今日は華やかにキメたい!チークを長持ちさせたいときはこうやって塗るんです♪

BEAUTY

パーティやイベントなど、いつもよりちょっと濃いめにメイクしたいときってありますよね。
華やかメイクには、華やかな目元&口元、そしてなによりチークが重要!
でも、濃くつけすぎて“おてもやん”っぽくなったらイヤだし、かといって、時間が経つとつけているのか分からないくらいうす〜くなってしまうのはもっとイヤ!
というわけで、わざとらしくなく、きちんと長持ちするチークの入れ方をご紹介します♪

まずはリキッドファンデ♪

引用:item.rakuten.co.jp

濃いめのメイクのときは、濃いポイントメイクに負けないように、ベースメイクも抜かりなく、しっかりと陶器肌っぽくするのが正解。
下地のあとに、リキッドファンデorクリームファンデを丁寧に塗って、しっかりと均一な肌を作っておきます。

ランジュリー ド ポー

¥7,000

販売サイトをチェック

クリームチークを濃いめに塗る

引用:www.amazon.co.jp

次に、ベースメイクの上から、クリームチークをポンポンと濃いめに塗ります。
このあとパウダーをのせるので、『ちょっと濃すぎるかも?』くらいの赤やオレンジなど、濃くハッキリした色でもOK。
あまり近くで鏡を見ると、ついつい濃く見えて薄く塗りがちなので、ちょっと遠い位置に鏡を置いて、遠くからでもハッキリわかるように塗ると、うまく調節できますよ!

マットマルティプル

¥4,800

販売サイトをチェック

パウダーで定着させる

引用:item.rakuten.co.jp

リキッドファンデ⇒クリームチークと水分量多めのアイテムが続いていますが、ここで一旦パウダーをはたいて水分を定着させます。
パウダーをきちんと重ねることで、チークが崩れにくくなると同時に、ほっぺの内側から上気したようなふんわりほっぺを演出することができます♪

プードゥル ユニヴェルセル リーブル

¥6,000

販売サイトをチェック

パウダーチークをのせる

引用:www.eshop.jillstuart-beauty.com

最後にパウダーチークを重ねます。
『チークを2回も!?』という感じですが、仕込みチーク(クリームチーク)+本命チーク(パウダーチーク)のW使いによって、チークのモチが格段にアップするんです♡
最後のチークをふわっとのせれば、派手すぎないのにしっかり発色した、華やかほっぺの完成です!
やった事のない方はぜひ試してみて♪

ミックスブラッシュ コンパクト N

¥4,500

販売サイトをチェック

可愛いチークって持っているだけでもテンション上がりますよね♡
お気に入りのクリームチーク&パウダーチークで、とびきり華やかメイクでお出かけしましょ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。