経営者の彼と付き合う方法

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第128弾】

「仕事に全力を注ぐ経営者の彼を好きになってしまいました...。付き合い方のポイントはありますか?」 このような質問をいただいたので、今回は、経営者との付き合い方について書いていきます。

経営者は独裁者

知っておくといいのは、自分で会社を創業して儲かっている経営者のウラの性格です。キラキラしているように見えていても実際のところは「独裁的」な性格をしています。

ビジネスを成功させているような男性は、自分だけが唯一正しくてオレは特別な人間であるという思想に基づいて行動しています。
そこまでの極端な信念が成功の秘訣でもあるので良い点ではあるのですが、悪い点では、自分の間違いを認めない。謝らない。ああ言えばこう言う。やられたら何倍にもなってやり返す。

独裁的なので、付き合っていると優しさや思いやりのカケラも感じられないといった、人間性を疑うようなことも日常的に起こります。本人に悪いことをしたという自覚は全くありません。すべての経営者がそこまで酷いかというと、度合いは人それぞれで、コミュニケーション能力を兼ね備えている経営者であれば「オレ様」な性格を感じさせないようには振る舞ってくれるでしょうが、独裁的であるという事実は変わらないのです。

「オレが法律」の経営者についていくことでうまくいく

経営者の彼女、もしくは家族はどのように彼と接したらいいか?というと「オレが法律」である経営者についていくことです。「あなたが正しい」「あなたの考えで全部決めてくれていいよ」と常に彼の決断を肯定することでうまくやっていけます。もしも、経営者と結婚して家族になるのなら、自分の意見は最初から通らないものだと思ったほうが良いでしょう。

あと、注意点としては「オレの気分」で言うことが毎日コロコロ変わります。経営判断からプライベートなことまでオレの気分やオレの機嫌で決めるのが経営者です。言うことが毎日変わっていることに本人は気付いていません。例えば、プライベートでは「この間はああやって言ったのに、約束を守ってくれなかった( ; ; )」と家族が泣いたとしても今日の自分の都合を正当化されます・・・。

自分を正当化することに関して経営者は大天才。口喧嘩をしても絶対に負けるのでするだけ無駄。ですから「あなたが全部正しい!」というスタンスを忘れなければうまくいくでしょう。

経営者と仲良くなるにはどうしたらいいか?

経営者と親密な関係になりたければどうしたらいいか?というと、とにかく彼をゴキゲンにさせることに尽きます。具体的な方法としては、


『演説させること』です。


経営者に自慢話や武勇伝を語らせて、褒めることに意識を集中して気持ち良くさせるのです。

やってみるとわかると思うのですが、経営者に演説させるのは案外、難しいのです。

ただひたすら、ウンウンと話を聞くだけで内容を理解していなければ、経営者は演説しながら気持ち良くはなれません。「すごいですね!」とうわべで褒め言葉を言われたとしても「薄っぺらい奴」と思われて心を開いてくれなくなります。もしも話の内容を理解していたとしても「いや、それは違くて」「私はこう考えてるんですけど」と議論されてしまうとそれもまた気持ち良くはなれないのです。

経営者の話している内容を理解したうえで「えー、どうやったらそうなれるんですか?」「なるほど!勉強になります」といったような彼をヒーローにする話の聞き方ができると、ゴキゲンになります。もっともっと演説したくなるでしょう。

私がこれまで聞いてきた経営者の演説

『演説』といってもイメージが湧きにくいと思うので、私がこれまで聞いてきた経営者の演説の数々をここに書きます。

・ビットコインの買い方、売り方の演説
(今、ビットコイン買う奴は馬鹿だけど馬鹿が買ってくれてるからいいんだよな~というような演説)

・オレは女に困ったことがない演説
(オレは幼稚園の頃からモテてきました。モテなかった時代がないんですという演説)

・税務署と戦った演説
(国税が来てカネを持っていかれたから喧嘩したという演説)

・訴訟されていた演説
(実はオレ、ヘンな会社に訴訟されてたんだよね。相手がカネとれると思ったんじゃない?まあ大丈夫だったけどね。何とかしました。会社もオレも無傷ですという演説)

・トランプ大統領に関しての演説
(アイツ、大統領にまでなっちゃってやばいよな。思考回路がオレは理解できる。まあ、オレもトランプに似てるって言われるけどねという演説)

・今日のワインの値段について演説
(今日飲んだワインでクルマ買えちゃうな〜とみんなの前で演説)

・闘病していた演説
(実はオレ、医者に死ぬかもって言われてたんだよな。仕事するなって言われてたけどそれでも仕事したけどね。今は完全復活しましたと不死身をアピールする演説)

・オレは顔が広いという演説
(このあいだ、どこどこの国の王子に呼び出されて行ってきましたよ。王子、いい人だったわ〜と演説)

・一流の仕事について演説
(目の前の仕事で結果を出していれば人脈なんて勝手にできるしカネも集まってくるんだけどね〜あたりまえのことが出来ない奴が世の中多いんだよなと演説)


はい!このへんで!終わりにします。
経営者の演説はもっともっと種類が豊富で書き切れません。これだけで1つのコンテンツが出来そうです!

まとめ。経営者は一緒にいて気分が良くなるオンナが好き

経営者は全員、一緒にいて気分が良くなるオンナが大好きです。外見がいい女性は連れて歩いていると気分が良くなるのでやはり有利にはなりますが、外見のいい女性よりも演説させることのうまい女性のほうが居心地としては上でしょう。外見も演説も両方揃っていたら最強です。

女性側の聞く力と理解力が高いと経営者の演説はノッてきます。会って話すと精神的に気持ちよくなれる相手になれば、離したくない相手になるでしょう。そんな女性はなかなかいないのでずっと選ばれ続けるのです。

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!