いつでもどこでもお手軽サラダ♡「ジャーサラダ」って知ってる??

LIFESTYLE

サラダは日持ちしないし持ち運ぶには不便なイメージがありませんか?
この「ジャー・サラダ」は簡単に作れるのに日持ちしてどこでも食べられるサラダなんです!
しかも見た目もおしゃれなので注目されています☆

ジャーサラダって?

この「ジャーサラダ」は、いまおしゃれなニューヨーカー達に大人気のサラダ♪
作り方がすごく簡単で、順番に野菜を瓶につめるだけ!
約5日間冷蔵庫で保存可能なうえに、野菜のシャキシャキ感や新鮮さは持続するといわれています。

どうしても学校や会社だと、サラダを食べるのは難しいしわざわざ買うと高くなりますよね。
そんなときダイエット中のお昼ご飯にしたり、忙しくて栄養が偏りがちな夜ご飯のために冷蔵庫に作り置きしておいたりとジャーサラダは大活躍なんです♪

ジャーサラダの作り方は簡単!!

<ジャーサラダの作り方>
1.瓶を煮沸消毒した後、よく乾燥させる。
2.野菜はきれいに洗い、自分が食べやすい切るってしっかりと水切りをする。
3.瓶の中に野菜を詰めていく。順番はドレッシング・きゅうり・にんじんなどの重い野菜・トマト、アボカドなど・葉物の野菜の順に入れていき、隙間なく詰める。
4.蓋をして冷蔵庫で保存しおけば完成。

たったこれだけ!なのにおしゃれに見えちゃいます♡

食べるときはそのままフォークなどで食べるか、瓶を振ってサラダボウルなどにひっくり返して盛り付けてもOK♪

メイソンジャーがおしゃれ!

「ジャーサラダ」といえば、メイソンジャーを使うのがNYの定番。
メイソンジャーはアメリカに昔からあるガラスの保存容器のこと。
蓋が2重構造になっているので密封力が高いと評判なんですよ♪

メイソンジャーのポイントは、シンプルでレトロおしゃれなところ!
瓶を置いてるだけでもなんだか素敵な雰囲気になります。

ジャーサラダ以外にもメイソンジャーはレモネードを入れてストローをさしたり、スムージーやアサイーを入れたりとおしゃれさんに必須アイテム!

自分次第のバリエーション♪

野菜の入れ方も種類もドレッシングだって自分の好きなものが選べるところがジャーサラダのいいところ♡
栄養価の高い葉物をたっぷり入れて美容サラダにしても◎

ご飯、アボカド、きゅうり、のり、蟹身を入れてカリフォルニアロール風なんてアレンジもできます。これならサラダと一緒に軽食にもなりますね。

他にオススメなのはチキンやパスタを入れたサラダです。

「ジャーサラダ」のよさを分かってもらえましたか?♡
時間があるときにささっと作り置きしておけばいつでもどこでもおしゃれなサラダを食べられますよ!!