花嫁の幸せの秘密♡「サムシングフォー」の意味と取り入れ方

彼との結婚を、幸せなものにしたい♡
プレ花嫁のみなさんは、そう心から願っていますよね。
プレ花嫁さんの願いを叶えてくれるといわれている、“サムシングフォー”のおまじないを秘めて結婚式当日を迎えれば、幸せな結婚生活を迎えることができますよ♡
古くから伝わる、とっておきのおまじないである“サムシングフォー”について、意味や取り入れ方をご紹介します。

サムシングフォーの意味と取り入れ方①サムシングフォーって?

サムシングフォーの意味と取り入れ方1つ目は、そもそもサムシングフォーとは何かについてです。

プレ花嫁さんだったら誰もが胸に、「幸せになりたい」という願いや緊張した気持ちを持っています。

その願いをかなえ、緊張を和らげてくれるとされているのが、今回ご紹介する“サムシングフォー”です。

これは欧米に古くから伝わり、一般的に結婚式で行われている、伝統あるおまじないなんです!

「幸せな結婚生活が、永遠のものになりますように……♡」と願いを込めて、4つのお守りを結婚式当日に身につける習慣を、サムシングフォーと呼んでいます。

その4つは、「青いもの(サムシングブルー)」「新しいもの(サムシングニュー)」「古いもの(サムシングオールド)」「借りたもの(サムシングポロウ)」の4つで構成されています。

これらのネーミングは、イギリスの伝承童謡である「マザー・グース」の詩が由来であると言われています。

サムシングフォーの意味と取り入れ方②【サムシングブルー】の意味

サムシングフォーの意味と取り入れ方2つ目は、サムシングブルーの意味です。

サムシングフォーの中でも、まずご紹介するのがサムシングブルー(Something Blue/なにか“青い”もの)です。

キリスト教では、聖母マリアのシンボルカラーである青いものを身に着けると幸せが永遠のものになるといわれています。

青は愛や純潔、そして貞節を象徴する色であるため、そこから結婚式当日に青いものを身に付けることがスタートしました。

サムシングフォーの意味と取り入れ方③【サムシングニュー】の意味

サムシングフォーの意味と取り入れ方3つ目は、サムシングニューの意味です。

サムシングニューは、何か新鮮なものを指しており、これは新生活の象徴であるといわれています。

結婚式当日に身に付けるサムシングニューは、新品であればどんなものであってもOK!
何かしら新品のものを身に付けることが、サムシングニューを意味します。

サムシングフォーの意味と取り入れ方④【サムシングオールド】の意味

サムシングフォーの意味と取り入れ方4つ目は、サムシングオールドです。

サムシングフォーの中の1つであるサムシングオールド(Something Old/なにか“古い”もの)は、何か古いものを用意して身に付けます。

この時の“古いもの”は、ただ古いだけでなく、伝統や家族の絆を受け継いだアイテムを意味しています。

多くの花嫁は、母親や祖母から受け継いだ家族の伝統的なアイテムを身に付けて、それをサムシングオールドとしているようです。

サムシングフォーの意味と取り入れ方⑤【サムシングボロウ】の意味

サムシングフォーの意味と取り入れ方5つ目は、サムシングボロウの意味です。

サムシングボロウは、すでに幸せな結婚生活を送っている親戚や友達から何かを借りて、それを身に付けることで、幸せをあやかる、というものです。

この4つの全てのアイテムを網羅して結婚式当日を迎えることで、幸せを永遠のものにすることができると言われています。

サムシングフォーの意味と取り入れ方⑥取り入れ方▶サムシングブルー

サムシングフォーの意味と取り入れ方6つ目は、サムシングブルーの取り入れ方です。

サムシングブルーは、見えない場所にさり気なく青いものを取り入れることで、幸せが永遠のものになる問われているので、インナーや結婚指輪の石などで取り入れるケースが多くあります。

インナーであれば、ガーターリボンに青いリボンを結ぶ方法がおすすめ♡

これは、ヨーロッパでは一般的とされているサムシングブルーの取り入れ方です。ヨーロッガーターベルトをつけない場合には、インナーに青いリボンを結ぶと良いですよ。

そして、結婚指輪の石でサムシングブルーを取り入れる際には、内側にブルーサファイアをあしらえばOK!

他にもインソールや靴底がブルーになっているパンプスを履いたり、ブライダルネイルのデザインにさりげなく取り入れたり……。

ファッションとしておしゃれに取り入れるのが、イマドキのサムシングブルー事情になっています。

サムシングフォーの意味と取り入れ方⑦取り入れ方▶サムシングニュー

サムシングフォーの意味と取り入れ方7つ目は、サムシングニューの取り入れ方です。

サムシングニューの場合には、結婚式当日に新品の状態で取り入れられるものであれば、何でもOK♡

例えば、パンプスやグローブ、ストッキングなどは新品を用意することが多いですよね。

なにか新品で、かつ結婚式にまつわるアイテムだと、より思い出深いものになるのではないでしょうか。

「新品のものを用意する……!」と考え込んでしまうと、難しく思えてしまうこともあるので、用意する段階であまり考えすぎないようにしましょう。

結婚式当日に身に付けるものの中で、何かしら新しいものがあればそれだけでOKです。

なので考えすぎず、何を身に付けるのかをリストアップしていくと、その中に必ず見つかるはずです。

サムシングフォーの意味と取り入れ方⑧取り入れ方▶サムシングオールド

サムシングフォーの意味と取り入れ方8つ目は、サムシングオールドの取り入れ方です。

サムシングオールドの取り入れ方として一般的なのが、母親や祖母から代々受け継がれているアイテムを、そのまま結婚式当日に身に付けるという方法です。

ジュエリーやウェディングドレス、着物……など、母親や祖母が結婚式でどんなアイテムを使用していたのかを聞いて、その中から何か貸してもらえるものがないかを聞いてみると用意しやすいですよ♡

海外では、ジュエリーを母親や祖母から譲り受け、身に着けるのが一般的なサムシングオールドとして知られています。

結婚式の定番であるパールのネックレスなどであれば、どんなウェディングドレスとも相性が良く、取り入れやすいですよね。

それ以外にも、母親や祖母が結婚式で着たウェディングドレスを、リメイクして着るのも素敵なアイディア♡

これがドレスではなく着物であれば、日本らしさを取り入れたサムシングオールドになりますよね。

他にも、母親や祖母が使っていた婚約指輪を受け継ぎ、リフォームをすることでサムシングオールドを取り入れたという先輩花嫁さんもいました。

サムシングフォーの意味と取り入れ方⑨取り入れ方▶サムシングボロウ

サムシングフォーの意味と取り入れ方9つ目は、サムシングボロウの取り入れ方です。

すでに結婚して幸せな生活を送っている親戚や友人から何かを借りて身に付けるサムシングボロウを取り入れるのであれば、ティアラがおすすめ♡

ヨーロッパでは、親戚や友人からティアラベールを借りてサムシングオールドにするのがメジャーなのだとか!

もしティアラなどやベールなどの大きいものを借りるのが難しいのであれば、ハンカチなどの身近で小さいアイテムを借りることができないかを聞いてみましょう。

どんなアイテムであるかよりも、幸せをあやかることができる人物から借りられたかどうかというほうが重要なので、サムシングボロウに関しても、アイテム自体にこだわる必要はありません。
この幸せが、ずっと続きますように……♡
結婚式の瞬間、そう願う花嫁の気持ちが永遠のものになるように、願いを込めてサムシングフォーを身に付けるおまじない、とても素敵ですよね。
このおまじないは、ファッションの観点でもおしゃれなので、最近になって取り入れる花嫁さんが急増しているのだとか。
サムシングフォーを取り入れて、ぜひ思い出深い結婚式にしてくださいね。
思い出のアイテムの数々は、月日がたっても結婚式の瞬間を思い出させてくれること間違いなしですよ。

【関連記事】自分らしく楽しみたい派へ♡カジュアルウェディングドレスコーデ9選

年々コーデが多様化していくウェディングコーデ!あなたはどんなスタイリングに憧れますか?♡...

サムシングフォー 意味 取り入れ方 結婚式 幸せ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

フリーデザイナー・アパレルマーケティングのお仕事をしています*

アパレルデザイナー・プ…

>もっとみる