雨の日デートで距離を縮めるテクニック♡

LOVE

雨の日のデートはヘアが崩れやすかったりとテンションが下がりがち。
でも、雨だからこそ使いたいテクももちろんあるわけです。
せっかくのデート、憎き雨を味方にしちゃいましょう。

Eri Kanda
Eri Kanda
2021.05.17

雨の日デートで距離を縮めるテクニック① 相合傘をする

相合傘はしなければなりません。
はじめは折りたたみを使っててもいいですが、帰り際や慣れてきたところで傘を出すのを面倒がっちゃいましょう。

お店を出た後や短い距離などで「ごめん一緒にいれて?」とさくっとお願いしたり。
彼との距離感が近いなら、特に何も言わず自然に相合傘してもらいましょう。

傘の中ではなるべく近づきます。
触れるか触れないかの距離でたまに体がぶつかっちゃう感じがオススメ。

信号などで止まる時は、彼の顔を見て話しましょう。
いつもより必然的に至近距離&上目遣いになれる絶好のチャンスです。

雨の日デートで距離を縮めるテクニック② 彼の上着を借りる

雨はいつもよりひんやりします。
それを利用して、ちょっと肌寒いねという布石を打っていきましょう。

そして、彼の上着を借ります。
タイミングは車の中でひざ掛けとしてだったり、街を歩いていて肩掛けにしたり。

自分の身につけているものだから、その距離感になぜかドキドキしちゃいます。
頼っている間を演出できるところもいいですよね。

もちろん、返すときにきちんと可愛くありがとうと伝えることは必須です。

雨の日デートで距離を縮めるテクニック③ 何かを派手に汚して相手の家に行く

かなり気があり、それでいて上級者向けなのがいっそ物を汚してしまうこと。

泥に足がはまっちゃうとか、道路を歩いていて車に水をかけられちゃうとかのアクシデント系が不可抗力でやりやすいです。

そしてこれでは帰れない→どちらかの家で洗うという流れを生み出します。
初めはすぐ帰るから、という感じでやらしさを排除する言葉を一言そえておくのがベター。

その後は漫画のような展開も可能になり、距離の縮まり方としては最終形と言えるでしょう。

雨の日デートで距離を縮めるテクニック④ カップルのデートスポットへ行く

雨という理由で、屋内に限定されてしまいますよね。
そこで、行き先をザ・デートのようなカップルならではの場所をチョイスしちゃう技があります。

どこいっても混んでるよね、という前振りの中、いかにもデートを提案したり。
デートしながら、少しずつカップル風デートを付け足していくのもやらしくなくて女の子でもやりやすいです。

爽やかなデートから一転、ムードのあるデートができるというおまけは雨のせいにしちゃいましょう。

全部雨のせいにして、いつもより大胆になってみましょう。
自然と二人の距離が近くなる機会が多いので、逃さないでしっかりと抑えていくことが大事です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。