効果的に使えてる?正しい【コンシーラーの使い方】ガイド♪

BEAUTY

メイクポーチの中に入っているコンシーラー。あなたは上手に使いこなせているでしょうか?
コンシーラーも色や質感などを使い分けないと、期待していた効果が得られないかもしれません。
コンシーラーの効果的な使い方をマスターしましょう♪

mariko tsuboi
mariko tsuboi
2021.05.17

効果的なコンシーラーの使い方▷色選び

効果的に使わないと、塗っても意味がないコンシーラー。
コンシーラーの使い方って、意外と難しいのです。

まず、コンシーラーを選ぶときに重要なのは色選び。
コンシーラーは用途に合わせて色を選ぶものです。

クマを消したいなら、自分の肌よりもワントーン暗い色を選びます。
逆に小鼻の際や目じりやほうれい線など、ハイライト効果を狙いたい部分には、ワントーン明るい色を選びます。

まずは、この二色があればいいでしょう♪

効果的なコンシーラーの使い方▷塗り方

コンシーラーを持っているのに、効果的に使えていない人もいるかもしれません。

朝のベースメイクでコンシーラーを使うタイミングは、パウダータイプのファンデーションの場合はコンシーラーが先。
リキッドタイプのファンデーションなら、コンシーラーは後になります。

コンシーラーは、まず使いたい部分に置き、指先の体温でじんわりと伸ばしていきます。
この時、薄く伸ばしてしまうと、隠したい部分が効果的に消えません。

体温で溶かしながら、肌に叩き込むようなイメージで伸ばしましょう!

効果的なコンシーラーの使い方▷夕方のメイク直しには?

コンシーラーは目元のクマや目立つシミを消す以外にも、夕方のメイク直しにも使えます♪

ハイライト効果が狙える明るめの色のコンシーラーを使い、小じわが目立つ目じりやほうれい線、小鼻の際などに部分的にコンシーラーを置きます。
そして、指の体温を使って叩きこむように伸ばしましょう!

ファンデーションを塗り重ねるよりも自然で、抜け感のある肌になれますよ♡

効果的なコンシーラーの使い方▷用途に合わせてコンシーラーを選ぼう!

コンシーラーは、ペンタイプ、チップタイプ、スティックタイプやパレットタイプなど、様々な種類があります。

ペンタイプは、ハイライト効果を狙った使い方にぴったりです。
夕方のメイク直しも簡単にできますよ♪

チップタイプはクマを消したり、シミを隠したり、肌に乗せやすいのでおすすめ。
スティックタイプは、スティックを肌に乗せ、指先にとってから塗り込んでみましょう。

パレットタイプは、自分で色を混ぜるものを選ぶと、いろいろな用途に合わせてカラーコントロールできるので、使い慣れると万能アイテムになること間違いなし♪

使い方を間違っていると、効果がでないコンシーラー。あなたは大丈夫でしたか?
効果的にコンシーラーを使って、もっとベースメイクを楽しみましょう!
夕方の化粧直しにはペンタイプのコンシーラーで、きれいな肌を取り戻しましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。