#不釣り合いな恋人たち 『東京で恋をすること −TokyoCircle- #15』

東京ではたくさんの人間関係が交差して、絡まって、
大きい一つのサークルみたい。

今すれ違ったあの人は、昔好きだった人だった。
隣のあの子は、わたしが好きなあの人の元カノかもしれないし。

いつも“どきどき、 キラキラ、わくわく”
だけじゃないけれどそれでも恋するのがわたしたち。



騒がしい東京の20代恋愛事情を
#うそつき恋人 #いじわる片想い #さよなら失恋
#なおんなのこ #なおとこのこ
などのテーマ別に毎週更新でお届けします

±0の法則

今週のBGM♫『Beauty and the Beast』 (From "Beauty and the Beast")/Ariana Grande, John Legend

長く続くカップルは必ず、
釣り合っている。

いろんなものを総合したときに
必ず±0になる。

経済的なことだったり、
どちらが家事をするとか、
どちらがどちらに尽くすとか、
どちらの方が好きの気持ちが大きいとか・・・

もう全部、
全部ひっくるめて足して2で割ると
同じイメージ。


不釣り合い期間のリミット

もちろん、
人の環境や気持ち、
あらゆるものは常に変化してく。
カップルによっては、
時間軸の中で
不釣り合いなタイミングもあったりする。

だから、
ある1か月を見たときに
±0だったとしても
3か月から、長くても半年間のあいだの
’’全部’’を足して2で割ると
たぶんちょうど同じくらい。

たいてい、
その期間以上に不釣り合いの時間が長引くと
駄目になってしまう。

臨機応変が合い言葉?

人の環境や感情が変化していく、
ということは
その人の求めるものも変化していく、
ということ。

仕事が忙しくなったときに、
帰ってきて戸を開けた瞬間
彼女にかけてもらいたい言葉は
人によって
時によって
違うもの。

そもそも、人によって
戸を開けた瞬間に家にいることが
最大の癒しになる場合も
最大の負担になる場合も
両方あり得る。

昔は一途な女の子を求めていた男性が
今は移り気な女の子を
追いかけたい願望にまみれるときもあるし。


知名度も計りになる?

読者モデルのEちゃんは
3年交際している彼氏に
日比谷線の中でこう言われたそうだ。

「知名度が足りない」

それは仕事の上での指摘ではなく
恋人としての言葉。
’’俺の彼女として、知名度が足りない’’
の意味。
仕事でも成功し始めた彼はきっと
周りが有名なアイドルの女の子とかと
付き合っているのを見て
なにか勘違いしてしまったんだろう。
そう感じたけど、
もしかしたらそのときの彼の
’’Want''はそこにあって
それは十人十色で仕方ない部分だったのかも?

そんなこと言うなんて本当に最低だと
普通なら思うのだけど
恋は盲目、いつもそれが落とし穴。
そして恋愛を継続するのには忍耐は確実に必要。
彼女は自分の知名度のなさを
’’彼の彼女として’’恥じていた。
不釣り合いに見える恋人たちも
どこかで必ず釣り合いがとれている。

’’美女と野獣’’のストーリーは
つまりそういうことなんだろう。

恋愛 嘘つき 恋人 一木美里

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

一木美里

一木美里 Misato Ichiki
歌手/DJ/SamanthaThavasaGroupブランドレップ/コラムニスト
198…

>もっとみる