今増えているってホント!?「在宅ライター」のメリットとは

自宅のPC一つでできるお仕事として、最近増えてきているのが在宅ライターというお仕事です。
本業として活動する人から、隙間時間に副業としてする人まで、そのワークスタイルは様々。
どんなお仕事で、どんなメリットがあるのでしょうか?

在宅ライターってどんなお仕事?

在宅ライターとはその名の通り、オフィスに出勤することなく「在宅」で文章を書くお仕事です。

ライター業にはコピーライター、シナリオライター、新聞記者など数多く種類がありますが、中でも在宅ライターは始めるハードルが低いお仕事といえます。

アルバイト感覚で始めて経験を積めば、単価の高いお仕事も任せてもらえる可能性が広がるお仕事です。

在宅ライターのメリット①好きな時間・場所で働ける

在宅ライターのお仕事のメリットは、なんといっても働く場所や時間に縛られない自由なワークスタイルです。

晴れた日にはオープンテラスでお仕事をしたり、自宅で大切なペットと過ごしながらお仕事をしたり……。

好きな場所でできるお仕事のメリットは、ライフスタイルを自分スタイルに決められることですね♡

在宅ライターのメリット②経験や趣味を活かせる

住宅業界で働いていたなら、ハウスメーカー関連やインテリアのライティング。
金融会社で働いていたなら、マネーに関するライティング。

というように、自分の強みや特技をお仕事に生かすことができるのも在宅ライターのメリットの一つです。

ニーズの高い分野に精通していれば、お仕事もたくさん見つかるかもしれませんね♪

在宅ライターのメリット③子育て中でも働ける

女性のキャリア形成で悩ましいのが結婚や出産、子育てといったライフスタイルが変わるタイミングをどう乗り越えるかという問題。

女性特有の悩みでも在宅ライターなら、結婚や子育てをしていても自由に続けることができます。

これは女性にとってお仕事をしていく上で、大きなメリットではないでしょうか?

在宅ライターのデメリット①単価が安いものも

ただし!在宅ライターにはメリットがある反面、デメリットがあることも理解する必要があります。

例えば、SEO対策の文章を書くようなお仕事は、文字数が多いのに単価が数百円なんてことも……。
単価が安くても自分のやりたいことができるのかしっかり見極めることが重要です♪

いかに自分のスキルを伸ばすお仕事を選び、続けることができるかが在宅ライターとしてやっていくためのカギとなります!

在宅ライターのデメリット②意外と孤独?

主に自宅でお仕事をすることが多い在宅ライターは、孤独なお仕事ともいえます。

オフィスで働いているなら、同僚や上司に気軽に相談できることも、在宅では一人で問題を抱え込みがち。

落ち込みやすい、悩みやすいという人は、ちょっぴり考えた方がいいかもしれません。

在宅ライターのキャリアの積み方は自分次第

とはいえ、これからのワークスタイルとして在宅ライターのお仕事はさまざまな道が広がっているともいえます!

どんなキャリアを積んでいくのかは、あなたの頑張り次第♪
一度在宅ライターをやってみたいという人は、まずはお試しでトライしてみてはいかが?
在宅ライターのお仕事って、いったい何のお仕事なのかいまいちよくわからない……。そう思っていた人も、少しはイメージがつかめたでしょうか?
在宅ライターのメリット・デメリットをきちんと理解した上で、自分に合ったお仕事内容・スタイルなのかを十分考えてみましょうね♡

【関連記事】当社よりは「弊社」がベター。間違いやすいビジネスメールのNG表現

上司や取引先など、今や欠かせないコミニュケーションツールとなっているビジネスメール。ス...

在宅 ライター

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

川島ゆい

丸の内OLからフリーランスに転身してもう5年……。
おしゃれや毎日を充実させることを毎日考えていま…

>もっとみる