“思わせぶり”な態度が恋を遠ざけてた!勘違いされやすい行動って?

LOVE

気のない男性に言いよられて困ってるの……という方!
それってあなたの態度に原因があるのかも。
“思わせぶり”な態度は、男女の友情も、本命のカレとの恋路も破綻させます。
本当に気がない相手なら、今すぐ自分の態度を見直して♪
思わせぶりな嫌な女に見えてしまう可能性大ですよ。

勘違いを招く“思わせぶり”な態度①相手を褒めたり頼りにしすぎる

男女引用:www.shutterstock.com

「○○君と会えて本当に嬉しい」「あなたが一番頼りなの」など、あなたは特別というニュアンスを感じさせる言葉は、使いすぎると「コイツ俺のこと好きなのかな?」と、勘違いされます!

モテる人なら気にしない表現かもしれませんが、恋愛慣れしてない人には「脈ありポイント」になってしまうんです。

男性は本来頼られて喜ぶ生き物。
たとえ意識してない相手だとしても、頼られればどうにかしてあげたい、とたちまち「守ってあげたい系女子」に認定されてしまいます。
頼り過ぎは禁物です。

また、どんなに仲がよくても軽々しく「○○くん好き」などは間違っても言わない方がいいです。
好きという言葉はとっても危険な言葉なんですよ。
大切にとっておきましょう。

勘違いを招く“思わせぶり”な態度②用事もないのに頻繁にLINEやメールする

とくにこれといって用はないのに「今何してるー?」「ひまだよー!」などと無駄絡みをするのはNG!

人は単純接触効果により、関わる回数が多ければ多いほど相手の好感度を高めてしまうのです。
なので、メールやラインで頻繁に連絡をしすぎると、「あなたとコンタクトが取りたい」とアピールしていると勘違いさせてしまいます。

特にメールやラインのやり取りは、女性がただ惰性で返しているだけでも、「終わらない=もっと俺と絡みたいのかな?」と、またまた男性の自信につながってしまいます。
女の子は気にしてなくても、男の子の中では「連絡の回数=好意のバロメーター」と思う人が多いんです。

勘違いを招く“思わせぶり”な態度③男性と近づき過ぎてしまう

女性には、特に意味もなくボディータッチをする人も多いですが、男性からしたら意外と脈ありサインと勘違いする人が多いです!
人は本当に嫌いな人には触れないものなので、男性からしてみれば「自然に触れられる=好かれている」という合図になってしまうんです。

考えてみて。手を握られたり、膝に手を置かれたり腕を絡ませられたりしたら……勘違いしてしまうのも無理はありませんよね。

さらに、恋愛慣れしていない男性の場合は、もっとさりげない些細なことでも勘違いしてしまう可能性が高いです。

例えば、カメラで写真を撮った後に「これ面白いから見て」と言われて相手のケータイをのぞき込むとき。
「ちょっとこれ貸してー」と、相手の後ろから回り込んでモノのやりとりをするとき。

普段なにげなくやりがちな行動ですが、勘違いされる可能性が高いので、必要以上に自分の顔が近くなりすぎないように気を付けましょう。

勘違いを招く“思わせぶり”な態度④二人きりの時間や空間をつくってしまう

二人だけで行動すると、二人の世界が作られてしまう、ということを肝に銘じておいてください!

さすがに、嫌いな相手と積極的に二人きりで会うなんてことする人はいませんよね?
とはいえ、食事に誘われたら、なんとも思ってない男性とでも二人っきりで行く、という女性って意外と多い。

でも、それって男性にとってみたら「二人きりで食事をする=自分に好意がある」と勘違いしてしまうものなのです。
仲良い人ほど、第三者を入れたりして何人かでわいわい遊ぶのがいいのです。

他にも「おごってくれるなら行くよ」「家まで送ってよー」という冗談的なセリフも、男子は「遠回しに誘っているんだな」と勘違いしがちなので気をつけましょう。

幸せになりたいのなら、とにかく好きじゃない人にアクションを起こすのはやめましょう。
「男女の友情ならOK」「男友達なら何でもしてもOK」という考えは甘い!

男友達だと思っていた人が自分のことを好きになって関係が破綻したり、本命のカレから「アイツが好きなんだ」と誤解されて恋がうまくいかなくなる可能性だってあります。
自分が本当に好きな人との恋を成就させるためにも、“思わせぶり”な行動には気を付けましょうね♪