恋に仕事に行き詰まりを感じたら試して。心機一転できるアイディア8つ♡

LOVE

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第97弾】

目の前の生活に行き詰まりを感じる時ってありませんか?

実はそんな時は新しいことを始めるチャンスが到来しているのです!そうです...。インプットを強化しなさいというメッセージなのです。心機一転、更にパワーアップした自分になれる8つの「コト」をご紹介します。

1.ヨガに通う

目の前に行き詰まるというのは一生懸命になりすぎて身体が疲れている可能性も高いです。ヨガをする時間をとるなどして自分の身体や呼吸のリズムに向き合うと今までとは全く違う新しい気分になれますよ。新しい気分が、新しい発想や新しい出会いを引き寄せます。

そして大人の女性で内面から美しさが滲み出ている人たちは、自分の身体を大切に扱うのがお上手。行き詰まりを感じた時こそ、美と健康を強化していきましょう!

2.海外へ旅立つ

思い切って慣れ親しんだ日本から離れてみると新しい自分のチャンネルを作ることができます!海外には旅行で行ってしまうと観光気分が抜けず国内旅行も海外旅行も変わらないところがあるので、おすすめは、短期でいいので現地で暮らすこと。

日本人の友達を極力作らずに現地の言語を習得して現地の生活に馴染むと新しく生まれ変わります!

短期留学で得られるものは、
①外国人とのコミュニケーションが取れるようになる。
②言語の習得。
③日本という国を俯瞰で見られるようになる。
④どこでも生きていける自信がつくなどです。

大胆に自分を変えられる大きな経験となるでしょう。

3.友達を変える

目の前の生活に行き詰まりを感じたなら、付き合う友達を変えてみると世界が変わります。行動力があって仕事で次々と結果を出している友達「だけ」に付き合う人を限定するのです。

ポジティブでエネルギーが溢れている友達と付き合うと刺激を貰えますし友達に見合った自分になろうという気持ちも働きます。例えば、もっと行動力を発揮したいのなら行動力がある友達だけに囲まれていると「なにか自分も動かなきゃダメな気がしてきた」となっていつのまにか影響を受けて行動をしていた!なんてことがあります。

ポジティブな友達に意識を引き上げられるのですね。

4.副業や転職など新しい仕事を始める

先程ご紹介した「短期留学」と効果は近いものがありますが、新しい仕事を始めると心機一転して更なるレベルアップに繋がりますね!

これからの時代はパラレルキャリア(個人が幾つもの肩書きや仕事を持つのが当たり前の時代)になるそうです。過去の仕事の継続をしながら新しい仕事に挑戦すると収入も増加しながら新鮮な空気が入り込んでくることでしょう。

新しい自分の顔を作り続けるとか、出来ることを毎年毎年増やし続けるイメージを持っていると自分自身の仕事力も日々スケールアップしていきますね!

5.ブログを立ち上げる

ブログ、インスタ、youtubeチャンネルなど、自分を発信するメディアを立ち上げると心機一転します。何の目的もなく発信だけしても長続きはしないしダラダラやってしまうと思うので、なにか自分なりの目的や目標などを決めて達成するまで頑張る。それを達成したら新たな目標を設定する。

そうやって一歩ずつ前に進んでいくと1年も経てば想像もしていなかった場所に辿り着くでしょう。現代では自分のメディアを持っていること自体が名刺と自己紹介がわりにもなりますし、インターネットは楽しいことを発信していると面白い化学反応が起きる場所。趣味や考え方が近い人とも巡り会いやすいのです!

6.資格を取る

資格を取るのも新しい自分のチャンネルを作る機会になります。どんな資格が良いのか?どうやってこの資格を使うのか?なんて後先考えず適当さとノリで資格を取得するのは結構いいですよ。

目の前のことに行き詰まりを感じるのなら立ち止まっていても状況は変わりません。そんな時は、気分転換や究極の暇つぶしぐらいの気持ちでも動いたほうが状況は好転します。ちなみに人間は持っている知識や経験以上のことは出来ません。困った時に自分で自分を助けられるものは知識なんです。

後先考えずにノリで勉強した知識がいざとなった時に役に立つ。なんてこともありますからね!軽い気持ちでやってみるのがいいでしょう。

7.映画や芸術鑑賞に没頭する

行き詰まっている時は気分転換や新しいインプットを必要としている時です。一度、目の前のやっていることを中断して映画や芸術をひたすら鑑賞する...。

そうすると脳の中に新しい閃きアイテムが投入されて活性化していきます!友達におすすめ映画を聞いてチェックすると世界が広がっていきます。映画好きな友達を作るといいかもしれません。

8.今までしたことのないファッションとメイクに挑戦

自分の殻を破りたい時には最適な方法です。見た目を変えるのです!今まで着たことのない大人っぽい洋服を着るとか、髪を思い切ってベリーショートにするとか。奇抜な色のアイシャドウやリップを選んでみるとか...。気持ちがシャキッと入れ替わりますよね!

とにかく、軽い気持ちで動いてみよう!

今回ご紹介した「行き詰まった時に心機一転できるアイテム8選」いかがでしたか?目の前の生活に行き詰まった時は「軽い気持ちでやれそうなことから行動に移す」がキーワードです。これならラクに出来そうだなと感じることから取り掛かってみると徐々に状況は変化していきます。重い腰を上げる必要なんてありません。

軽く、ラクに、何となくの気持ちで始められそうなことから、是非やってみてくださいね♡

↓斎藤美海さんの人気恋愛コラムはこちら!

【関連記事】 もう既読スルーなんて怖くない!誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第28弾】
好きな人とのLINEのやり取りが相手の既読スルーによって途切れてしまった……なんて経験はありませんか??
心配性の女子ほど「既読スルー」で落ち込み、傷つきやすいものです。裏を返せば、それだけピュアに彼のことを好きになっている証拠なんですけどね〜\(^o^)/

実は、すごくウザいことをやっちゃうとか、重いことを言ってしまうではない限り、男性が既読スルーをする理由なんて大した意味はないというケースがほとんどです。「ゴメン。他のことに熱中していて返すの忘れてた!」が多いのではないでしょうか?ですから、一番の対策は、「気にしないこと」です。少し時間を置いて軽めの内容をまた送ればいいだけです。

「でも、頭ではわかってるけど、やっぱ気になっちゃう!!どうしたらいいんだろう?」と女性が思うとするならば、そう思ってしまう「不安」「孤独」「恐怖」で出来上がっているメンタルを変えていきましょう^ ^
「わくわく」「ハッピー」「彼のこと大好き〜♡」の最強メンタル状態でいつもいられたら、どうでしょうか??

今回は「誰でも簡単に最強メンタルを手に入れる方法」を4つ、ご紹介します。アナタに合いそうな方法をぜひ選択してみてください^ ^♡♡

【関連記事】 カラダからはじまった彼を好きにさせる方法

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第24弾】
世の中に溢れている恋愛本や女性誌の特集を読むと、必ずといっていいほど、「カラダの関係を持つのは付き合ってから!」「結婚したいと思ったらなるべくカラダの関係は遅らせる」と書いてあります。確かにそれは、恋愛初心者が誰でも成功しやすいお付き合いの方法かもしれません。

しかし、男女の関係はそれだけが全てではありません。例外がたくさんあります。特に大人になってくると、出会って間もない相手と盛り上がった勢いではじまる恋愛があったりもします。

カラダからはじまった彼のことがもっと好きになってしまった場合、恋愛本を参考にしすぎていると頭で考えてステップを踏むことに忠実になってしまい、臨機応変にその場の状況に対応できなくなってしまう危険性があるのです。。

では、どうしたらいいのでしょうか??

それが、「私、この人が好き!この人がいい!」と思った彼を自分がいなくなったら困るという中毒状態にさせることです。そうなってしまえば、どんなスタートを切ろうと自分が望む関係性になっていきます。
少し時間はかかるかもしれませんが、付き合うことも結婚することもラクにできます。だって、彼の人生の必需品にアナタがなっていくということですから…。

今日は、「カラダからはじまった彼」を好きにさせていく方法について詳しく書いていきます。

【関連記事】 絶対に失敗しない結婚相手の選び方

【斎藤美海(みうな)さん恋愛コラム第32弾】
私達の親や親戚世代のオトナ達は「結婚して出産しなさい」ということだけは頻繁に教えてくれますが「結婚相手選びを失敗しないためにはどうしたらいいのか」という、具体的なアドバイスをくれる人は稀です。

「結婚、ミスった( ; ; )」と口にはしなくても内心では思っている既婚者の方々は世の中にいっぱいいると思います。そのなかでも本当に離婚に踏み出すのは、自分に嘘をつきたくない、もう一度人生やり直そうというパワーがある僅かな人達です。
それ以外は、世間体を気にして仮面夫婦になったり子供がいるからという理由や経済的な事情により我慢を続けて離婚できていないケースも本当に多いと思います。

今回ご紹介するのは、女性が〇〇歳で結婚したい!という年齢になる数年前から「ある4つのステップ」を意識的に踏むことで失敗しない結婚にたどり着く方法です。
はじめにお伝えしておきますが、こちらは斬新かつ非常識な方法といえます。実際に使うかどうかはみなさんに判断を委ねます。ですが「結婚、ミスった」という想いを何十年間も抱えて生きるよりは随分と良い人生が送れるだろうと思ったので、ここに書くことにしました!