意外と多い!すぐキレるひとへの正しい対処法♡

LIFESTYLE

上司や友人など、すぐにキレやすい人は意外といますよね!
今回は、短気な人への正しい対処法やコミュニケーション術をご紹介します♪

短気な人への正しい対処方法① キレるポイントを研究

すぐに怒る人だったとしても、機嫌が悪くない限りは、何もないのに怒ることって少ないですよね。

短気な人は、何かしらキレやすいポイントがあります。

これをされると怒るとか、こういう言い方やこういう言葉にムッとしやすいとか、その人のキレるポイントを研究することが大事です。

短気な相手が友人でも恋人でも、はたまた上司でも、怒りやすいポイントを把握しておくことは円滑にコミュニケーションを取るコツのひとつですよ♡

短気な人への正しい対処方法② 約束させる

短気な人の中には、自分の思い通りにいかないからなどの理不尽な理由で怒る人もいますよね。

仮にその怒りが理不尽だった場合、「いつまでに何をする」とこちらが約束するとともに、場合によっては「いつまでできますか?」と端的にお話をするようにしましょう。

キレるキレないに関わらず、淡々と話を進める術でもあります。

キレられたときに面倒くさかったり、怖いからと相手のご機嫌を取るようなことをしていると、『怒れば自分の思い通りに動いてくれる人なのだ』という認識を与えてしまうかもしれないので要注意!

短気な人への正しい対処方法③ 文句を言わせない完璧な対応

3つめにご紹介するオススメの対処方法は、文句を言わせないような完璧な対応をしてみること!

怒りやすい人というのは、何か相手の粗探しをしてはキレるというパターンも多いです。

あるいは仕事などの場合、自分への報告や相談がないまま企画や仕事が進んでいると怒るということもあります。

相手の望んでいること、さらにこの先注文や文句を付けてきそうなことを予測して、完璧な対応をしてみると何も言えなくなること間違いなし♡

短気な人への正しい対処方法④ 毅然とした態度を貫く

あまりにもキレやすい人や、こちらに落ち度がないのに理不尽な理由で怒られる場合は、キレ返すとまではいきませんが毅然とした態度を貫くことも重要です。

はっきりとこちらの意見を言ったり、場合によってはスルーや感情的になってみていかにキレやすい自分が滑稽か、未熟かをわからせる方法です。

ただ、あまり対抗して怒っているとこちらもキレやすい短気な人という印象を与えてしまうので、どうしようもない時の最後の手段にしましょう♪

いかがでしたか?
怒りやすい人でも上手く対応していかなければならないのが大人女子。
今回ご紹介したテクニックで対人関係も円滑に進めましょう♡