音楽と花火のコラボレーション☆神奈川新聞花火大会に注目!

LIFESTYLE

夏と言えば、海やおまつりやBBQなど…たくさんありますが花火大会に行かないと夏が始まらない!
そんな中でも横浜で最大規模の花火大会である神奈川新聞主催の花火大会をご紹介♡

神奈川新聞花火大会①去年の様子♡

出典:www.kanaloco.jp

毎年平均で19万人訪れると言われている神奈川新聞花火大会。

去年は平年を少し上回って20万人もの人が訪れました!

去年は1時間半打ち上げの予定でしたが、1時間に凝縮されていて最後の35分間は尺玉が打ち上げまくりでした♪空を埋め尽くすほどの花火に感動して涙する人も。

音楽と一緒に花火が打ち上げられたりもするので、五感をフル活用して花火大会を楽しむことが出来ます♡

神奈川新聞花火大会②有料席もあります♡

この花火大会を見るのはもちろん無料です♡しかし、場所取りが嫌な方や特別な記念に…と考えている方には有料席もございますよ。

神奈川新聞花火大会には「花火鑑賞券」と「協賛券」の種類あります。

花火鑑賞券は高校生以上は2600円、小中学生は500円で取れるのでお手頃!桜木町駅最寄りのカップヌードルミュージアムと横浜駅最寄りの臨海パークが観覧場所です。自由席は全国のローソンで購入できますよ。

協賛券はビールかソフトドリンク2杯とお菓子の詰め合わせがついて7200円のもの。打ち上げ場所の臨海パークの最前列から見えるのです!ちょっと高いけど、そんなこと気にならないくらい最高の時間を過ごせます。

神奈川新聞花火大会③穴場スポット♡

出典:www.city.yokohama.lg.jp

打ち上げ場所の臨海パークで見れたら最高だけど、1日その周辺は人だらけになることが予想されます。無料だけどちゃんと花火が見える穴場スポットは【山下公園】。

みなとみらいからは少し離れますが人だかりから少し解放されてストレスなく見れます。
山下公園まで行かなくても、その周辺の道からでも十分見えますよ♪

実は私も去年、神奈川新聞花火大会に行きました♡山下公園の周辺で見るつもりはなかったのですが、運よく綺麗な花火が見れちゃいましたよ♡

注意点はどこも人がいっぱいなので席取りに意気込んでいる人は始まる2時間前の17時ごろから到着しているのがベスト☆また、バスなどの交通手段も道路規制などで使いにくくなっているので余裕を持って!

神奈川新聞花火大会④花火大会情報♡

この夏絶対行きたい神奈川新聞花火大会♪
ぜひ友達や彼氏を誘ってみて!

日程:8月4日の火曜日。小雨決行で荒天の時は翌日5日の水曜日に延期になります。
打ち上げ数:1万5000発
打ち上げ場所:臨海パーク全面海上
アクセス:①JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄横浜駅東口から徒歩20分
     ②JR・横浜市営地下鉄桜木町駅から徒歩15分
     ③横浜高速鉄道みなとみらい駅または新高島駅から徒歩10分 
ただし、当日は会場付近で交通規制がされているので注意してください。

打ち上げ時間帯:19時から20時半
お問い合わせ先:神奈川新聞花火大会実行委員会(TEL:045‐227‐0744)

いかがでしたか?
今年も記念に残るような素敵な花火大会になるといいですね♡
早めに行って自分たちだけの穴場スポットを見つけてみるのもいいかもしれないですね。