された洋館は、重きのある風貌で、圧巻してしまうほど……!
広い庭園もあり、洋館の入り口で撮る写真は、何ともフォトジェニック。

カフェがあるので、秋のお散歩デートにもオススメです。

◆旧岩崎邸
住所:〒110-0008 東京都台東区池之端1丁目3−45
電話:03-3823-8340
営業時間:9時〜17時

旧岩崎邸(湯島)

フォトジェニックな都内のレトロ建物③ ニコライ堂(御茶ノ水)

出典:nikolaido.jp

建立にあたった、ロシアの亜使徒聖ニコライの名が付いた教会は、ステンドグラスとドーム屋根が荘厳な雰囲気を醸し出していて、とてもロマンチック♡

四季折々の花が咲き乱れ、これから迎えるクリスマスの時期には、キリスト教ならではの習わしを学ぶことも出来る空間です。

たまには静かに、しっとりとしたデートを楽しみたいと思っているカップルにオススメしたい空間です。

◆ニコライ堂
住所: 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-1-3
電話:03-3295-6879
営業時間:季節によって異なるため、事前にHP等をチェックしてください。

ニコライ堂(御茶ノ水)

フォトジェニックな都内のレトロ建物④ 旧古河庭園(駒込)

出典:teien.tokyo-park.or.jp

海外にありがちな白亜の洋館ではなく、深みのあるカラーが印象的な旧古河邸は、まるで映画のセットのよう♡

季節によって楽しめる、ライトアップされる洋館やバラ園は、他のスポットでは味わえないロマンティックな空間です。

そして敷地内には、和風庭園やカフ(茶室)もあるので、見学後にのんびり休憩することも出来ますよ。

◆旧古河庭園
住所:東京都北区西ヶ原1-27-39
電話:03-3910-0394
営業時間:9時~17時

旧古河庭園(駒込)

フォトジェニックな都内のレトロ建物⑤ 山本亭(柴又)

出典:www.katsushika-kanko.com

大正末期に建設された山本帝は、歴史ある建物。

その細部にまでこだわったいでたちが素敵で、和洋折衷の邸宅に魅力を感じて訪れる人が後を絶たないそうです。

山本亭が魅力的なのは、その建物だけではありません!
和風庭園や、併設されているカフェも、居心地が良いと評判なんですよ♡

◆山本亭
住所:東京都葛飾区柴又7丁目19−32
電話:03-3657-8577
営業時間:9時~17時

山本亭(柴又)

フォトジェニックな都内のレトロ建物⑥ 江戸東京たてもの園(武蔵小金井)

出典:tatemonoen.jp

建設された1993年より、現在至るまで人気を博している江戸東京たてもの園。

「野外型博物館」とうたっているだけあり、そのレトロ建築とインテリアをまとめて楽しめる!と話題を集めています。

まるでタイムスリップしたかのような街並みなので、写真に収める楽しさがたくさん詰まっていますよ♡

◆江戸東京たてもの園
住所:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
電話:042-388-3300
営業時間:9時半~16時半

江戸東京たてもの園(武蔵小金井)

どの建物も、それぞれの個性的な魅力にあふれており、フォトジェニック!
Instagram(インスタグラム)などのSNSを楽しんでいる4meee!読者さんたちは、どこも気になる空間なのではないでしょうか♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。