治せば人からもっとよく見られる♪イメージダウンに繋がる癖とは?

LIFESTYLE

マイナスの仕草や癖って、指摘されないと中々気づかないんですよね。
なかなか気付かないけど、気にしてると案外当てはまる人も多いのでは?
今後絶対に治した方がいい、イメージダウンになってしまうポイント4つご紹介します☆

イメージダウンの癖とは?①人見知りは治すべき!

デメリットが沢山の人見知り。
まず人見知りだと気軽に話ができないため自分の気持ちを相手に伝えるのが難しく、時には相手によって誤解を招いてしまうこともあります。

積極的に話そうとしない姿勢は第一印象が悪くなってしまうのもポイントです。
最近では人見知りを"コミュ症"って言ったりもしますね。

「私、人見知りで〜」と言う方、絶対に治した方が今後のためです。意識して少しずつ対話に慣れて行きましょう♪

イメージダウンの癖とは?②すぐに"でも"と言っちゃう人は治すべき!

口癖ってなかなか自分では認識しずらいですよね。
「でも○○だよ〜」というふうに、知らず知らずのうちに"でも"ばっかり言ってる人は要注意!その一言、蛇足です。

話しているのに"でも"と突っ込まれたら気持ち良いものではありません。
聞いている人の脳には自然に、この人は相手への配慮に欠ける人なんだとインプットされちゃいます。
なかなか気づかない口癖がマイナスなら要注意です。意識しましょう☆

イメージダウンの癖とは?③はっきり伝わらない話し方は治すべき!

小声だったりモゾモゾした喋り方だったり早口だったり、相手に伝わりにくい話し方してませんか?
ハッキリと伝わる話し方は相手に安心感を与え話をスムーズに進めるきっかけとなります。
人見知りじゃなくても伝わりにくい話し方だったら惜しいです!

不安になったら、普段何気無く話してる友達に「私の話し方って聞き取りやすい?」と聞いてみましょう♪

イメージダウンの癖とは?④整理整頓できないのは治すべき!

整理整頓ができてない方要注意!見られてますよ。
第三者が見て、整理整頓が出来ない人って本当にだらしなく見えます。
整理整頓出来ている人って、出来ない人よりも不思議と"仕事が出来る人"に見えるものなんです!

お仕事デスクの上、引き出しはごちゃごちゃしてませんか?カバンの中の物を探してるときすぐに見つかる状態ですか?
先入観で"だらしない人"って決めつけられるのなんて嫌ですよね。

当たり前だけど見落としがちな整理整頓。出来てない方は出来るようにしましょう♪

「もしや自分当てはまってる?」と少しでも思った方は、今までの習慣、癖を見直してみましょう。
意識することはこれから生活する上で絶対にプラスになりますよ♪