初心者でも読める♪村上龍のおすすめ小説4冊

LIFESTYLE

デビュー作であり、芥川賞受賞作品でもある『限りなく透明に近いブルー』をはじめ、数々の文学賞受賞作品を生み出してきた小説家、村上龍さん。
小説家だけでなく、映画監督としても活躍されています。
そんな村上龍さんの作品の中で、初心者におすすめの小説を4冊ご紹介します♪

村上龍さんのおすすめ小説① 走れ!タカハシ

引用:www.amazon.co.jp

タイトルの「タカハシ」とは、かつて広島カープ他で活躍した俊足の遊撃手、高橋慶彦選手のこと。
彼の素晴らしい活躍をモチーフにした、楽しくライトな短編集です。

野球好きな人も、そうでない人でも、サクサク読めてとにかく笑えます♪
「本当にあのハードな村上龍さんの作品なの?」と疑ってしまうほど軽快な作品でおすすめ!
近年盛り上がっている「カープ女子」必読の1冊ですよ!

走れ!タカハシ

¥535

販売サイトをチェック

村上龍さんのおすすめ小説② 69(シクスティナイン)

引用:www.amazon.co.jp

村上龍さんの自伝的小説『69(シクスティナイン)』は、妻夫木聡さん主演、宮藤官九郎さん脚本で2004年に映画化もされました。

1969年、高校3年生の主人公ケンとその仲間たちが巻き起こすハチャメチャな青春小説。
彼の不純な動機からくる破天荒な行動力に、思わず笑ってしまいます。

「人生、楽しまなきゃ損!」という著者のメッセージが、読者をポジティブな気分にさせてくれる小説です♪

69 sixty nine

¥518

販売サイトをチェック

村上龍さんのおすすめ小説③村上龍料理小説集

引用:www.amazon.co.jp

料理にまつわる32の掌編小説。
1つのストーリーが2~3ページくらいの分量なので、とても読みやすい小説です。
世界各国の料理を題材に展開するストーリーは、人間模様のレシピ本のようでもあります。

村上龍料理小説集を読んだ後は、登場した料理を見る目がちょっと変わりそうです。
そしてその料理が無性に食べたくなってしまうかも♪
グルメ好きな人にも是非おすすめしたい1冊です。

村上龍料理小説集

¥555

販売サイトをチェック

村上龍さんのおすすめ小説④ コインロッカー・ベイビーズ

引用:www.amazon.co.jp

先にご紹介した3作品に比べ、こちらはまさに「村上龍の真骨頂」とも言える、ハードな作品です。

生後すぐにコインロッカーに遺棄され、かろうじて生き残った2人の赤ちゃん、キクとハシ。
双子の兄弟として里親に引き取られた後の、彼らの生き様が描かれています。
悲しい運命を背負って生きた2人、さらに不思議な少女アネモネも加わり、彼らが選んだそれぞれの道とは…。

ハラハラする作品なので、手に汗握りますが、是非読んでいただきたいおすすめ小説です!

新装版 コインロッカー・ベイビーズ

¥961

販売サイトをチェック

村上龍さんのおすすめ小説でした!
刺激の強いハードで濃厚な作品から、ユーモラスでライトな作品まで、数多くの小説やエッセイをこの世に送り出し続けている村上龍さん。
初心者なら、まずは自分好みのテイストの作品から手に取ってみてはいかがでしょうか?♡