「お疲れ肌&髪」を復活させよう!夏の終わりにしたいケア方法

みなさん、2017年の夏は満喫できましたか?
夏を満喫して、さあ、秋だ!と思ったとき、鏡をみて思わずギョっとすることもあるのではないでしょうか。
夏は紫外線やクーラーによるダメージを大きく、肌も髪もお疲れ気味になりがちです。
夏の疲れ・ダメージをしっかりとケアする方法をご紹介します。

夏のお疲れ肌のケア方法▶︎乾燥をいたわろう

夏の疲れが溜まったお肌は、主に乾燥によるダメージを受けています。
紫外線やクーラーの風によって、乾燥した状態になっていることが多いんですよ。

お肌のコンディションを整えるには、美白ケアと共に乾燥のケアをすることをおすすめします。
じっくりとパックなどをして乾燥をいたわれば、疲れたお肌も元気に回復しますよ。

お肌のターンオーバーを考えると、最低でも一か月続けてケアしなければ、根本解決したことにはなりません。
すぐに効果が出なかったからといってあきらめずに、一か月ケアを続けましょう。

また、夏の間暑いからといって、入浴を避けていた人も要注意です。
入浴をして身体を温めて血行をよくしないと、むくみが取れにくい身体になったり、顔色が悪くなったりしますよ。
普段から、しっかりと入浴することを心掛けましょう。

夏のお疲れ肌のケア方法▶︎内側ケアも大切

夏のお疲れ肌は、外側からだけでなく内側からもケアしなくてはいけません。
特に、暑さのせいで食欲がなくなっていた方は要注意です。

栄養不足に陥ると、本来のお肌の輝きが失われてしまうのです。
早めに栄養不足を補い、お肌を復活させないと将来が不安です。

お肌の細胞を元気に生まれさせるには、たんぱく質が必須です。
赤身のお肉や大豆や魚など、たんぱく質をしっかりと摂取しましょう。

お肌の回復には、腸の機能を整えることも大切です。
夏の間冷たいものなどで、お腹を冷やすこともあったかと思います。
ですが夏の疲れを癒すためにも、温かいものを飲み、乳酸菌や食物繊維をしっかりと摂って、腸を元気にすることも大事ですよ。

夏のお疲れ肌のケア方法▶︎運動で筋肉を鍛え直そう

夏バテのせいで食欲がなく、体重が落ちてしまった方もいるかもしれませんね。
ですが、ダイエットにもなってラッキー♪と思うのは、大きな間違いです。

特にアラサー世代は、体重が落ちたのは筋力が低下したためだと考えた方がいいのです。
筋肉が落ちた分、体重も減ります。
ですが肝心の脂肪は落とせていないし、筋力低下は基礎代謝の低下にもつながり悪いことだらけ……。

涼しくなり始めたら、しっかりと運動を取り入れて、筋肉を鍛え直すことが、夏のお疲れ肌ケアで大切なことです。

夏のお疲れ髪のケア方法▶︎トリートメントで徹底ケア

夏が終わってお疲れ気味になっているのは、お肌だけではありません。
紫外線や海水、プールの塩素などで髪もダメージを受けています。
ダメージを受けた髪は、トリートメントでいたわりましょう。

ヘアパックなどを利用して、お風呂でケアするのと共に、日中もオイルやクリームなどでトリートメント効果を保つようにします。

また、頭皮も日焼けなどのダメージを受けている場合があるので、頭皮専用のトニックなどでケアしましょう。
美容院のトリートメントメニューを試すのも、夏が終わったころがベストです♪
夏のお疲れ肌や元気のなくなった髪をケアする方法をご紹介しました。
夏バテは、肌や髪だけでなく、体重にもあらわれます。
秋から元気に過ごすためにも、しっかりといたわって、潤いを取り戻しましょうね!

【関連記事】夏が終わっても油断禁物!秋冬仕様の毛穴レス肌をつくるスキンケア

多くの女性が悩んでいる毛穴問題、メイクではカバーしにくいため、顔を近づけられると「ドキ...

ケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mariko tsuboi

結婚3年目、読者モデル。
女性ならではの視点で記事を書かせていただいています。

>もっとみる