店別に紹介!ダイエット中に選ぶべきファストフード店のメニュー

GOURMET

ダイエット中は自炊、運動、カロリー計算などが必須です。
しかし、毎日そんなことばかりしていたらストレスが溜まりすぎておかしくなりそう!
たまには「ファストフード」も食べたいですよね?
今回はダイエット中でも安心して食べられるファストフード店のメニューを店別に紹介します♡
たまには外食でもしてストレスを発散しましょう!

ファストフードダイエットフード① 【モスバーガー】脂質の低い"ライスバーガー"を!

出典:mos.jp

モスバーガーは野菜の原産地を全て公開しており、品質にもこだわりを持っています。
ハンバーガーショップの中では特に安全で健康的です!

ダイエット中にモスバーガーが食べたくなったら、おすすめするメニューは断然「モスライスバーガー」。
お米を使っているのでバンズよりも低カロリーで脂質も少ない♡
ハンバーガーの脂質が大体15~35gなのに対して、モスライスバーガーは脂質が2~3g!
期間限定メニューの「モスライスバーガー 鮭」はタンパク質が摂れる上にカロリーも脂質も最も低くておすすめです♪

どうしてもハンバーガーが食べたい!というときは、野菜がたっぷりとれる「モス野菜バーガー」が良いでしょう。

ファストフードダイエットフード② 【ミスタードーナッツ】"waff"+サイドメニューでも500kcal以下♡

出典:www.misterdonut.jp

ミスタードーナッツは種類が豊富で何個も食べたくなっちゃう♡
でも多くのドーナッツは糖質と脂質のかたまりなので重要にチョイスしなければいけません。

カロリーだけでみたら169kcalの「フレンチクルーラー」が最も低くてダイエット中には良さそうですが、フレンチクルーラーはグレーズでコーティングがされているので糖質が高い点が落とし穴。
おすすめはふわふわ生地が人気の「waff(ワッフ)」です!
waffのカロリーは178kcalですが、コーティングもグレーズではなくきなこや粉糖なので糖質も脂質もカットされています♪

しかし、ドーナッツ一つだけでは物足りないですよね?
そんなときは「野菜を食べるミネストローネ」か「汁そば」を頼みましょう。
汁そばとwaffを頼んでも総カロリーは410kcalと、低カロリーにおさえられます♡

ファストフードダイエットフード③ 【ケンタッキーフライドチキン】うすい衣の"骨なしケンタッキー 旨塩"

出典:www.kfc.co.jp

ケンタッキーフライドチキンはタンパク質が多く摂れるのが良い点ですが、メニューによっては高脂質で高カロリーです。

おすすめは数量限定メニューの「骨なしケンタッキー 旨塩」。
通常の骨なしケンタッキーのカロリーが204kcalなのに対し、旨塩はなんと141kcal!
衣が薄くできているため油の吸収が少なく、大幅なカロリーダウンとなっているのです。
サイドメニューの「コールスローサラダ」も頼めば野菜も摂取でき、二つ合わせても271kcalに抑えられます♪

ツイスターやサンドを頼んでしまうと、炭水化物が増える分カロリーも一気に上がるのでご注意を!

ファストフードダイエットフード④ 【サブウェイ】"ターキーブレスト"は低カロリー高タンパク♪

出典:www.subway.co.jp

サブウェイは野菜がたっぷり摂れるファストフード店として若い女性や健康志向の人の間で大人気!
ダイエット中に最も適しているファストフード店でしょう♪

カロリーだけ見てみると「ベジーデライト」や「アボガドベジー」が良さそうですが、やっぱりお肉が入っていないと物足りなくないですか?
そこでおすすめするのが七面鳥の胸肉を100%使った「ターキーブレスト」です!
ターキーブレストはお肉が入ったメニューの中で最も低脂質。
なのにカロリーはアボガドベジーとほぼ変わらない273kcalと低カロリーなのです♡

サブウェイはバンズの種類が選べますが、おすすめは定番の「ウィート」か「ホワイト」。
この二つはバンズの中でも脂質が他の半分程度しかないのです♪

いかがでしたか?
メニューを選べばダイエット中でもファストフード店に行けそうですよね!
がんばったご褒美にたまにはファストフードに足を運んでみてはいかがでしょうか?