これまで通りのケアは通用しない!?40代女性の顔の悩み特集

40代になるとホルモンバランスが乱れ、体調に影響します。
肌にも不調はあらわれ、顔に関する悩みも増えてくるものです。
今回は特に、40代女性が感じる顔の悩みをクローズアップしていきます!

目次

年齢による影響が大きい……顔に関する悩みを抱える女性たち

いつまでも美しい肌でありたい。
それは、全ての女性の願いですよね。

しかし、あるアンケート調査によると、肌に自信のある女性は、全体の2割程度なのだそう。
また、特に顔に関する悩みを抱えている女性が多いようです。
肌のトラブルは年齢によって若干違いはありますが、加齢に伴い深刻化していくのです。

例えば、10~20代では毛穴の黒ずみやニキビ、30代ではシワやシミに目の下のクマ、毛穴のひらき、40代以降は乾燥やくすみ、たるみなどの悩みが上位を占めているようです。

「25歳はお肌の曲がり角」などといわれますが、実際、肌のピークは20代前半なのだそう……!
毎日外気にさらされている顔や首、手などは、悲しくなるほど年齢が刻まれやすい部分です。

また、肌の状態は年齢だけでなく、生活環境によっても左右されることが分かっています。
紫外線を多く浴びる人は、そうでない人よりも肌ダメージは年齢を重ねるごとに深刻に……。

日頃から気を配ることが大切なんですね。

更年期症状が与える顔への影響

40代になると、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少していくことで、更年期症状があらわれやすくなるといわれています。

エストロゲンは、全身の健康や女性の美しさに大きく影響するホルモンといわれ、肌の水分保持や、ハリ・弾力をキープする役割があります。
エストロゲンが減少すると髪の艶が無くなったり肌が乾燥したりと、影響が顕著にあらわれるようになります。
悪玉コレステロールの増加、太りやすい、骨粗しょう症など、生活習慣病のリスクも高くなるそうです。

顔への影響としては、乾燥によるシミやしわ、くすみ、かゆみ、赤みといった肌トラブルが急増するともいわれています。
老化も影響し、メイクでは隠せないほど肌が荒れてしまうケースもあるのだとか。

また、顔だけでなく全身にあらわれることもあります。
腕や背中、足がカサカサして痒みが酷く、薄くなった肌をかきむしってしまうので、傷ができてしまうことも……。

皮脂の分泌量も不安定になるため、水分不足だけでなく、皮脂不足によっても乾燥肌が引き起こされます。

40代女性に多い顔の悩み①しみ、肝斑

40代女性に多い顔の悩みとして、しみや肝斑があげられます。
これら2つの違いはご存知でしょうか?

しみは、紫外線を浴びることでダメージを受けできるものです。
紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生し、肌細胞が酸化してしまいます。
酸化するとダメージを防ごうとして、表皮の一番深いところにあるメラノサイトからメラニン色素が作り出されます。

通常、黒色メラニンと呼ばれる色素で、日焼けをした時に肌が黒くなるのは、この色素が増加するためです。
肌を黒くすることで、紫外線が肌の奥まで届かないようにブロックする働きをしているのですが、ターンオーバーが上手くいかず、メラニン色素が皮膚に残ってしまうと色素沈着を起こしてしまうのだそう。

これが、しみの正体です。

肝斑もしみの一種です。
しみとの決定的な違いは、紫外線を浴びなくてもできてしまう点。

一番の原因は、女性ホルモンのバランスの乱れです。
肝斑の発症時期は、ホルモンバランスが乱れる30代〜40代といわれているのです。
高齢になって発症することはないそうです。

頰骨沿いや目尻の下辺りにある左右対称のしみは、肝斑の可能性が高いと考えられています。

40代女性に多い顔の悩み②シワ、ほうれい線

40代になると加齢に加え、肌のハリや弾力を保つ女性ホルモンの1種エストロゲンが減少することで、肌の乾燥が進み、シワやほうれい線が目立つようになってきます。

また、ホルモンの減少だけでなく、間違ったスキンケアやコラーゲン不足、紫外線、ストレス、不規則な生活習慣、姿勢の悪さ、運動不足など、シワやほうれい線の原因はさまざまあるるのです。

20代や30代の頃とは、格段に肌の調子が変わってくる40代。
スキンケアも年齢肌、“ゆらぎ肌”に合ったものにシフトしていく必要があります。

スキンケアに加えて、顔ヨガやリンパマッサージなども併せて行うと、シワやほうれい線の改善が期待できるようになるでしょう。

紫外線対策を万全にして、ストレスの少ない生活を送ることが大切ですね!

40代女性に多い顔の悩み③たるみ

顔のたるみは、外的要因と内的要因と生活習慣によって作られます。

外的要因として主にあげられるのが、乾燥と紫外線です。
大気が乾燥すると、肌の水分が奪われやすくなります。
潤いが奪われた肌は、トラブルの宝庫……。

紫外線は、真皮のコラーゲンやエラスチンなどを破壊し、肌の弾力を奪います。
ハリや弾力を失った肌は艶がなくなり、シワやたるみの原因となるのです。

内的要因は、加齢による細胞の老化です。
たるみを作る生活習慣とは、睡眠不足と栄養不足といわれています。

睡眠中は肌のダメージを修復する、成長ホルモンが分泌されるといわれていますが、睡眠不足だと酸素、栄養、老廃物の交換が滞り、たるみにつながるそうです。

栄養面では、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富な食材を意識して摂るように心がけたいですね。

40代女性に多い顔の悩み④くま

一度できるとなかなか取れない、目の下のくま。
印象は目元で決まるといいますが、目の下にくまがあると、年齢よりも老けて見られますよね。

目の下のくまには、青くま、黒くま、茶くまの3タイプがあります。
くまの程度によって、色分けがされています。
青くまは血行不良、黒くまは老化、茶くまは色素沈着やくすみが主な原因とされています。
くまを撃退するなら、まずは自分のくまのタイプを知ることが大切です。

ただ、40代になると加齢もあり、3タイプのくまが混ざり合った複合タイプのくまができやすくなるそうです。

目の周りを温めて血行を良くしたり、目の周りの皮膚に有効なアンチエイジング力のあるアイクリームを使ったり、美白効果の高いアイクリームを使ったりと、複合的なくまの悩みに、丁寧に取り組んでいかなければなりません。

40代女性に多い顔の悩み⑤くすみ

肌のくすみも、40代女性になると多く聞かれる顔の悩みです。

くすみの原因は、乾燥や紫外線、血行不良の他に酸化皮脂汚れや角質肥厚があげられます。

角質肥厚とは、正常な角質層に比べて分厚くなった角質層のことをさします。
加齢により、肌のターンオーバーが乱れることが一番の要因です。
剥がれ落ちるはずの古い角質が肌にとどまってしまうため、角質肥厚状態になります。
つまり、肌表面のキメが乱れて、手触りはゴワゴワに……。

角質層内にある保湿因子やセラミドが奪われやすい状態になるため、化粧水で整えようとしても、浸透しにくいとされているのです。
丁寧な洗顔とターンオーバーを助ける、エイジングケアの基礎化粧品で油分や水分を補いましょう。

また、血流を良くするために運動を習慣づけることも大切です。

40代女性の顔の悩み解消法①スキンケアを変える

40代女性が抱える、顔の悩みを解消するための方法を3つご紹介します。

最初は、スキンケアについて!

40代になると、20代や30代の頃のままの肌状態ではありません。
肌の調子が良くないと感じたら、思い切って基礎化粧品を変えてみましょう!

加齢やホルモンの乱れにより、ダメージを受けた年齢肌に合うのは、アンチエイジングが期待できる基礎化粧品です。

洗顔料は、低刺激のものが良いでしょう。
汚れを落とす洗顔は、肌を整えるためにも重要なポイントです。

低刺激の洗顔料をしっかり泡立て、泡を滑らすように使うことで、肌への負担も減らすことができるでしょう。

アンチエイジング用の化粧水の前に、ふき取り専用の化粧水を使うこともおすすめです。
古い角質を定期的に取り除くことで、その後に使う化粧水の浸透力がアップしますよ♡

40代女性の顔の悩み解消法②生活習慣を見直す

40代女性の顔の悩みに効く2つ目の解消法は、生活習慣を見直すこと!

ホルモンバランスを整え、基礎代謝を上げるためには規則正しい生活は欠かせません。
しかし、40代女性は仕事や家事、育児などで毎日が大忙し。
そんな人でも取り組める、規則正しい生活習慣のポイントをご紹介します!

まずは、自分の生活の流れを見直してみましょう。
円グラフなどで表してみると、分かりやすいですよ。

そして、まずは毎日同じ時間に寝て起きること、1日3食同じ時間に食べることを重点的に取り組んでみてはいかがでしょうか?
眠っている間に成長ホルモンの分泌が促されるので、なるべく睡眠時間を確保し、健康的な肌を目指しましょう!

40代女性の顔の悩み解消法③専門のクリニックに通う

顔の赤みやかゆみがひどい、ブツブツなどの症状がある、スキンケアを変えても肌の調子が改善されない場合は、皮膚科や専門クリニックを受診してみるのも一つの手です。

専門クリニックでは、弱った肌を真皮層から元気にしてもらえるような施術や、たるみや目のくまにも対応しているそうです。
多くの美容外科や美容皮膚科では、無料相談も行われています。

気になるクリニックがあれば、まずはホームページなどで医師の経歴や施術内容、料金などをチェックし、分からないことや気になることを相談しても良いですね♪

東京と大阪に限定されますが、日本で唯一の目のくま専門の美容外科もあるようですよ!

◆銀座みゆき通り美容外科 くま治療本部
銀座本院
住所:東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階
電話番号:0120-858-800(繋がらない場合は03-6218-0295)

大阪院
住所:大阪府大阪市北区芝田1-10-8 山中ビル 8階
電話番号:0120-020-878(繋がらない場合は06-6373-7795)

銀座みゆき通り美容外科 くま治療本部

40代になると、若い頃とは違って顔の悩みが増えてきます。
かゆみで引っ掻いてしまったり、粉をふくほど乾燥したり、運動をしたわけでもないのに赤ら顔になったり、たるみや目の下のくまができたりするなど、手に負えないことも……。



今回はそうした顔に関する悩みと解決法をご紹介しました。
顔の悩みを解決して、楽しい40代を過ごしていきたいですね♡

【関連記事】アンチエイジングにオススメ!「成長ホルモン療法」とは

年齢と共に肌の質感が衰え、代謝や体力の低下を感じたり、イライラすることが増えてきていま...

悩み 40代

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

西沢聖子

コーヒーの美味しさに目覚めました。
と言いつつ、ブラックは飲めないので、もっぱらカフェオレ派…

>もっとみる