敏感肌さんはどうするべき?秋の正しいスキンケア方法を伝授♪

暑い夏が終わり、寒い冬がやってくるまでの間、過ごしやすくなる秋。
しかし敏感肌さんにとっては、注意しなければならない季節でもあるんです。
そこで今回は、敏感肌さんのための秋のスキンケア方法をご紹介いたします。

敏感肌さんは秋のスキンケア方法を見直そう!

ちょっとの刺激でもお肌がカサカサしたり、かゆくなったりする敏感肌の皆さん、秋のスキンケア方法はしっかり変えていますか?

「季節ごとにスキンケア方法を変える?」そう思う方も多いと思いますが、秋はより一層お肌が敏感になりやすい季節なんです。

その理由は、夏の紫外線による後遺症が挙げられます。
夏は強い紫外線の影響で、メラニンの生成が活発化し、シミやソバカスなどの色素沈着が増えてしまうからです。

お肌の状態が健康であれば、紫外線の減りとともにメラニン生成量は正常に戻り、生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されるのですが、お肌が健康でなければメラニンが残ったままになってしまうんですよ。

それだけでなく、紫外線の影響を受けたお肌は、角質層に機能不全の細胞が多くなっている状態なので、角質層における保湿機能やバリア機能が低下していることも敏感になりやすい原因の1つです。

また、夏の紫外線だけでなく、季節の変わり目であることも挙げられます。
季節の変わり目は、身体そのものが外部環境の変化に対応しようとしており、外界からの刺激に対して反応しやすくなっている状態です。

そのうえ、秋は皮脂の量が減るため、外界からの刺激に対する防御力が弱まっており、肌トラブルが発生しやすくなってしまいます。

このことから、秋には秋のスキンケアを始めることが重要です。

敏感肌さんに贈る!秋のスキンケア方法①洗顔は30秒以内で済ませる

敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法1つ目が、毎日の洗顔やクレンジングです。

敏感になりやすい秋は、洗顔やクレンジングによって皮膚表面に付着した汗やホコリ、雑菌、メイクアップ料などの刺激物をきれいに取り除き、お肌への負担を少なくすることが大切です。

しかし、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使用したり、 お肌を強く擦ったりすると、角質層を傷つけてしまうので逆効果となってしまいます。 

秋は洗浄力のやさしいものに変え、お肌への刺激を減らすようたっぷり泡立ててから使うようにしましょう。

そして、皮脂の量が減る秋は、30秒ほどで洗顔を終えることも大切です。
夏の洗顔時間よりも短くすることによって、皮脂の取りすぎを防ぐことができます。

敏感肌さんに贈る!秋のスキンケア方法②化粧水パックで水分補給

敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法2つ目は、お肌への水分補給です。

洗顔やクレンジング後のお肌は、潤い成分が不足しているので、すぐに化粧水などで水分補給をしてあげることが大切です。

いつも通り、手で浸透させてあげるのもいいですが、秋はセルフパックでたっぷりとお肌に潤いを与えてあげましょう。

①コットンに精製水をたっぷり含ませたら1度絞り、今度は化粧水を含ませます。
②そのまま顔に貼り、呼吸ができるよう鼻のところを開けたサランラップで顔を覆うだけ!

5分経ったら、ラップとコットンを外して、乳液などのスキンケアアイテムを浸透させてください。

パックをすることで水分補給だけでなく、その後に使うスキンケアアイテムをなじみやすくしてくれます。

敏感肌さんに贈る!秋のスキンケア方法③乳液やクリームで油分補給

敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法3つ目は、乳液やクリームによる油分補給です。

化粧水でたっぷりと水分補給をしても、水分はすぐに蒸散されてしまうので、蓋をしてあげることが大切です。
乳液やクリームには、水分や油分、保湿成分が含まれているので、皮脂膜と同じような働きをしてくれるんですよ♪

皮脂膜は外界からの刺激からお肌を守っり、水分の蒸散を防いで潤いを保つなど、敏感肌にとって欠かせません。

しかし、加齢とともに減少したり、皮脂の減少によって皮脂膜の働きも衰えてしまうので、必ず乳液やクリームでお肌を保護してあげましょう。

普段は、乳液とクリームのどちらかだけを使っている方も、秋は乳液とクリームのダブル保湿で、保湿効果を高めることがおすすめです。

敏感肌さんに贈る!秋のスキンケア方法④美容液で水分保持

敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法4つ目は、美容液による水分保持です。

敏感肌なうえに、より一層敏感になる秋は、できるだけシンプルケアを心がけたいもの。
しかし、必要に応じて美容液をプラスすることで、角質層の保水効果を高めることができます。

それだけでなく、空気が乾燥しても、お肌の水分を逃しにくくしてくれる効果も期待できるんです。

ですので、普段美容液を使わない方も、秋から冬にかけて美容液も合わせて使うようにすることがおすすめです。

美容液は、お肌に柔軟性を与えて、なめらかに整えてくれるので、翌朝の化粧ノリもアップしますよ♪

敏感肌さんに贈る!秋のスキンケア方法⑤適度なマッサージ

敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法5つ目は、適当なマッサージです。

フェイスマッサージは、お肌の新陳代謝をサポートしてくれるので、古い角質をスムーズに除去することができます。
それだけでなく、保湿にもプラスになる影響を与えてくれるんですよ♪

しかし、敏感肌の方にとってはマッサージによる摩擦も刺激となってしまうので、適当に優しく取り入れていくことが大切です。
多くても3日に1度くらいのペースにし、秋のスペシャルケアとして始めるのがおすすめ!

そして、マッサージをする際は、乾いた手で行わず、必ずマッサージオイルを手のひらに馴染ませてから行うようにしましょう。

敏感肌さんにおくる!秋のスキンケア方法⑥紫外線対策

最後にご紹介する敏感肌さんの秋の正しいスキンケア方法は、紫外線対策です。

秋になると紫外線も弱くなっているような気がして、つい油断してしまいます。
しかし、紫外線は秋になっても降り注いでいるので、夏だけでなく秋も紫外線対策が欠かせません。

特に紫外線A波は、1年を通して降り注いでいます。
紫外線B波に比べてお肌に急激な変化を与えませんが、紫外線A波はお肌の奥深くまで到達し、じわじわと影響を与えるのが特徴です。

敏感肌用の優しい日焼け止めクリームや、UVカット効果のあるカーディガンを着るなどして、引き続き紫外線対策を行っていきましょう。
敏感肌なら知っておきたい、秋のスキンケア方法をご紹介させていただきました。
秋は、夏の紫外線によるダメージの後遺症と、季節の変わり目によって、さらに敏感になる季節です。
また冬になると乾燥が激しくなるので、秋には秋のスキンケアを取り入れて、お肌を守ってあげましょう。

【関連記事】女子たちの救世主!美肌になれる究極のスキンケアアイテム♡

女の子なら誰しもが悩みをかかえた経験があるはずのニキビ、毛穴、美白、敏感肌。そんな悩み...

敏感肌 スキンケア

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mana yuki

頑張るすべての女性にステキな記事をお贈りします♪

>もっとみる