一重のコンプレックスを撃退!メイクや美容で二重を作る方法とは?

一重のコンプレックスを撃退!メイクや美容で二重を作る方法とは?

BEAUTY

女性の中でも人気のあるモデルさんや女優さんは、パッチリ二重の人が多いですよね。
一重も素敵な魅力があると思いますが、ここ数年の流行は黒目がちな大きな目!
さらに、二重の方がメイクもいろいろチャレンジしやすいのです♪
今回は、一重を二重にする方法をいくつかご紹介したいと思います。

コンプレックスになりがちな「一重」とは

目はその人の印象を左右しやすく、一重の人は周りが思っている以上にコンプレックスに感じていることが多いようです。
なかには、人と目を合わせられないという人もいるようです。
初対面の男性とは特に目を合わせるのが恥ずかしい、積極的になれない、そんな声もよく聞きます。

そこで、従来のメイクではなく、二重にするメイクで一時的に二重を作る人やプチ整形を行う人が増えています。

最近では、自宅で簡単に二重にできるメイク用品もいくつか出ています。
実際に、毎日癖付けしていたら二重になったという話もあるくらいです。

整形であれば確実に二重に変身することは可能ですが、不安もつきものです。
整形以外で二重にすることができたら、嬉しいですよね。

整形以外で二重をつくる方法をお教えします!

二重を作る方法①マッサージをする

一重の多くは、まぶたの上にある脂肪が厚いという特徴があります。
もともと一重と二重とでは、まぶたの構造が違っています。

そのため、まぶたのむくみをとることで二重になりやすくなるというのです。
マッサージで二重にする方法を2つご紹介します。

1つ目のマッサージは、まぶたを直接押さえ、血液やリンパの流れを促すマッサージです。

①まぶたに人差し指、中指、薬指をそろえて置きます。
②目頭から目尻に向かってゆっくりやさしく押さえます。
③これを5回繰り返します。

この時に注意することは、目の周りの皮膚はとても薄くてデリケートなため、力を入れすぎないようにすること!
力を入れすぎてしまうと皮膚を傷つけたり、逆に腫れ上がってしまったりする可能性があるので、気をつけましょう。

2つ目のマッサージは、ツボに刺激を加えながら行う指圧マッサージです。

①両方の眉頭の内側にあるツボを押さえます。
②上まぶたに親指を乗せ、目の上にある骨のキワの部分を目頭から目尻の方へ向かって押さえていきます。
この時、親指をまぶたに沿わせるように置き、指の腹を使うようにするとしっかり押さえることができます。
③目の下の骨のキワに人差し指と中指をそろえて置き、目頭から目尻の方へやさしく押さえていきます。
④こめかみに人差し指と中指をそろえて置き、グーッと指圧します。
5回ほど行ったら、それを首の方へ流すように、やさしくすべらせてください。

これは眉頭の「攅竹(さんちく)」、下まぶたの「承泣(しょうきゅう)」、こめかみの「太陽」というツボを利用したマッサージです。
やってみると、とっても気持ち良いですよ♡

疲れ目にも効くといわれているので、ぜひやってみてくださいね!

二重を作る方法②アイプチ

自力で二重をつくるメイク用品といえば、真っ先にアイプチを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
自分で二重を作れるマストアイテムとして、アイプチは多くの人に愛されていますよね♡

アイプチは一重のまぶたにのりをつけて、二重に癖付けをするアイテムです。
使い方は、まぶたにのりをつけ、二重にしたい幅にプッシャーを合わせてまぶたを押さえるだけ!
そうすると、きれいな二重のラインが出来上がります♪

しかし、慣れていないとのりがあちこちについてしまい、うまくラインが作れなかったり、やり方によっては不自然になってしまったりという難点もあります……。
また、まぶたにのりがついているのでアイシャドウがうまくのらない、伏し目になった時に引っ張られてしまうという声も……。

それでも自分で簡単に二重を作れるのは、とてもうれしいですよね。
値段もお手頃なので、気軽にチャレンジすることができますよ!

二重を作る方法③アイテープ

アイプチ同様、アイテープも簡単に二重が作れるアイテムです♪
アイテープはのりを使うのではなく、テープで二重を作ります。
テープを上まぶたに貼ることで、簡単に二重を作ることができるのです!

テープは三日月のような形をしています。
それをまぶたの上に貼り、目を開けるだけで二重ができあがります。

使い方がとても簡単なため、多くのメーカーからいろんな種類のアイテープが販売されています。
なかには、100円ショップで売られているものもあるのだとか♡
気になる方はチェックしてみてくださいね。

アイテープは目立ちにくいとはいえ、テープが貼られているので、伏し目にしたときにバレやすかったり、汗や皮脂の分泌がさかんだと取れたりすることもあります。

また、アイテープには接着面が片面や両面になっているタイプ、糸のように極細になっていて自然に見せてくれるタイプなど、さまざまな種類があります。
値段もさまざまなので、お好みに合わせて選んでみるといいでしょう。

二重を作る方法④メザイク

メザイクは極細の繊維を二重ラインに沿って入れることで、自然に二重を作ってくれるアイテムです。
アイプチやアイテープに比べると、まぶたにノリやテープを使わないということで、アイシャドウなどがしやすい点がポイントです。

使用する前にまず、まぶたをコットンなどで拭いて接着しやすくします。
そして、自分の目の幅に合わせて繊維を伸ばします。
これが縮むことによって皮膚に入り込み、二重をつくってくれるというわけです。

伸ばした繊維を二重にしたいラインに沿って貼っていくと、二重ラインが出来上がります♪
伏し目にしても、透明の繊維が使われているため、あまり目立ちません。
極細のものは引きつりも起こりにくいので、不自然感もあまりありませんよ♪

メザイクにもいろいろな種類があり、なかにはアイテープのように幅のあるテープを貼るもの、アイプチのような癖付けのりもあります。

ドラッグストアなどで、一度実物をチェックしてみると良いでしょう♪

二重を作る方法⑤夜用アイプチ

いくら不自然にはなりにくいといっても、日中にアイプチやアイテープを使うのは抵抗があるという人には、癖付け用の夜用のアイプチもあります。
夜用アイプチは、寝ている間に二重の癖付けをしようというもので、使い方はアイプチと同じです。

目を閉じている間に使うものなので、無意識に目をこすってしまい、目の中に入ってトラブルになるというデメリットもありますが、寝ている間に癖付けできるのは嬉しいですよね♪

二重を作る方法⑥癖付け美容液

その他、癖付け美容液というものもあります。
これは美容液自体がのりの役目を果たしていて、塗ってから寝るだけでOK。この美容液の強い接着力で、洗い流したあともきれいな二重ラインが癖になっているというものです。

使い方はアイプチと同じで、ラインを付けたい位置に美容液を塗り、半乾きになったらプッシャーで押さえながら目を開けます。それだけで寝ている間に二重が作られるのならいいですよね。美容液というだけあって美容成分がしっかり配合されているのがこちらの商品の特徴です。

二重を作る方法⑦蒸しタオルで温める

一重の人はまぶたの脂肪が多いので、二重にならないことがあります。
そんな時は、蒸しタオルでまぶたを温めることでむくみが取れ、二重になることがあります!

すべての人におすすめの方法ではありませんが、泣いた翌日などまぶたがむくんで一重になっている時は、ぜひ試してみてくださいね♪

二重を作る方法⑧毎日癖をつける

自分でできる一番手軽なもので、毎日自力で癖をつけるという方法もあります。
たとえば、ヘアピンなどをプッシャー代わりにして、二重のラインをなぞることで二重になることがあります。

ですが、この方法は専用品でないものを使うので、あまりおすすめできません。
まぶたの周りの皮膚は薄くとてもデリケートです。
自己流でしてしまうと、傷つけてしまうおそれもありますので、注意しましょう。

専門家の間でも、安全面に不安があるとして疑問視する声があります。

一重に悩んでいるなら……美容クリニックへ相談もあり!

どうしても一重に悩んでいるなら、美容クリニックに相談してみるのも一つの方法です。
きれいな二重にしたいという希望は、美容クリニックを訪れる悩みの中でも非常に多く、医師もそれだけ経験を積んでいます。

たとえば、二重を専門に扱っている美容クリニックには次のようなところがあります。

■城本クリニック
全国に72のクリニックを持っており、30年以上の歴史があります。
さらに、ほとんどの施術は日帰りで行われているのだとか!
インフォームドコンセントを重視しているので、質問などがあればカウンセリングでしっかり相談ができますよ。

■高須クリニック
テレビでもおなじみですが、その高い技術にも多くの信頼が寄せられています。
こちらでは施術だけにとどまらず、そのあとも万全のアフターケアが行われています。
ホームページでも施術内容についてくわしく紹介されていますので、興味のある人は調べてみてください。

■聖心美容クリニック
シミュレーションを患者さんの顔で行うので、理想と仕上がりに差が生まれにくくなっています。
なお、医師が患者さんの理想と大きくかけ離れることが予想された場合には、納得できるようにしっかり説明してくれます。

一重は多くの美容クリニックで相談できますので、気になる人はお近くのクリニックに行ってみると悩みが軽くなるかもしれません♪

いかがでしたか?
一重の人は二重には分からない、深い悩みを持っていることがあります。
どうしても二重になりたいときは、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね♪
なかにはお肌や目のトラブルにつながるものもありますので、自分で二重にするときは注意して行うようにしましょう!