北欧流のリラックスタイム!日本でもできる「フィーカ」を体験♡

LIFESTYLE

北欧スウェーデンの憩いの時間fika(フィーカ)をご存知ですか?
ただのお茶タイムではなく、仲間との交流を深めるリラックスタイムのことです。
実際に私も参加してみたので感想を交えてご紹介します♪

北欧スウェーデン流のリラックスタイム♡fikaとは

fika(フィーカ)は北欧スウェーデンの人たちのコミュニケーションタイム。

時間的には朝食と昼食の間のおやつタイムで、コーヒーブレイクすることをいうそうです。
日本でいう喫茶店やカフェに入ることと似ていますね♪

fikaはコーヒーとともに必ず焼き菓子を食べて自由に時間を過ごすのがポイント。
一人ではなく家族や友達、同僚など話したい人を気軽に誘って、リラックスして会話を楽しみます。

北欧スウェーデン流のfika♡贅沢すぎる時間の使い方で心身ともリラックス

場所はカフェでも良いですが、スウェーデンの人たちは外でfika(フィーカ)を楽しみます。

カフェに入ってもテラス席を希望する人が多く、暑くても寒くても外でのびのびとリラックスすることを重視するんです♪

時には飲み物やお菓子を持ち寄り、公園や広場で過ごすのも◎
人の出入りが少なく、ゆったりとした時間の流れを体感できますよね。
日本でいうとピクニックに近いと思います。

北欧スウェーデン流のリラックスタイム♡日本でもfikaを実際に体験してみました!

私も実際に日本でのfika(フィーカ)に数回参加してきました。
公園や浜辺で15名くらいが集まり、飲み物(お酒だってアリ!)とお料理を楽しみます。
時間は昼〜夕方や、夕方〜夜など自由に設定。

私が参加したfikaには、料理人として働いている方がいて、その方が作っていてくださる美味しい料理を贅沢に楽しみました♡
サラダやメインディッシュ、サンドイッチに焼き菓子となんでもありです。

fikaはリラックスタイムのことを指しますが、何より大切なのは“人との交流”。
主催者の方のお友達がたくさん集まり、そこで新たな交流が生まれて有意義な時間になりました。

正直な感想は「なんて贅沢な時間の使い方!」。
社会人の方も多いため開催日は休日なのですが、新しい休日の過ごし方を発見した気分でした。

北欧スウェーデン流のリラックスタイム!「#fika」で検索してみよう♪

Instagram(インスタグラム)でfika(フィーカ)を検索してみると、国内外問わずたくさんの写真が見られます。
海外だとカフェでコーヒーとお菓子を楽しんでいる写真が多いです♪

検索結果を参考にあなただけのfikaを演出してみてください。
これから友達とカフェに行くときは「お茶しない?」ではなく「フィーカしよ!」と誘ってみるのもオシャレ。

Instagramにも「#fika」を入れて投稿してみては?♡

ワンランク上の過ごし方fika(フィーカ)。
北欧スウェーデン流のリラックスタイムで、ぜひ一度贅沢な時間の使い方を試してみてください♪