世渡り上手になろう。皆から慕われる、気配り上手な女性になるには?

LIFESTYLE

友達との間や職場で、知らぬ間に恨みを買う行動をしているかも?
そうならないように、気配り上手になるためのコツを紹介します。

気配り上手のコツ①周りの人間関係を把握しておく

まず気配り上手の第一歩として、自分の周りの人間関係を把握しておきましょう。自分とは仲が良くても、実はその友達同士は仲がよくない場合もあります。

特に会社では、利害関係も絡み、人間関係が複雑です。どの人とどの人が仲が良く、仲が悪いかは、周りの話からチェックしておきましょう。

気配り上手のコツ②先輩は立てる

どんなときも、先輩を立てておくのがベターです。

どんな些細なことでも、人から尊敬されると少し嬉しいですよね。常に謙虚で学ぶ姿勢でいましょう。

また、お世話になっている人には必ずどこかのタイミングで、何かお礼を渡しましょう♪

プレゼントをもらって、悪い気分になる人はいませんよね。礼儀を大切にする人はマイナスになることはないんです。

気配り上手のコツ③必要以上に人のことをいじりすぎない

人のことを必要以上にいじらないよう注意しましょう。

いじられる人は、愛されキャラの様に扱われていますが、実は本人は気にしていたり、嫌だと思っている場合もあります。

皆と同じようにいじっているつもりでも、微妙な言い方や友達との関係性の違いで、恨みを買ってしまうことも……。

雰囲気につられていじってしまいそうですが、本当に仲良くなりたいなら、いじる必要はありません。

気配り上手のコツ④あまり話していない人を会話の輪に入れる

あまり会話に入れていない人に話しかけるのも、気配り上手のコツです。

周りをよく見ていれば、さっきから誰とも話していない人がいたらすぐに気づきますよね。人数が多いときには、話すタイミングを失ってしまうこともあります。

さりげなく話に入れてあげましょう♪

これは大人数の飲み会などではよくありがちなので、試してみてはいかがでしょうか?

気配り上手になるためのコツを紹介していきました。
これらのことに気を付けていれば、コミュニケーション能力の高い気配り上手になれるかも?