キレイに年齢制限はない。いつまでも輝く女性でいるためのヒント4つ

キレイな女性とはどんな女性でしょうか?

いつまでも、どんなときでも笑顔で輝く女性であり続けたい、という女性の願望。
でも、年齢や周りの環境が原因で、そうも言っていられない…と思っていませんか?

キレイなことを年齢や環境で諦める必要はありません。いつまでも輝く女性であるためのヒントをご紹介します。

いつまでも輝く女性でいるためのヒント①もう○○歳なんだから。そう思った途端に老けますよ

アラサー女子のみなさんは、仕事にプライベートにと大忙しですよね。

そんな中でも、「自分のキレイに磨きをかけたい」「いつまでも輝いていたい」と貪欲に思うのが女性というものです。
ただ、日本ではなにかと年齢にこだわりが多い気がしませんか?

もう30代なんだからお嫁に行かないと。
もう40代なんだから、子供のために家庭を守らないと。
もう50代なんだから、女性らしくなんて言ったら恥ずかしい。

などなど…。

年齢を重ねても、ステキに輝く女性はたくさんいます。
結婚、子供、といった女性にありがちな悩みも、本当ならこだわる必要なんてありません。

自分はこうだ!と思う方へ向かっていける女性が、本当にキレイな女性だと思いませんか?
年齢や、昔からのなんとなくの習慣にこだわっていると、途端に老けますよ。

いつまでも輝く女性でいるためのヒント②キレイでいることは、若作りではありません

いつまでも輝くキレイな女性というのは、年齢不詳でいいのです。

「肌がツヤツヤしていて、何歳なのか分からない!」と言われる女性は、自分の年齢に合った化粧の仕方を心得ているというより、自分の健康のために食べるものを意識したり、運動して健康を維持したりと、意識が高いのです。

決して若作りをしようという意識ではなく、自分が気分がいいことをする。健康的でいられることをする、という習慣を作っているのが、いつまでも輝くキレイな女性です。

肌など見た目が若々しいのは、若作りとは違います。
年齢に関係なく、自分のメンテナンスをしっかりとできる女性こそ、本当のキレイを知っているのだと心得たいものです。

いつまでも輝く女性でいるためのヒント③いつまでも好奇心を忘れないことも大切

「あの人、おばさんっぽいな」と、ふと思うことってありませんか?

そう思わせるのは、目の輝きかもしれません。

人は、好きなものや興味のあるものを前にすると、目が自然と生き生きと輝くものです。
その輝きがなくなっていくと、なんがか老けた印象になるんです。

好奇心がなくなると、人間は表情から老けます。
しわがあっても、はつらつとした笑顔でいられる女性、表情のレパートリーが多い女性は、年齢に関係なくいつまでもキレイに見えるものなんです。

新しいものを目にしたり、ニュースや流行に敏感になってみたり、と外に向かってアンテナを伸ばしておきたいですね。

いつまでも輝く女性でいるためのヒント④人前に出ていくことにもっと敏感になろう

アラサー世代ともなると、新しい出会いの場よりは、いつものメンバーでの集まりが多くなりますよね。
ですが、そうなるとだんだんと服装に気を使わなくなったり、メイクが昔のままになったりしがちです。

人前に出ていくことは、自分を客観的に見るいい機会ですから、もっと自分を見つめてみてください。

客観的に自分のことを意識し、年齢にとらわれない自分らしいオシャレを楽しむことも、いつまでもキレイでいる近道です。
若作りや流行を追っただけではキレイとは言えないので、早いうちから自分の好きなスタイルを確立するのもいい方法です。
自分のちょっとした意識の変化だけで、いつまでもキレイな印象を与えることはできます。
年齢のせいにせず、もっと自分のキレイを探してみませんか?

【関連記事】30代で、美人ではないのに…。多くの男性からモテる女性がいる理由

30代でモテる女性は、必ずしも美人ではありません。美人じゃなくてもできる男、いい男とゴー...

輝く 女性 ヒント

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

mariko tsuboi

結婚3年目、読者モデル。
女性ならではの視点で記事を書かせていただいています。

>もっとみる