綺麗な肌に見せたい!かゆみ&乾燥肌を招くアトピーを治す方法

BEAUTY

アトピー、辛いですよね。かゆくてかゆくて眠れない夜、メイクもできないほど荒れてしまった肌、人から見られることをストレスに感じてしまうなど、症状以上に苦しさを感じる人もいるでしょう。

そんなアトピーの原因や対処法を1つ1つまとめました。理解を深め、改善に役立ててください。

アトピーとは

アトピーとはなんでしょう。日本皮膚科学会によると、「増悪・寛解を繰り返す、瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ(アトピー性皮膚炎診療ガイドラインより)」と定義されています。簡単にいうと、かゆみを伴う湿疹症状のこと。特徴的な湿疹と、よくなったり悪くなったりを繰り返すことでアトピーであると診断されます。

多くの場合、乳児期に発症し、だんだん治ることもありますが、大人になっても治らなかったり、一度治ったのに再び繰り返すこともあるといいます。最近では大人になってから発症する人もいて、日本人の1割が罹患しているともされる皮膚病です。赤みのある湿疹はとてもかゆくつい掻きむしって悪化させてしまったり、なかなか完治しないので、悩んでいる方も多い病。皮膚科に通院している人も多いでしょう。

また、かゆみがひどくて眠れないことや、人からどう見られているか気になりストレスに感じることもあります。こういったことが、自律神経優位の体質に導いて肌のターンオーバーを抑えてしまっていることも考えられるのです。

アトピーになる原因とは

出典:onthehouse.com

アトピーになる原因は、いまもはっきりとはわかっていません。もともとアトピーになりやすい素因をもっていたり肌表面がカサカサと荒れた状態だったりする人に、アレルギー物質が作用することで起こるというのがいまの定説です。

食べ物や、ダニ、ホコリなど一般的なアレルゲンの他、汗や洗剤、衣類の摩擦なども要因として考えられます。複雑で多岐にわたる要因がある病気だということがアトピーの最大の特徴です。

一般にかゆみを引き起こす物質としてヒスタミンがよく知られています。花粉症のときにも抗ヒスタミン剤が処方されることが多いのでご存知かもしれません。アトピーは体を守るために免疫細胞の働きによって起きる皮膚炎症状。免疫系統が要因なだけに、ずっと押さえ込んでいると、他の感染症にかかりやすくなってしまうなどの弊害もあります。

ただ、アトピーに関しては、ヒスタミンだけでなく、他の因子もあるということがわかってきました。その因子の発生を抑えるための研究が現在も続けられています。

アトピーを治す方法①食生活

出典:www.healthyfoodcorner.com

アトピーを持つ人に食物アレルギーのある人が多いために、誤解を招きがちなのですが、アトピー皮膚炎=除去食ではありません。玄米食やマクロビオテック、ローフードなどはアトピーによい食生活とされ、試している人も多いでしょう。

暴飲暴食を避け、繊維質のものを多くとって旬のものを上質な昔ながらの調味料を使ってシンプルに調理するだけでもよいのです。

ただアトピーは現代病。日本人になぜこれほどまでにアトピーの患者さんが増えているかというと、欧米型の食生活が大きく影響しているのだそう。ある研究結果によると、植物油に含まれるリノール酸と動物性たんぱく質の過剰摂取がアトピーを悪化させる要因になってるのだそう。

揚げ物や肉類・卵をよく食べている人は要注意。魚・野菜中心の食事に切り替え、料理法も蒸したり茹でたりを積極的に取り入れるようにしてみてくださいね。

アトピーを治す方法②適切な洗顔料やシャンプー、化粧品を選ぶ

出典:yellowribbonradio.us

皮膚にはもともとラメラ構造というバリア機能があります。脂質と水分を交互にしたサンドイッチのような構造になっているのです。これが、一番外側にある角質細胞と共に外的な刺激から守ってくれる大切な機能になっています。

でも多くの患者さんはアトピー皮膚炎の強いかゆみに耐えられず皮膚表面をかいてしまいます。角質が痛んでしまい、ラメラ構造が崩れてしまうと、より一層症状を悪化させてしまう悪循環に陥ってしまので、かゆみをなるべく起こさないよう外的刺激は少なくしたいですね。またアトピー皮膚炎の皮膚はアルカリ性に傾きがち(通常の肌は弱酸性です)なので、黄色ブドウ球菌の影響を受けやすいのが特徴。「優しく洗う・しっかり落とす・すぐに保湿をする」が基本になります。

洗顔料や、シャンプー剤、ボディーソープや化粧品など直接肌に触れるものや、衣類の洗剤選びにも気を使いましょう。「洗うもの」に関しては界面活性剤が無添加のものを選びます。製品名だけでなく、裏面の成分表をしっかり読むとよいですね。化粧品もミネラル・オーガニックの表示だけでなく、できるだけシンプルな組成のものを選びます。パフやブラシなどを清潔にすることも忘れずに。

アトピーを治す方法③保湿

出典:womanista.com

アトピー肌に有効なスキンケアには2通りあるそう。1つは痛んだ角質層のバリア機能を補うための脂肪成分剤を補充してあげること。もう1つは乾燥しやすい肌へ水分を補い保湿する保湿剤です。

油と水はもともと混じり合わないものです。ドレッシングを作るときに酢と油を使いますね。一度混ぜたつもりでも、時間が経つと分離してしまいます。でも、同じように酢と油を使うマヨネーズの状態は時間をおいても変わりません。それは卵が2つをつないでいるからです。

保湿クリームや乳液も同じように水と油をつなぐために界面活性剤(乳化剤)を使って作ります。これが肌免疫には刺激になるので、できれば避けたほうがよく、添加されていないものを選びます。肌に合う保湿剤で水分を補った後、白色ワセリンや刺激の少ないオイルでカバーするのもよいでしょう。

アトピーを治す方法④漢方

出典:sun-good.com

長年アトピーと付き合い、ステロイド剤を使ってもなかなか良くならない方にとっては、次に打つ手がなくなって諦めてしまうこともあるでしょう。西洋医学の対症療法でダメならば、東洋医学の考え方を知るのもよいかもしれません。

アトピー患者さんの中にはアトピーの根本治療を目指して漢方を取り入れている方も多くいます。気になる方は東洋医学に精通した医師や、漢方専門の薬局などで相談してみましょう。

アトピーを治す方法⑤市販薬やクリームに頼る

出典:stylecaster.com

アトピーを長年患っている患者さんの中には、医師に処方してもらうステロイド剤をやめる方もいるそう。ステロイドとはそもそも副腎から分泌されるものですが、それを人工的につくり、薬にしたのがステロイド剤です。炎症を抑えたり、かゆみが強くどうしても引っ掻いてしまうような時には有効で、かゆみを抑えて肌を休めて再生する時間を与えてくれる物なのです。

ただ、長年の使用による副作用もあり、完治を目指すにはステロイドにばかり頼ってはいられないという考え方もあります。かかりつけ医と十分に話してみたりセカンドオピニオンを得ることも重要でしょう。

市販薬やクリームは保湿の項目で書いたポイントを守りながら、自分に合うものを探していきましょう。

アトピーを治す方法⑥皮膚科へ行く

出典:en.emedemujer.com

乳幼児期に乳児湿疹と同じような赤い湿疹がでたり耳切れがあったりで、小児科や皮膚科で診断されることが多いようです。大人になってから発症するアトピーでは、ハンドクリームではおさまらないほど乾燥とかゆみがひどく皮膚科を受診する人が多いでしょう。

皮膚科医の中でも、アトピー性皮膚炎に関心を持っている医師のクリニックを探せることも重要。口コミや知人に聞くなどして、諦めず自分に合う治療を探してみましょう。

アトピー跡・色素沈着に悩むことも

出典:cheaphealthtips.blogspot.com

アトピーに長くかかっている人は、色素沈着して黒ずんだ肌に悩んでいる人もいます。黒ずみの正体は日焼けと同じメラニン。皮膚が紫外線・炎症の刺激を受けたときに皮膚を守ってくれる働きによるものですから決して悪いものではありません。普通は夏が過ぎればだんだん白くなるように、皮膚の代謝で改善されるはずのものなのですが、なかなか消えない場合もあります。

手強い黒ずみは、皮膚の層の中でも、奥深くにメラニンが取り込まれているために発生し、これはレーザー治療でしか消せません。

治療のために塗るステロイド剤のために、肌が白くなる人もいます。ステロイド剤は毛細血管を収縮させる働きがあるためです。医師の指示した回数やステロイドの強さをしっかり守ることが大切です。

また、かゆさのあまり、同じ部分を何度もかいてしまった跡が残っていて困っている人もいます。症状は年齢と共に改善したとしても、こうした黒ずみや、かき跡は精神的なダメージを与え続けてしまうのだといいます。

アトピー跡に悩む時は専門クリニックや美容外科クリニックに相談してみては?

出典:www.freemanhealth.com

アトピー性皮膚炎で皮膚表面が荒れていた部位にメラニンが沈着して起こる色素沈着。一番かゆいときには赤かったりじゅくじゅくしたりするアトピーですが、落ち着いたところも、白くさめ肌のようにカサカサしたり、黒っぽくシミになってしまうことがあります。

アトピー自体は改善したり、完治したとしても、この黒ずみに悩んでいる人は多いものです。特に目元や首のあたりなどは、隠しにくい部位でもあります。

人に見られたくない、半袖を着たくない、海やプール、温泉に行かれないなど、生活の上でも精神的に支障がでてきてしまいます。アトピー自体が悪化しているときにはおすすめできないのですが、症状が落ち着いているときには、色素沈着を取り除く治療を考えてみることもできるでしょう。

色素沈着については美容外科クリニックや、美容皮膚科を標榜する専門クリニックなどで相談してみるとよいでしょう。肌への刺激はアトピーの症状を悪化させてしまう恐れもありますので、アトピー性皮膚炎に理解のある医師を探すことで、理想的な結果に結びつきやすいでしょう。

また、かゆさのあまり、たくさん掻きむしってしまったかき跡も悩みの1つ。かゆみは痛みよりも辛いという人もいるくらい、かゆさはストレスの元です。爪を短く切り、深くかかないようにする工夫はもちろん、寝るときに無意識に強くかいてしまうことをさけるために、手袋をしてあげるのもいいでしょう。

肌が自力で再生するのを妨げないよう、自分で自分を守る工夫が必要です。

アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は日本人の1割ともいわれるそう。子どもの頃からずっとという方も、大人になってからなったという方も、思いはひとつ。かゆさから逃れ、きれいな肌になりたい。

できることからひとつずつ始めていき、自分に合うケアの方法できれいな素肌に近づいていきましょう。

[aftag]5[/aftag]