食べたいけど痩せたい欲張りなアナタへ♪ダイエットに効果的な食事法

BEAUTY

痩せたいけど、食べるのは大好きだからやめられない......! 
という欲張りさんのための夢みたいなダイエット方法がここにあり。
食事のときにちょっぴり工夫するだけでダイエットには効果的なんです。

<ダイエットに効果的な食事法①>「食べる順番は、汁物や野菜から」

出典:www.recipe-blog.jp

食事をする際、食べる順番は気にしていますか? 
とても些細なことだけど、実はダイエットをするにはとても重要。

カラダに吸収される栄養価からの視点でいうと、まず「汁物」を1番にとることがダイエットに効果的。
汁物は満腹感があるので、食べ過ぎ防止につながります。
スタイルの良いモデルさんが、「食べる前に水を1杯飲む」とよく言っているのはこの効果があるからなんです。

次に、野菜を食べること。
野菜は血糖値の上昇を抑えて、脂肪の吸収を抑えることができるので、その後にお肉を食べたとしても吸収を和らげてくれます。

お肉をいっぱい食べる直前は、クッションとなる野菜(=サラダ)も忘れず食べるように意識してみてください!

<ダイエットに効果的な食事法②>「間食にはフルーツを食べること」

甘いものが食べたいけど、お菓子は太るから食べられない! 
という方は、フルーツがオススメ。

巷では「フルーツは糖分が多いから太る」と噂されていますが、フルーツの甘さは果糖やブドウ糖によるもの。
この2つは、体内でエネルギーとして消化されるので実際は太ることに影響しないんです。

むしろ、酵素、ビタミン、ミネラルなど美容に良い成分がたっぷり! 
代謝を上げてくれる効果もあるので、健康的にダイエットをすることができます。

<ダイエットに効果的な食事法③>「食べ物をよく噛むこと」

太ってしまう原因のほとんどは、食べ過ぎ。
食べても食べても満腹感が得られず、ついつい食べ物に手を伸ばしてしまう人です。

ダイエットをするには、食べる量を減らすのがてっとり早いのですが、元々大食いの人にとっては至難の業。
満腹感を得ながら出来るダイエットが理想的ですよね。

そこでオススメなのが、「食べ物をよく噛むこと」。
たくさん噛むことで満腹感が得られて、食べる量も自然と減らすことができます。

パンのようにちぎれる食べ物だったら、細かくして口に運ぶ回数を多くすることで満足感が得られて効果的です。

<ダイエットに効果的な食事法④>「食事は腹8分目で抑える」

自分で食べる量がコントロールできる! という方は、わざわざよく噛んだりする必要はなし。
ただ、腹8分目で抑えるように意識してみてください。

とはいっても、腹8分目ってどのタイミング? と思いますよね。

食事を進めていると、「あ、だんだんお腹たまってきたな」と思うときはありませんか? 
それが、腹8分目のサイン! 
「いや、まだまだ食べれる」なんて思って食べ物に手を伸ばすのはやめてくださいね。

腹8分目で食事をやめた直後はまだ空腹感は残っていても、時間が経つにつれてだんだんとお腹が満腹になってくる感じがするはずです! 

食べるのはなかなかやめられないけど、食事法をちょびっと工夫するだけなら誰でもできる簡単ワザ。
痩せたいからといって、食べるのをやめてしまったらストレスが溜まって逆効果です。
気持ちよく続けられそうなダイエット法の1つとして、「食事法の工夫」参考にしてみてください。