2018年7月公開のおすすめ映画6選♪気になるアニメ情報もお届け

Cover image: gaga.ne.jp

夏が来ると暑くて外へ出かけるのが億劫になってしまう、という人も多いのではないでしょうか。
夏にひきこもりがちな人は、話題作を映画館でチェックしてはいかがでしょうか。
胸キュンな恋愛映画から手に汗握るアクション映画まで、7月に公開されるおすすめの映画を6つ、ご紹介します!

2018年7月公開のおすすめ映画①7/6公開!虹色デイズ

虹色デイズ

nijiiro-days.jp

別冊マーガレットで連載されていた、水野美波(みずのみなみ)さんの人気作品が待望の実写映画化です。
原作は累計300万部突破の大人気コミックなんですよ。

少女漫画には珍しい、女の子が中心の作品ではなく4人の男子高校生が主人公で、それぞれ違う個性を持つ4人の恋や友情が描かれた物語♡

二度と取り戻すことができない高校時代を思い出してノスタルジーな気持ちになったり、初恋を思い出して甘酸っぱい気持ちになったりと、胸をときめかせたい人におすすめですよ。

また、4人同時主演という日本映画では初となる試みにも注目!
羽柴夏樹を佐野玲於(さのれお)さん、松永智也を中川大志(なかがわたいし)さん、直江剛を高杉真宙(たかすぎまひろ)さん、片倉恵一を横浜流星(よこはまりゅうせい)さんが演じます。
若手俳優が見せるピュアな演技そのものが、映画の大きな魅力ですよ。

エンディング曲には降谷建志(ふるやけんじ)さん♪
そして、映画の青春ムードを盛り上げる劇中歌には、フジファブリックや阿部真央(あべまお)さんなどの楽曲を起用しています。

虹色デイズは7月6日公開です。
夏のはじまりに、青春のきらめきを感じてみてはいかがでしょうか。

虹色デイズ

2018年7月公開のおすすめ映画②7/13公開!ジュラシックワールド 炎の王国

ジュラシックワールド 炎の王国

www.jurassicworld.jp

ジュラシックワールド 炎の王国は、大ヒット作「ジュラシック・ワールド」の続編です。
ジュラシックシリーズとしては5作品目になりますよ。

前作から4年後のイスラ・ヌブラル島を舞台に、迫りくる大噴火、恐竜たちとの攻防、触れ合いを迫力たっぷりに描いていて、登場する恐竜たちの数はシリーズ最多!
見どころはなんといっても、CGに頼り切らずにアニマトロニクス(ロボット)を用いて制作した、リアルな恐竜たちの姿です。
CGをメインに使用した前作ジュラシック・ワールドとは対照的ですよ。

また、前作でオーウェンを親のように慕っていた、ヴェロキラプトルのブルーとの再会も見どころのひとつ!

過去作へのオマージュもところどころ見られるため、劇場へ足を運ぶ前にお家でジュラシックシリーズを鑑賞することがおすすめですよ♪
あらかじめ復習しておけば、作品を何倍も楽しめること間違いなしです。

ジュラシックワールド 炎の王国の公開日は7月13日です。
ぜひ、劇場の大画面で恐竜たちの迫力を感じてみてください。

ジュラシックワールド 炎の王国

2018年7月公開のおすすめ映画③7/13公開!グッバイ・ゴダール!

グッバイ・ゴダール!

gaga.ne.jp

こちらのアンヌと映画監督ゴダールの恋愛を描いた伝記風映画は、フランス映画界の巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督の2番目の妻、アンヌ・ヴィアゼムスキーさんの自伝小説をもとに作られているんですよ。
監督は「アーティスト」や「プレイヤー」で知られるミシェル・アザナヴィシウスさんです。

プロポーズからの熱愛と愛が冷め行く過程を描いた作品ですが、どこかコメディタッチな要素もあり!
斬新でスタイリッシュな作品を生み出してきた偉大な映画監督としての姿だけでなく、1人の夫としてのちょっぴり頼りない姿に焦点が当てられていますよ。

もし、ゴダール監督の作品が好きな人なら、作品中にゴダール監督へのオマージュが感じられる場面に遭遇することでしょう。

ゴダールを演じるのは映画監督フィリップ・ガレルさんを父に持つ、フランスのイケメン俳優ルイ・ガレルさん♪
頭頂部の毛を抜いて役作りに挑み、人間臭いゴダールの姿をユーモアたっぷりに演じています。
そして、アンヌを演じるのはパリ生まれの女優、ステイシー・マーティンさん!
彼女が持つボーイッシュさの中に漂う、透明感あふれる美貌も映画の見どころのひとつになっていますよ。

グッバイ・ゴダール!は7月13日公開です。
パリのエスプリがきいたおすすめの映画を、ぜひ堪能してください♡

グッバイ・ゴダール!

2018年7月公開のおすすめ映画④7/20公開!BLEACH

BLEACH

wwws.warnerbros.co.jp

原作は2001年~2006年まで週刊少年ジャンプに連載されていた、久保帯人(くぼたいと)さんの大ヒットコミック!
テレビアニメやゲームにもなっている人気作品ですよ。

物語は、主人公の黒崎一護が家族を守るために、悪霊討伐を行なう死神として生きることになるというところから展開していきます。

こちらの映画の見どころはなんといっても、死神と悪霊の迫力のバトルシーンです。
CGで再現された悪霊との戦いで、斬魄刀を操る主人公の臨場感あふれる立ち回りは映画の大きな見どころですよ。
また、細部まで作りこまれた、原作に忠実なキャラクターの衣装やヘアメイクなどにも注目です!

「いぬやしき」や「アイアムアヒーロー」などを手掛けた佐藤信介(さとうしんすけ)監督が、作品の世界観を損なうことなく魅力的な映像作品に仕上げていますよ。

主人公を演じるのは、人気俳優の福士蒼汰(ふくしそうた)さん♪
死神ルキアを杉咲花(すぎさきはな)さんが演じます。
さらに、江口洋介(えぐちようすけ)さん、長澤まさみ(ながさわまさみ)さん、田辺誠一(たなべせいいち)さんなど、脇を固める俳優も超豪華!

劇場版BLEACH(ブリーチ)は7月20日公開です♡
ミステリアスな世界と迫力のアクションシーンを、ぜひ味わってください。

BLEACH

2018年7月公開のおすすめ映画⑤7/20公開!未来のミライ

未来のミライ

mirai-no-mirai.jp

「時をかける少女」や「サマーウォーズ」でおなじみの、細田守(ほそだまもる)監督の最新作です。

物語のはじまりはどこにでもある平凡な小さな家の小さな問題!
4歳の男の子、くんちゃんが暮らす家に生まれたばかりの妹がやってきたところから始まります。

小さな妹との暮らしに戸惑うくんちゃん……。
そんなとき、くんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼ぶ謎の少女に出会い、少女とともに時をこえた冒険の旅を体験することになります。

そして、くんちゃんが体験するさまざまな不思議な出会いを通じて、過去から未来へつながる物語が展開されます。

家族の愛という普遍的なテーマを描いていて、胸を揺さぶるような内容の映画になっていますよ。

主人公くんちゃんの声は上白石萌歌(かみしらいしもか)さんが担当!
そして、謎の少女ミライちゃんの声を演じるのは細田監督の映画の常連、黒木華(くろきはる)さんです。

恋人や友人との絆を感じたい人や、家族みんなで楽しみたい人におすすめの映画ですよ♡

未来のミライは7月20日から公開スタートです。
大切な人を誘って映画館へ足を運んではいかがでしょうか。

未来のミライ

2018年7月公開のおすすめ映画⑥7/27公開!劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

codeblue-movie.com

こちらは、医療、事故現場、災害の現場をリアルに描いた人気ドラマ「コード・ブルー」の劇場版です。
2008年にフジテレビ系列で放映され、平均視聴率・最高視聴率ともに同クールの連続ドラマ内で第1位に輝いたこともある人気作品ですよ。

舞台は、テレビシリーズを上回る未曾有の連続大事故の現場!
海ほたる、成田空港、東京湾などを舞台に、劇場版らしい大きなスケールで展開しますよ。

映画の見どころは、事故に巻き込まれた患者たちと、彼らを救おうとする医療チームの人間ドラマです。

劇場版でも変わることがない切羽詰まったリアリティあふれる場面の連続が、観客を映画の世界に引きずり込みます。
人間模様にときには涙し、はっとさせられながら、命の尊さを感じることができる作品に仕上がっていますよ。

劇場版でもテレビドラマに引き続き、コード・ブルーに10年間出演し続けてきた主人公役の山下智久(やましたともひさ)さんや、新垣結衣(あらがきゆい)さん、戸田恵梨香(とだえりか)さん、比嘉愛未(ひがまなみ)さん、浅利陽介(あさりようすけ)さんらが熱演します。

コード・ブルーの魅力がぎゅっと詰まった内容なので、テレビシリーズのファンだけでなく、初めてコード・ブルーシリーズを観るという人にもおすすめですよ。

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命は7月27日から公開です。
涙もろい人はハンカチの用意をお忘れなく!

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

7月に公開される映画の中から、おすすめの作品をご紹介しました。
お家で映画鑑賞も楽しいですが、日常と切り離された空間で映画を見ると映画の世界に深く入り込むことができ、日頃の忙しさを忘れられますよ。
暑い夏は、映画館で涼みながら話題の最新作をチェックしましょう♪

【関連記事】梅雨はゆっくり映画デートがしたい♡6月公開のおすすめ映画6つ

じめじめとした長雨が続く6月は、外でアクディブに楽しむデートよりも、室内でゆっくりとした...

エンターテイメント

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

梅本ちよ

女性向けメディアで記事を執筆しているライターです。
アンチエイジングや着やせファッションなど…

>もっとみる