いよいよ北陸新幹線開通!魅力たっぷりの金沢で週末旅行はいかが?

LIFESTYLE

いよいよ、来る2015年3月14日に北陸新幹線が開通しますね!東京からだと、今までは飛行機や電車を乗り継がなければ行けなかった石川県の金沢。新幹線が開通することにより、なんと1本で行けるようになります。TVなどでも今話題の金沢、その魅力をご紹介します。

金沢って?

出典:www4.city.kanazawa.lg.jp

金沢は石川県の中央に位置しており、石川県の県庁所在地でもあります。

歴史的情緒あふれる街並みが残っていながらも、近代的な建造物もあったりと、さまざまな景観を楽しめるのも魅力の一つです。
北陸新幹線開通により、東京から石川県・金沢までは約2時間半。
CMでも話題の”ちょっと、金沢まで”が可能になるんです。

そんな金沢、駅の東口にある門”鼓門”も有名で、米国のwebメディアにて2011年度には「世界でもっとも美しい駅」の一つに選ばれたこともあるほどです。

金沢の魅力①「歴史に触れる」

出典:www.pref.ishikawa.jp

石川県金沢市といえば、日本三名園の一つでもある”兼六園”。
庭園ならではの緑と雄大に広がる池とのコントラストが素晴らしく、景色を見ると心が洗われるような気持ちに。

春夏秋冬で表情を変えてさまざまな魅力を醸し出すといわれる兼六園ですが、冬の雪に備えた雪吊をまとった兼六園や夜のライトアップもとくに美しいです。
金沢駅から距離も遠くなく、バスも出ているので観光の際は是非訪れてみることをお勧めします。

金沢には他にも兼六園だけでなく、古い街並みが続くひがし茶屋街など情緒あふれる景色がたくさんありますよ。お散歩気分でのんびりと、そういった街並みを歩いてみるのも良いですね♡

金沢の魅力②「アートに触れる」

出典:www.kanazawa21.jp

兼六園の近くに位置し、一際目を引く近代的な建造物。それが”金沢21世紀美術館”です。

観光客の多くが訪れる大人気のスポットなのですが、ここでは近代的な美術・芸術に間近で触れることができます。ガラス張りにホワイトを基調とした建物なので、晴れの日にはとくに明るく、アートに詳しくない方も歩いているだけで楽しめるような館内になっています。

作品の中でもとくに有名なのがレアンドロ・エルリッヒの「スイミングプール」という作品。CMで見たことがある方も多いのでは?

このプール、上から見るのと中から見るのでは全く違った景色を楽しめ、とても不思議な構造になっているんです。真近で触れてはじめてその楽しさがわかるはず。

金沢の繁華街である香林坊や片町からも徒歩圏内にあるので、アクセスも便利ですよ。

金沢の魅力③「絶品お寿司が楽しめる」

出典:shinosuke.net

金沢といえば、その新鮮さと美味しさから”食”も存分に楽しめるのが大の魅力です。
オススメの一つが”鮨屋 志の助”。

金沢の繁華街・片町からタクシーで10分ほどの所に佇むこのお店ですが、メニューはなく基本お勧めをいただくスタイルです。

お食事と握りどちらも頂いても、お腹の具合にあわせて握りだけいただくという方もいらっしゃるそう。新鮮なお刺身をふんだんに使ったお料理の数々は本当に美味しく、予約もなかなかとれないほどの名店です。
とくに握りでは、しゃりのふんわり感がたまりません。1人1万円くらいでもお腹いっぱい召し上がれますよ♡

口コミサイトでも評価の高いお店なので、予約は早めにとることをおすすめします。

いかがでしたか?歴史、芸術、そして食とたくさんの魅力がつまった金沢。何度訪れても飽きない独特の雰囲気に魅了されてしまいます。北陸新幹線で金沢へのプチ旅行、彼とお友達と、家族とでもきっと素敵な思い出が作れるはず♡皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?