心癒される♪芸術の街札幌のおすすめスポット&イベント7選

LIFESTYLE

札幌は芸術に敏感な街。市民参加型のアートイベントである「さっぽろ雪まつり」は、道内外を問わずに人気です。
また、3年に一度「札幌国際芸術祭」が開催されることでも知られ、文化芸術を通じて街づくりを盛り上げようとしています。
札幌市に足を運ぶならぜひ訪れたい、芸術に親しめるスポットをご紹介します♪

札幌にあるおすすめの芸術スポット①北海道立三岸好太郎美術館 道化に魅せられて

北海道立三岸好太郎美術館 道化に魅せられて www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp

若干31歳で夭折した、札幌出身の画家三岸好太郎(みぎしこうたろう)さんの作品を収蔵している美術館。

木立が美しい庭に佇む同スポットには、三岸好太郎さんが実際に使用していたアトリエのイメージが取り入れられており、庭の緑を眺めながら休憩できる喫茶コーナーも併設されています。

2019年4月24日~7月4日の期間中は、1928年から描き始めた道化をモチーフにした作品に着目しながら、三岸好太郎さんの画業を振り返る展示を開催。
ユーモラスだったり哀しげだったり、それぞれに違った雰囲気を持つ道化師の姿を鑑賞できるでしょう。

◆北海道立三岸好太郎美術館 道化に魅せられて
開催期間:2019年4月24日~7月4日
住所:〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西15丁目
電話番号:011-644-8901
営業時間:9:30〜17:00
入場料:一般 510円、高大生 250円、※65歳以上・中学生以下無料
休館日:月曜(4月29日、5月6日は開館)、2019年5月7日

北海道立三岸好太郎美術館

札幌にあるおすすめの芸術スポット②北海道立近代美術館 相原求一朗の軌跡 大地への挑戦

北海道立近代美術館 www.facebook.com

北海道立近代美術館は近代美術に関心がある人におすすめなスポット!

札幌の中心部にある美術館として知られ、国内外の作品にこだわらず、1900~1940年代にパリで活動していた芸術家たちの作品も積極的に収集しています。
展示はバラエティに富んでおり、芸術に詳しい人もそうでない人も鑑賞しやすいところが魅力。

2019年4月19日~5月26日まで、特別展「相原求一朗の軌跡 大地への挑戦」を開催中。洋画家相原求一朗(あいはらきゅういちろう)が描いた、北海道の姿をモチーフにした作品を観賞できます。

相原求一朗の50年に渡る作品の粋を集めた展覧会となっており、独特の優しいタッチで描かれた厳しくも優しい北海道の自然や、懐かしさが感じられる作品を見られるでしょう。

◆北海道立近代美術館 相原求一朗の軌跡 大地への挑戦
開催期間:2019年4月19日~5月26日
住所:〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西17丁目
電話番号:011-644-6881
営業時間:9:30~17:00
入場料:一般800円、高大生400円、中学生以下無料
休館日:月曜、不定休

北海道立近代美術館

札幌にあるおすすめの芸術スポット③500m美術館 vol.29 大地の物語

500m美術館 vol.29 大地の物語 500m.jp

500m美術館は、札幌大通りの地下コンコースを利用したアートスポット。アートギャラリーとしては、日本最長の空間となります。

移動の最中に手軽にアート作品を鑑賞できる仕組みとなっており、日常に芸術作品が溶け込んでいるような場所。

2019年4月13日〜6月26日の期間中に開催される「大地の物語」では、人類が残してきた現代文明は、色々な流れによって形作られている、ということをテーマに様々なアート作品を展示。

天野祐子(あまのゆうこ)さん、荒木悠(あらきゆう)さん、進藤 冬華(しんどうふゆか)さんといった美術家の人々が参加しています。

◆500m美術館 vol.29 大地の物語
開催期間:2019年4月13日〜6月26日
住所:〒060-0051 北海道札幌市中央区大通西1丁目~大通東2丁目 札幌地下鉄大通駅~バスセンター前駅間地下コンコース内
電話番号:011-211-2261
営業時間:7:30~22:00(照明点灯時間)
入場料:無料
休館日:なし

500m美術館

札幌にあるおすすめの芸術スポット④シアターキノ

シアター

シアターキノは、地下鉄すすきの駅・大通駅から徒歩10分ほどの場所にあるミニシアター。

外壁の壁面は、写真映えするアーティスティックな雰囲気♡
有名キャラクターや俳優をモチーフにしたイラストが描かれていますよ。

A館に63席、B館に100席を備えており、市民が出資して運営されている市民映画館として札幌の文化を支えています。

また、ミニシアターでありながら最高級の音響設備が整っているところも魅力。他にも、館内の壁に北海道産の珪藻土を使用するなど、良質な空間を実現しています。

支配人が実際に映画を見て、上映作品を決めるスタイルを貫いており、大手映画配給会社が配給することがなく、あまり知られていない作品に出会えるでしょう。

作品の知名度にかかわらず、優れた映画作品を観たい人におすすめな芸術スポットだといえます。

◆シアターキノ
住所:〒060-0063 札幌市中央区南3条西6丁目南3条グランドビル2F
電話番号:011-231-9355
営業時間:上映作品により異なる
入場料:大人1,800円 学生1,400円 高校生以下、60歳以上1,000円
休館日:不定休

シアターキノ

札幌にあるおすすめの芸術スポット⑤札幌芸術の森美術館 札幌美術展 砂澤ビッキ―風―

札幌芸術の森美術館 artpark.or.jp

札幌芸術の森は芸術品の鑑賞だけでなく、工房でアート作品を作ることも可能な施設。
園内にある札幌芸術の森美術館は、北海道に縁のある芸術家の作品を軸とした、国内外の美術品を収蔵しているスポットです。

札幌芸術の森美術館では2019年4月27日~6月30日まで、北海道出身の彫刻家砂澤ビッキ(すなざわびっき)さんの大回顧展が開催されます。

樹木に宿る樹氣を表現しようと挑んだ彫刻作品は、ダイナミックな躍動感の中に自然への畏怖が感じられます。彫刻作品の他、写真や映像記録なども展示。

敷地内には札幌芸術の森美術館だけでなく、7.5ヘクタールの開放的な敷地に74点の彫刻作品を展示している野外美術館もあります。レストランやカフェもあり、1日中退屈せずに過ごせますよ♪

◆札幌芸術の森美術館 札幌美術展 砂澤ビッキ―風―
開催期間:2019年4月27日~6月30日
住所:〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
電話番号:011-592-5111
営業時間:9:45~17:00
入場料:一般1,000円、大学生・高校生 700円、中・小学生400円(札幌芸術の森は入園無料)
休館日:不定休

札幌芸術の森美術館

札幌にあるおすすめの芸術スポット⑥モエレ沼公園

モエレ沼公園ガラスのピラミッド moerenumapark.jp

モエレ沼公園は約188.8ヘクタールという広大な敷地を使って、世界的に有名な彫刻家のイサム・ノグチさんが設計したアートスポット!
公園全体をひとつの芸術作品に見立ててデザインされました。

触れたり上ったりして遊べる遊具や、美しい幾何学形をしたモエレ山など、目玉となる作品が多数あります。

ガラスのピラミッドは、公園のランドマーク的存在。冷房設備に雪を使用し、地域特有のエネルギー活動を行っている点も見どころです。

園内には桜を中心とした約2,300本の樹木や草花があり、春はお花見を楽しめるスポットとしても人気。夏は噴水を有する水遊び場「モエレビーチ」がオープンし、季節ごとに違った楽しみ方ができるところが魅力♪

施設内にレンタサイクルもあるので、アートを鑑賞したい人だけでなく体を動かしたい人にもおすすめ。

◆モエレ沼公園
住所:〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1丁目1番地
電話番号:011-790-1231
営業時間:7:00~22:00
入場料:無料
休館日:なし(ガラスのピラミッドの休館日は毎週月曜と年末年始)

モエレ沼公園

札幌にあるおすすめの芸術スポット⑦茶廊法邑 北の視点写真展 時

茶廊法邑 北の視点写真展 時 houmura.jimdo.com

茶廊法邑はカフェ&ギャラリーとしてオープンしていましたが、2018年をもってカフェ営業を終了し、ギャラリースペースを広げリニューアルオープンしました。

コンサート、写真展、彫刻展など、あらゆる芸術作品を展示するスペースとしての利用が可能となっており、札幌でアートを楽しみたい人に向けて開かれたスポットとなっています。

2019年5月1日からは、時間の旅をテーマにした写真展を開催予定。

◆茶廊法邑 北の視点写真展 時
開催期間:2019年5月1日~12日
住所:〒065-0041 北海道札幌市東区本町1条1丁目8-27
電話番号:011-785-3607
営業時間:10:00~18:00
入場料:無料
休館日:火曜

茶廊法邑

芸術の街札幌にある、アートスポットをご紹介しました!
忙しい日常から離れ、刺激的な時間を過ごせるでしょう。札幌では今回ご紹介した場所以外でも、多種多様なアートイベントが開催されています。
札幌に立ち寄る機会がある人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか♪