恋愛にも応用できる!5秒で好印象を作る「ピーク・エンドの法則」

みなさんは心理学の用語である、「ピーク・エンドの法則」という言葉を聞いたことがありますか?
このピーク・エンドの法則を知っておくと、人付き合いがスムーズになったり、仕事が円滑に進んだりと、良いことがたくさん舞い込んできます♡
これだけではなく、恋愛にも応用できるので、さっそくチェックしてみましょう♪

何事も終わりが大事だった!「ピーク・エンドの法則」とは

今回ご紹介する「ピーク・エンドの法則」とは、行動経済学につづられたある法則のこと。

恋愛や仕事、対人関係とどんなシーンにおいても共通することですが、「何事も、ピーク時とラストが大切」であるということが、このピーク・エンドの法則の意味です。

たとえるならば、どんなに全体的な描写が美しい映画だとしても、いまいち記憶に残らないピークやラストだったら、やっぱり記憶に残らない“イマイチ”な映画としてインプットされてしまいます。

逆に言えば、全体的なストーリーや描写はイマイチでも、ピークとラストの盛り上がりが絶頂であれば、良い印象として記憶に残るのです。

この心理を活用した行動こそが、ピーク・エンドの法則♡
早速この心理を使って、恋愛上手になってみましょう!

ピーク・エンドの法則を恋愛に応用!初対面の人に対しても、去り際が大事♡

新しい出会いがあった時に、どのように自分を印象付けたらよいかもわからないし、次に会うまでの時間を不安に感じてしまうことはありませんか?

この時に感じる不安は、「印象が薄れてしまうこと」や、「私のことを覚えてないかな?」などというものがほとんどですよね。

これは、初対面の友人や異性だけに言えることではなく、ビジネスでも活用したい大切なこと!
どんなシーンでも「また会いたい!」と思ってもらえる人になるには、去り際が大事だったのです♡

ピーク・エンドの法則を恋愛に応用!一緒にいた人には、「楽しかったこと」を伝えて!

「また会いたい」と感じた友人や異性には、ピーク・エンドの法則を活用することが大切です。

一日を共に過ごした相手であれば、去り際の印象をよくし、ピーク・エンドの法則を存分に発揮してみましょう♡

「今日は、こんなことがあったよね!」「とっても楽しかった♪」と、「あなたといられたことが楽しかった」という素直な感想を、笑顔で相手に伝えましょう。
この際「ありがとう」という感謝のセリフも忘れないようにしてくださいね。

そして楽しかった記憶を語った後には、少し寂しげな表情を見せるとなお良し。
楽しかった気持ちと、離れるのが寂しいという気持ちの両方をアピールすることができます。

ピーク・エンドの法則を恋愛に応用!急いで立ち去らないことも大事♡

何かと急ぎがちになってしまう別れ際ですが、こうした時でもピーク・エンドの法則を意識することをオススメします。

別れ際には急いで立ち去るのではなく、しっかりとお別れすることが、自分自身を印象づけるポイント♡

急いで席を立つのではなく、席からゆっくりと腰を上げたり、去り際には握手をするなどして、丁寧にお別れの時間を過ごしましょう。

「またね♡」「バイバイ!」と、もう一度振り返るのも効果的!

あなたが見送られる側の立場である時を想像してみましょう。

こうした時に相手が振り返って、もう一度お別れをしてくれたり、電車が出るまで待っていてくれたりしたら……想像してみると恥ずかしさもありますが、やっぱり嬉しいですよね♡

この気持ちを相手の立場に置き換えて、あなたが見送る側になった時には、たとえ相手が気付いていなかったとしても、これらを実践してみましょう。

別れた後は、もう一度振り返り「後ろ髪を引かれる思い」であることを表現できる女性になりましょう♡
「終わり良ければ総て良し!」とはよく言ったもの。古くから伝わる迷信は、まさにその通りだったのです。
相手の印象に残るような女性になるためにも、仕事でもプライベートでも、ピーク・エンドの法則を実践してみましょう♡

【関連記事】LINE以外で愛を伝えよう♡カップルの手紙交換のメリットと続けるコツ

彼との恋を長続きさせるためには、自分の気持ちをちゃんと相手に伝えることが大事。LINE(ライ...

ピーク・エンドの法則 恋愛 上手

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる